うつ病、うつの症状・治療 うつ病、うつの診断・チェック うつ病、うつの回復マニュアル

うつ病の症状と
似ている病気

統計・データを使ったうつ病講座。

うつ病診断 x4

医者も使っている国際基準のチェックリストが3つ+1つあります。

回復マニュアル

すぐ使えて根本的なノウハウをまとめてあります。


うつ病は整体でも改善出来るのを知っていましたか?


うつ病ドリルの新着記事

うつ病ドリル管理人のうつ病実体験から選びに選んだ、
世界最高品質レベルのサプリメントは ■サプリコーナー

うつ病のみなさんと共に選んだ、 ここでしか買えないお役立ち商品! ■商品一覧

動じない心(不動心)の作り方〜今日からできる2つの方法

カウンセラーの のぶさわ正明 さんによるコラムです。


 皆さんこんにちは。「心の相談ルーム」オアシス大阪の、のぶさわです。
 今回は、「動じない心」の作り方のヒントをお伝えしたいと思います。(うつ病で苦しまれてる方にもかなり有効です)

 私は若い頃は、対人緊張が強く「常に心が動揺しまくり」の状態でした。
その為、仏教や仙道、ヨガ、空手、飛び込み営業(笑)等、ありとあらゆる”修業系”、”自分を鍛える系”の事を実践してきました。
確かに、少しは効果がありましたが(特に飛込み営業)、やはりいざとなったら動揺しますし、それを完全にコントロールできませんでした。

 ところが心理学を勉強して、自分の方向性の誤りに気付いたのです。
それは、つまり「心は動揺するものだし、それをコントロールしようとしてもできるものではない」という事です。(釈迦だって、キリストだって、感情がある以上動揺する場面はあったはずです)

 大切な事は動揺しても、それに巻き込まれない事だと思います。
例えば「あっ、やばい!」⇒「またやっちゃった」⇒「いつもこうなるんだよな」⇒「自分はやっぱりダメなんだな」という、負の思考の自動連鎖が起きて、最終的には自己否定や落ち込みに至るといったパターンが起きなくなればいいわけです。

 仏教や道教等の東洋思想、森田療法等も「あるがまま」という事を大切にしています。
でも一人では難しいし、時間もかかりますよね(笑)
ですから今日からでも実践できる、その負のパターンを変える2種類の方法をお書きします。

ポイントは、どちらも「私は動揺してる」、「私は傷ついた」、つまり「私=動揺」や「私=傷つき」といった、”同一化”から逃れる事が肝心です。
その手段として「@」は丁度幽体離脱のように自分を客観視して自分から動揺を切り離す方法です。
また、「A」は自分全体が動揺してる訳ではない事を知る為に、自分の中の一部分にフォーカスして、動揺を小さくして自分から切り離す方法です。


<動じない心の作り方>

@マインドフルネス (仏教のヴィパッサナー瞑想が元になってます)
 動揺を感じたら、もう一人の自分が客観的に自分をみてるような感じで「これは動揺だ」、「これは恥ずかしさだ」、「これは怒りだ」と、出て来た感情を止めずに、名前を付けてゆく。

そして、それに伴う思考が出て来ても同じように、「これは、”動揺してる自分は格好悪いな”という思考だ」、「これは、”いつでもそうなんだよな、全然強くなれてないな”という思考だ」という具合に、思考に名前を付けてゆく。

そして感情や思考に抵抗せず、出てくるままにさせ、都度名前を付けてゆく。

そして隙があったら、すぐに呼吸に意識を向け(吸気で)胸が膨らんだら「膨らんでる」のを感じ(呼気)で縮んだら「縮んでる」のを感じるという様に、呼吸とそれに伴う「身体の感覚」に常に意識を向ける様にする。

Aフォーカシング
”動揺”や”強い感情”を感じたら、「今、私の脳組織のどこかが働いている」

「そして、どこかの神経系を通して、心拍数や血流や体温、呼吸等を変化させてる」

「同時に、動揺してる部分に違和感を生じさせている。その”動揺があるところ”は、喉かな? 胸かな? お腹かな?」と”違和感”を探ってゆく。

 ⇒”違和感”を見つければ「これに色や形があるとしたら、どんなだろう?」 、「手で触ったとしたら、手触りや温度、重さは?」、「音や匂いは?」と、五感で感じようと意識をそこへ集中する。

 ⇒”ぴったりのニックネーム”をそれに付けて「こんにちは、〇〇君・・・」、「今どんな気持ち?」・・・と会話して行く。


 この中で、ご自分に合ったものを試してみて下さい。

 わからない点がありましたら、「心の相談ルーム」オアシス大阪 のホームページから、メールでのお問い合わせでお願い致します。


( → この記事を引用・転載するには?

  | 2012年11月07日 15:17  | この記事のアドレス URL  |



■うつ病の深い情報はメルマガで
この記事は気に入って頂けましたか? もっと深ーいうつ病情報は、当サイトのメール会報(メールマガジン)に登録された方にだけお送りしております。
うつ病の本の新刊や、うつ病用ツールの新製品などのプレゼントも行っています。

日本で発行されているうつ病のメールマガジンでは読者数1位です。
読者登録は無料です → もっと詳しく&バックナンバー
メルマガ購読・解除 ID: 135145
うつ病ドリル 〜メキメキ治った!実践法〜
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ



女子レスリング小原日登美選手金メダル〜うつ病を乗り越えて

カウンセラーの のぶさわ正明 さんによるコラムです。


 皆さんこんにちは。「心の相談ルーム」オアシス大阪の、心理カウンセラーをしております、のぶさわです。

 今回は、ロンドンオリンピックで金メダルを取られた女子レスリングの小原日登美選手の事をどうしても書きたくなりました。

 以前、新聞記事に出ていた小原選手の記事に対するコラムを書いたのですが、凄い辛い事を乗り越えての金メダル。 本当に涙が止まりませんでした。

 世界で無敵だった自分の階級がオリンピックには無くて、やむを得ず階級を上げて吉田沙保里選手と戦うも、完敗。

 うつになって引退。 
 そして家族の支えで復帰して、金メダル。

 彼女の良さは「心の強さ」。普通だったら心が折れてしまう状況でも、何度もそこから立ち上がり、夢を実現する精神力って並大抵ではないですよね。

 今でも誤解されてる人も多いと思うけど、「心が弱い人がうつやメンタルの病気になる」のではないのです。
 
 逆に並はずれて心が強かったり、並はずれて優しかったり、並はずれて人に気が使える方がそういったお悩みを抱えてご相談にいらっしゃるケースが殆どです。

 小原選手の場合は、普通の人なら「なんて酷いんだ!私の階級を五輪種目に入れないなんて!」と怒りを他所にぶつけるか、「あ〜あ、ついてないな。でも仕方がない、諦めよう」と諦めるかのどちらかではないでしょうか?

 でも、彼女はそのやり場のない怒りを八つ当たりせず、諦めずに正面から向き合った。

 そして吉田選手に敗れた時でさえ責任転嫁せず、怒りや悔しさを全部自分で背負い込んだ。

 結果としてそれが自分を苦しめる事になった。
 「うつ」ってそういう病気なんです。

 普通の精神力だったら、そこまでできませんよね。

 だから私はメンタルのご病気で苦しんでおられる方を尊敬しています。
 
 そして、そこから夢を掴まれた小原選手に本当に感動させて頂きました。
ありがとうございました。


( → この記事を引用・転載するには?

  | 2012年10月23日 14:31  | この記事のアドレス URL  |



■1分で知る!ストレス&メンタルヘルス
これもストレスだったの? あれでもストレス解消になるの?
すぐに使える心の健康ノウハウを連載中!


日本うつ病学会治療ガイドライン II.大うつ病性障害 が発表されました

日本うつ病学会より、大うつ病性障害(いわゆる典型的なうつ病)の治療ガイドラインが発表されました。

(PDF) http://www.secretariat.ne.jp/jsmd/0726.pdf


( → この記事を引用・転載するには?

  | 2012年07月28日 08:57  | この記事のアドレス URL  |



■うつ病の深い情報はメルマガで
この記事は気に入って頂けましたか? もっと深ーいうつ病情報は、当サイトのメール会報(メールマガジン)に登録された方にだけお送りしております。
うつ病の本の新刊や、うつ病用ツールの新製品などのプレゼントも行っています。

日本で発行されているうつ病のメールマガジンでは読者数1位です。
読者登録は無料です → もっと詳しく&バックナンバー
メルマガ購読・解除 ID: 135145
うつ病ドリル 〜メキメキ治った!実践法〜
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ



交野私部(かたのきさべ)カウンセリング(大阪府交野市)

ルームの特徴
心の荷物、抱え込んでいませんか?
当カウンセリングルームはうつ専門のカウンセリングをしております。
必要だと感じた方には認知行動療法も行っています。


住所
〒576-0041
大阪府交野市私部西2-1-1
サンメッセ交野302号室


最寄り駅
京阪交野市駅 徒歩2分


カウンセラー名
戸倉 泰志 (とくら たいし)


カウンセラーの資格
日本プロカウンセリング協会1級取得
大阪商工会議所メンタルヘルスマネジメント2種取得


カウンセラーの経歴
スクールに通いながら、うつ自助会のNPO活動を経て現在


カウンセラーの得意な分野
うつ状態、うつ病


カウンセラーのコメント
初めまして、交野私部(かたのきさべ)カウンセリングの戸倉です。
自分自身の体験や、親しい友人を襲った病魔、NPOでの活動などを通じて、うつ状態から抜け出す道を模索していく中、カウンセリングという手法にたどり着きました。
カウンセリングはうつから抜け出す大きなヒントになります、そして人間的に成長できるチャンスでもあります。
長い人生幸せをみつけて生きるお手伝いをしております。
自分自身が解放される一つの手段として、カウンセリングを利用してみてはいかがでしょうか?

カウンセラーが扱う心理療法
来談者中心療法、認知行動療法


利用者の声


主なコースと料金
※保険は適用されません

30分カウンセリング30分\1,000(初回)
\2,000(2回目〜)
一時間カウンセリング60分\3,000(初回)
\5,500(2回目〜)

週2回以上通っていただける方は金額は応相談(1時間コースで、おおよそ1回4000円以下)。
メールやお電話でのカウンセリングは行っておりません。
ほか詳細は http://katanokisabe.blog.fc2.com/blog-entry-3.html


おすすめ・イチオシのコース
うつ病の人にお勧めしたいコースは一時間コースです。
週2回以上通われる方は互いに納得できるお値段(おおよそ1回4000円以下)を相談の上決めさせていただきます。
うつの方は預貯金を切り崩して、あるいは近親者の庇護で生活されておられる場合があります。
できるだけご負担の少ないようご提案させていただきます。


営業時間

 
開始09:0009:0009:0009:0009:0009:0009:0009:00
終了22:0022:0022:0022:0022:0022:0022:0022:00

その他休業日:
盆と正月はお休みする場合があります。
不定でお休みをとる場合がございます、必ずお電話かメールでご予約ください。


予約の必要性
完全予約制。


サイト
http://katanokisabe.blog.fc2.com/


電話
090-6375-8175


メールアドレス
tokurat@hb.tp1.jp


予約フォーム


「地図から探す・うつ病を分かってくれるカウンセラー」に戻る


( → この記事を引用・転載するには?

  | 2012年06月22日 11:12  | この記事のアドレス URL  |



■1分で知る!ストレス&メンタルヘルス
これもストレスだったの? あれでもストレス解消になるの?
すぐに使える心の健康ノウハウを連載中!


心の相談ルーム オアシス大阪(大阪府大阪市)

ルームの特徴
当ルームでは、カウンセリングや心理療法によって人間関係の悩みから、現在苦しんでおられる症状や将来の不安までじっくりと傾聴した上で、押し付けず、傷つけず、お客様と一緒に具体的な解決を構築してまいります。
新大阪駅徒歩1分の立地です。


住所
〒533-0031
大阪府大阪市東淀川区西淡路1-1-9
ビジネス新大阪516号


最寄り駅
JR新大阪駅東口 徒歩1分


カウンセラー名
のぶさわ 正明


カウンセラーの資格
全国WEBカウンセリング協議会認定 心理療法カウンセラー


カウンセラーの経歴
営業マン、学習塾講師、経営コンサルタント、管理職等を経て、矢野惣一先生の元で心理学を学ぶ。
2011年8月より出張カウンセリングを始め、2012年2月にカウンセリングルームをオープン。


カウンセラーの得意な分野
人間関係の悩み(家族・職場)、将来の不安、神経症全般


カウンセラーのコメント
49歳。結婚歴15年。お話を親身になって、じっくりお伺い致します。


カウンセラーが扱う心理療法
解決志向ブリーフセラピー、ゲシュタルト療法、フォーカシング、NLP


利用者の声
http://oasis-osaka.net/index.php?お客様の声


主なコースと料金
※保険は適用されません
初回正式面談90分\8,000
2回目以降面談60分\6,000

ほか詳細はこちら


おすすめ・イチオシのコース


営業時間
 
開始10:0010:0010:0010:0010:0010:0010:0010:00
終了22:0022:0022:0022:0022:0022:0022:0022:00

休業日:不定休(平日)


予約の必要性
完全予約制です。


サイト
オアシス大阪のサイト http://oasis-osaka.net
カウンセラーのブログ http://ameblo.jp/shinriryouhou2012/

電話
06-4862-5912


メールアドレス


予約フォーム
http://oasis-osaka.net/index.php?メール


「地図から探す・うつ病を分かってくれるカウンセラー」に戻る


( → この記事を引用・転載するには?

  | 2012年03月12日 20:56  | この記事のアドレス URL  |



■うつ病の深い情報はメルマガで
この記事は気に入って頂けましたか? もっと深ーいうつ病情報は、当サイトのメール会報(メールマガジン)に登録された方にだけお送りしております。
うつ病の本の新刊や、うつ病用ツールの新製品などのプレゼントも行っています。

日本で発行されているうつ病のメールマガジンでは読者数1位です。
読者登録は無料です → もっと詳しく&バックナンバー
メルマガ購読・解除 ID: 135145
うつ病ドリル 〜メキメキ治った!実践法〜
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ








過去ログ