うつ病、うつの症状・治療 うつ病、うつの診断・チェック うつ病、うつの回復マニュアル

うつ病の症状と
似ている病気

統計・データを使ったうつ病講座。

うつ病診断 x4

医者も使っている国際基準のチェックリストが3つ+1つあります。

回復マニュアル

すぐ使えて根本的なノウハウをまとめてあります。


うつ病・自律神経失調症の専門の整体院


うつ病ドリルの新着記事

うつ病ドリル管理人のうつ病実体験から選びに選んだ、
世界最高品質レベルのサプリメントは ■サプリコーナー

うつ病のみなさんと共に選んだ、 ここでしか買えないお役立ち商品! ■商品一覧

キャビネ日本橋(東京都中央区)

ルームの特徴
・高度な知識と豊富な経験を積んだ医師によるカウンセリング
モチベーションアップ・コーチング・認知行動療法などの心理療法を学んだプロフェッショナルや、高度なカウンセリングの知識・経験を積んだ医師が、心療内科や精神科に通うことに戸惑いのある方、投薬治療を望まない方を対象に、カウンセリングを行います。
特に、現在、ほとんどケアが行われていない高齢者介護に疲れた介護者の方々に対して、高齢者・認知症患者の介護方法へのアドバイスを提供しながら、介護者自身の心のケアを行います。
当院は「心療内科」と「カウンセリングルーム」、それぞれのメリットを併せ持っています。
更に、クライアントの方の中にはどうしても投薬などが必要と判断される場合もあります。医師が在籍しているため、当院では、そのような場合にもシームレスに対応します。

・ベネフィット・ステーションとの提携
ベネフィット・ステーションを利用されている方は、ポイントによるご利用、ポイント付与の対応が可能です。

・心療室について

心療室-1は、上質なリクライニングチェアにお座り頂き、リラックスした状態でのカウンセリング、催眠療法や音楽療法を行っております。特殊なスピーカーを使い、会話を邪魔しない音の広がりだけではなく、深みのある豊かな音色が空間に広がり、体全体を音が包み込みます。


心療室-2は、明るく暖かい雰囲気でのカウンセリグをご希望の方にご利用頂いております。グループカウンセリングなどもここで行います。

・その他
通信教育+スクーリングによる、カウンセラー養成講座や、毎月セミナーを開催し、幅広い活動を行っております。日本橋という立地の為、周囲には商業施設も多いため、お気軽にお越し下さい。
是非、ご連絡をお願いいたします。


住所
〒103-0027
東京都中央区日本橋2-15-3
和孝江戸橋ビル8F


最寄り駅
「日本橋」駅(都営地下鉄浅草線・東京メトロ東西線・銀座線)「D1出口」より徒歩1分
「茅場町」駅(東京メトロ東西線・日比谷線)12番出口より徒歩3分
弊社ホームページに記載の地図をご参照願います。
http://vitaeotium.com/access/


カウンセラー名
柳本 大 (やなぎもと だい)


カウンセラーの資格
医師・博士(医学)


カウンセラーの経歴
慶應義塾大学医学部卒業
シカゴ小児記念病院フェローを経て博士号取得
慶應義塾大学医学部助教
現職


カウンセラーの得意な分野
うつ、パニック障害、PTSD、介護に疲れた方、子育てにお悩みの方、ダイエット・禁煙・禁酒がうまくいかない方、他。


カウンセラーのコメント
日本の心療内科は、医師による投薬が治療の中心で、医師にゆっくりと話を聞いてもらう時間はほとんどありません。他方、カウンセリングルームでは、話を聞いてもらえるものの、日本にはカウンセラーの国家資格が存在していないため、カウンセラーの質はカウンセリングルームによりけりです。
当院では、高度なカウンセリングの知識を持った医師が中心となり、薬に頼らない"心療"を行います。
医師があなたの悩みに向き合い、時間をかけて悩みの解決を根源から支援いたします。


カウンセラーが扱う心理療法
【カウンセリングの手法】
・認知行動療法
強いストレスを受けているときや、うつ状態に陥っているときなどに、人は認知的に歪みが生じ、その結果、抑うつ感や不安感が強まり、非適応的な行動が強まり、さらに認知の歪みが引き起こされ、問題を解決できない心の状態に自らを追い込んでしまいます。
そのような歪んだ認知のバランスを上手く取り、ストレスに上手に対応できる心の状態を作っていくのが認知行動療法です。

・催眠療法
催眠療法とは、最新の心理療法の一つで、人間の催眠状態を利用するところに特徴があります。現在、米国ではカウセリングと同じように、一般的に利用されております。
催眠療法は、催眠誘導という手法を使って、普段閉じている潜在意識の扉を開け、潜在意識の中に注意を向けていく心理療法です。
通常はアクセスできない潜在意識の中にある膨大な記憶の中から、必要な記憶をすくい上げ、問題解決や自己成長に繋げる心理療法です。

【カウンセリングの方法】
・個別カウンセリング
悩みを抱える方、一人ひとり個別に、テーラーメイドのカウンセリングを行います。複数回の心療を一サイクルとし、丁寧に悩みを紐解き、根源的解決を目指します。長くても半年で、一定の成果を上げることを目指します。

・グループカウンセリング
同じ悩みをもつ方々を集め、カウンセラーがモデレーターとなり、お互いに話し合いをしていただきます。1対1のカウンセリングとは違う「思わぬ解決法」が見つかることも少なくありません。何よりも「悩んでいるのは自分一人ではない」という安心感があなたを勇気づけてくれます。

・電話カウンセリング
電話によるカウンセリングは遠隔地であってもケアが可能で、手軽に利用できるため、非常に良く用いられる方法です。短時間でもイライラ・モヤモヤ・つらさが我慢できないときは是非ご連絡ください。

・ネットカウンセリング
インターネットを用いた遠隔カウンセリングです。遠隔地であっても相手の顔を見てカウンセリングができるため、電話によるカウンセリングより、細かいサポートが可能となります。電話代も必要ないため、経済的負担も少なくて済みます。

・エマージェンシーカウンセリング
特に状態の良くない方のために、24時間ホットラインを用意し、いつでも対応できるよう待機します。

・訪問カウンセリング
当院までお越しいただくことが困難な方は、こちらから訪問しカウンセリングを行います。


利用者の声


主なコースと料金
※保険は適用されません

初回相談30分\5,000
通常カウンセリング60分\16,000
電話・ネットカウンセリング30分\8,000

その他料金は、お問合せ願います。
尚、ベネポでのお支払い、ベネポの付与をご利用頂けます。
http://vitaeotium.com/#!fee-open-last/c2144


おすすめ・イチオシのコース


営業時間
以下は受付時間です。
ご予約がある場合、受付時間以外も心療を行っております。
*お客様のご要望があれば、早朝・深夜・定休日、いつでも心療対応いたしますので、お気軽にご相談下さい。

 
開始10:0010:0010:0010:0010:0010:0010:00
終了20:0020:0020:0020:0018:0018:0018:00

その他休業日:年末、年始、夏季休業など、随時ホームページの「お知らせ」に掲載しておりますので、そちらをご覧下さい。
http://vitaeotium.com/


予約の必要性
基本的には完全予約制ですが、緊急の場合、可能な限り対応させていただきますので、是非お電話下さい。当日の担当スタッフがご対応させて頂きます。


サイト
http://vitaeotium.com/


電話
電話:03-6262-1643
FAX:03-6262-1644


予約フォーム
弊社ホームページ「お問合せ・ご予約」タブよりご連絡頂けます。
http://vitaeotium.com/contact/


地図に戻る


( → この記事を引用・転載するには?

  | 2015年05月16日 20:28  | この記事のアドレス URL  |



■うつ病の深い情報はメルマガで
この記事は気に入って頂けましたか? もっと深ーいうつ病情報は、当サイトのメール会報(メールマガジン)に登録された方にだけお送りしております。
うつ病の本の新刊や、うつ病用ツールの新製品などのプレゼントも行っています。

日本で発行されているうつ病のメールマガジンでは読者数1位です。
読者登録は無料です → もっと詳しく&バックナンバー
メルマガ購読・解除 ID: 135145
うつ病ドリル 〜メキメキ治った!実践法〜
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ



大阪あべのカウンセリングルーム(大阪市阿倍野区)

ルームの特徴
認知療法・認知行動療法(CBT)に基づくカウンセリングとグリーフケアを提供する専門機関です。
うつ病や不安障害など、様々なこころの問題の再発予防と感情のセルフコントロール、短期間での問題解決を目指します。
また、医療や介護福祉・教育分野の専門家向けのスーパービジョン・教育分析・講演も行っています。
土日・祝日、夜間も開室、緊急の場合にもできる限り対応しています。
どのようなお悩みも、どうぞお気軽にご相談ください。


住所
〒545-0021
大阪市阿倍野区阪南町6-1-11
阪南パークヴィラ106


最寄り駅
御堂筋線 西田辺駅から徒歩4分
JR南田辺駅 鶴ヶ丘駅から徒歩8分


カウンセラー名
関谷 共未(せきや ともみ)


カウンセラーの資格
精神保健福祉士 第22368号


カウンセラーの経歴
1986年 大阪外国語大学 イスパニア語学科卒業
   (株)リクルート入社

(株)リクルートを退社後、スペイン留学(マドリッド大学コンプルテンセ)を経て、
通訳・翻訳業、国際イベントや国際会議のコーディネートに携わる。
その後、YWCAや公的機関などで外国人への日本語教育に従事。

1995年〜 個人的体験を機に、精神医学・臨床心理学(カウンセリング)・精神科ソーシャルワークを学ぶ。
2000年〜 SIDS家族の会でグリーフケアに携わる
2003年〜 大阪あべのカウンセリングルーム 開室
2004年〜 大阪府女性相談センター(DV相談支援センター)相談員
2006年〜 医療法人平山クリニック(精神科)PSW(現職)
2008年〜 ピースマインド・イープ(株) EAPコンサルタント(現職)
2011年〜 一般社団法人京都グリーフケア協会 主任カウンセラー・講師(現職)


カウンセラーの得意な分野
うつ病、双極性障害、不安障害(社交不安障害[SAD]・適応障害・強迫性障害・パニック障害など)、
対人恐怖、緊張、PTSD、摂食障害、不登校、発達障害、統合失調症、
自律神経失調症、睡眠障害、希死念慮、
死別、グリーフケア、グリーフカウンセリング、
夫婦関係や親子の問題、離婚、結婚、人間関係、生きがい、アダルトチルドレン、
自己分析、休職・復職、就労、キャリア、EAP(従業員支援プログラムにおけるコンサルタント)、
スーパービジョン、教育分析


カウンセラーのコメント
主として、認知療法・認知行動療法(CBT)に基づくカウンセリングを専門とし、うつ病や不安障害などこころの問題の再発予防と感情のセルフコントロール、短期間での問題解決をめざします。
年平均500〜600ケース以上、現在までにのべ6000人をこえる方々のご相談をお受けしてきました。
EAPコンサルタントとしては、従業員の方々の休職・復職相談や人事管理職相談、職場のメンタルヘルスに関する研修、啓蒙など、多職種の専門家チームの一員として活動しています。
つねに臨床の現場にいること、クライアント様お一人おひとりやそのご家族に寄り添い、真摯に向き合うということを大切にしています。


カウンセラーが扱う心理療法
認知療法・認知行動療法、ブリーフセラピー(短期療法)、グリーフカウンセリング
その他、クライアント様の症状に応じて。


利用者の声


主なコースと料金
※保険は適用されません
パーソナル
カウンセリング
50分¥8,000
90分¥12,000
120分¥16,000


※ご家族同席の場合は、【家族・カップルカウンセリング】をご利用ください。
家族・カップル
カウンセリング
50分¥10,000
90分¥15,000
120分¥20,000

予約専用フォーム、メール、電話でお申し込みの上、お越しください。
詳細は HP【利用案内】をご覧ください。


おすすめ・イチオシのコース


営業時間
無休。
土・日・祝日/ 夜間も開室、緊急の場合にもできる限り対応いたします。

* 毎週木曜日は20時まで他機関に出向いていますが、緊急の場合は21時以降お受けすることもできます。
* 第2・第4水曜日はクリニック勤務のため、17時以降の開室となります。
* 第1・第3月曜日は他機関に出向いていますので、15時以降の開室となります。
* その他、講演会や学会、研修講師として不定期に出張が入りますのでご了承ください。
* ご予約は、電話・ご予約専用フォーム・メールにて、年中無休、24時間受け付けています。

※緊急の場合は、まず電話でご連絡ください。できる限り対応させていただきます。


予約の必要性
完全予約制。
電話、メール、予約専用フォームでお申し込みください。
詳細は HP【ご予約方法】をご覧ください。


サイト
http://www.abeno-counseling.com/


電話
06-6629-1557


メールアドレス

予約フォーム
http://www.abeno-counseling.com/ご予約専用フォーム/


地図に戻る


( → この記事を引用・転載するには?

  | 2013年11月14日 15:23  | この記事のアドレス URL  |



■1分で知る!ストレス&メンタルヘルス
これもストレスだったの? あれでもストレス解消になるの?
すぐに使える心の健康ノウハウを連載中!


動じない心(不動心)の作り方〜今日からできる2つの方法

カウンセラーの のぶさわ正明 さんによるコラムです。


 皆さんこんにちは。「心の相談ルーム」オアシス大阪の、のぶさわです。
 今回は、「動じない心」の作り方のヒントをお伝えしたいと思います。(うつ病で苦しまれてる方にもかなり有効です)

 私は若い頃は、対人緊張が強く「常に心が動揺しまくり」の状態でした。
その為、仏教や仙道、ヨガ、空手、飛び込み営業(笑)等、ありとあらゆる”修業系”、”自分を鍛える系”の事を実践してきました。
確かに、少しは効果がありましたが(特に飛込み営業)、やはりいざとなったら動揺しますし、それを完全にコントロールできませんでした。

 ところが心理学を勉強して、自分の方向性の誤りに気付いたのです。
それは、つまり「心は動揺するものだし、それをコントロールしようとしてもできるものではない」という事です。(釈迦だって、キリストだって、感情がある以上動揺する場面はあったはずです)

 大切な事は動揺しても、それに巻き込まれない事だと思います。
例えば「あっ、やばい!」⇒「またやっちゃった」⇒「いつもこうなるんだよな」⇒「自分はやっぱりダメなんだな」という、負の思考の自動連鎖が起きて、最終的には自己否定や落ち込みに至るといったパターンが起きなくなればいいわけです。

 仏教や道教等の東洋思想、森田療法等も「あるがまま」という事を大切にしています。
でも一人では難しいし、時間もかかりますよね(笑)
ですから今日からでも実践できる、その負のパターンを変える2種類の方法をお書きします。

ポイントは、どちらも「私は動揺してる」、「私は傷ついた」、つまり「私=動揺」や「私=傷つき」といった、”同一化”から逃れる事が肝心です。
その手段として「@」は丁度幽体離脱のように自分を客観視して自分から動揺を切り離す方法です。
また、「A」は自分全体が動揺してる訳ではない事を知る為に、自分の中の一部分にフォーカスして、動揺を小さくして自分から切り離す方法です。


<動じない心の作り方>

@マインドフルネス (仏教のヴィパッサナー瞑想が元になってます)
 動揺を感じたら、もう一人の自分が客観的に自分をみてるような感じで「これは動揺だ」、「これは恥ずかしさだ」、「これは怒りだ」と、出て来た感情を止めずに、名前を付けてゆく。

そして、それに伴う思考が出て来ても同じように、「これは、”動揺してる自分は格好悪いな”という思考だ」、「これは、”いつでもそうなんだよな、全然強くなれてないな”という思考だ」という具合に、思考に名前を付けてゆく。

そして感情や思考に抵抗せず、出てくるままにさせ、都度名前を付けてゆく。

そして隙があったら、すぐに呼吸に意識を向け(吸気で)胸が膨らんだら「膨らんでる」のを感じ(呼気)で縮んだら「縮んでる」のを感じるという様に、呼吸とそれに伴う「身体の感覚」に常に意識を向ける様にする。

Aフォーカシング
”動揺”や”強い感情”を感じたら、「今、私の脳組織のどこかが働いている」

「そして、どこかの神経系を通して、心拍数や血流や体温、呼吸等を変化させてる」

「同時に、動揺してる部分に違和感を生じさせている。その”動揺があるところ”は、喉かな? 胸かな? お腹かな?」と”違和感”を探ってゆく。

 ⇒”違和感”を見つければ「これに色や形があるとしたら、どんなだろう?」 、「手で触ったとしたら、手触りや温度、重さは?」、「音や匂いは?」と、五感で感じようと意識をそこへ集中する。

 ⇒”ぴったりのニックネーム”をそれに付けて「こんにちは、〇〇君・・・」、「今どんな気持ち?」・・・と会話して行く。


 この中で、ご自分に合ったものを試してみて下さい。

 わからない点がありましたら、「心の相談ルーム」オアシス大阪 のホームページから、メールでのお問い合わせでお願い致します。


( → この記事を引用・転載するには?

  | 2012年11月07日 15:17  | この記事のアドレス URL  |



■うつ病の深い情報はメルマガで
この記事は気に入って頂けましたか? もっと深ーいうつ病情報は、当サイトのメール会報(メールマガジン)に登録された方にだけお送りしております。
うつ病の本の新刊や、うつ病用ツールの新製品などのプレゼントも行っています。

日本で発行されているうつ病のメールマガジンでは読者数1位です。
読者登録は無料です → もっと詳しく&バックナンバー
メルマガ購読・解除 ID: 135145
うつ病ドリル 〜メキメキ治った!実践法〜
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ



女子レスリング小原日登美選手金メダル〜うつ病を乗り越えて

カウンセラーの のぶさわ正明 さんによるコラムです。


 皆さんこんにちは。「心の相談ルーム」オアシス大阪の、心理カウンセラーをしております、のぶさわです。

 今回は、ロンドンオリンピックで金メダルを取られた女子レスリングの小原日登美選手の事をどうしても書きたくなりました。

 以前、新聞記事に出ていた小原選手の記事に対するコラムを書いたのですが、凄い辛い事を乗り越えての金メダル。 本当に涙が止まりませんでした。

 世界で無敵だった自分の階級がオリンピックには無くて、やむを得ず階級を上げて吉田沙保里選手と戦うも、完敗。

 うつになって引退。 
 そして家族の支えで復帰して、金メダル。

 彼女の良さは「心の強さ」。普通だったら心が折れてしまう状況でも、何度もそこから立ち上がり、夢を実現する精神力って並大抵ではないですよね。

 今でも誤解されてる人も多いと思うけど、「心が弱い人がうつやメンタルの病気になる」のではないのです。
 
 逆に並はずれて心が強かったり、並はずれて優しかったり、並はずれて人に気が使える方がそういったお悩みを抱えてご相談にいらっしゃるケースが殆どです。

 小原選手の場合は、普通の人なら「なんて酷いんだ!私の階級を五輪種目に入れないなんて!」と怒りを他所にぶつけるか、「あ〜あ、ついてないな。でも仕方がない、諦めよう」と諦めるかのどちらかではないでしょうか?

 でも、彼女はそのやり場のない怒りを八つ当たりせず、諦めずに正面から向き合った。

 そして吉田選手に敗れた時でさえ責任転嫁せず、怒りや悔しさを全部自分で背負い込んだ。

 結果としてそれが自分を苦しめる事になった。
 「うつ」ってそういう病気なんです。

 普通の精神力だったら、そこまでできませんよね。

 だから私はメンタルのご病気で苦しんでおられる方を尊敬しています。
 
 そして、そこから夢を掴まれた小原選手に本当に感動させて頂きました。
ありがとうございました。


( → この記事を引用・転載するには?

  | 2012年10月23日 14:31  | この記事のアドレス URL  |



■1分で知る!ストレス&メンタルヘルス
これもストレスだったの? あれでもストレス解消になるの?
すぐに使える心の健康ノウハウを連載中!


日本うつ病学会治療ガイドライン II.大うつ病性障害 が発表されました

日本うつ病学会より、大うつ病性障害(いわゆる典型的なうつ病)の治療ガイドラインが発表されました。

(PDF) http://www.secretariat.ne.jp/jsmd/0726.pdf


( → この記事を引用・転載するには?

  | 2012年07月28日 08:57  | この記事のアドレス URL  |



■うつ病の深い情報はメルマガで
この記事は気に入って頂けましたか? もっと深ーいうつ病情報は、当サイトのメール会報(メールマガジン)に登録された方にだけお送りしております。
うつ病の本の新刊や、うつ病用ツールの新製品などのプレゼントも行っています。

日本で発行されているうつ病のメールマガジンでは読者数1位です。
読者登録は無料です → もっと詳しく&バックナンバー
メルマガ購読・解除 ID: 135145
うつ病ドリル 〜メキメキ治った!実践法〜
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ








過去ログ