医者に行かずに済ませたい

現在53歳ですが、学生時代(もう30年前)にうつになり、医者に掛かったことがあります。その時は薬を処方され(今となってはどういう薬か分かりませんが)3〜4ヶ月ほどでなんとか立ち直りました。

管理人さんほど、壮絶な行動と体験をしているわけではないのですが、当時は何をするにも気が重く、やる気もなく、幸い学生の身分でしたので、ひたすら家で引きこもり寝ていました。自殺願望もあり、一度やりかけましたがやはり苦しくて断念しました。
 会社に入ってからも、人付き合いがヘタなので、営業的な仕事が合わず、かといって他の仕事(現場に行って機械の据え付けの監督をする)も気に入らず、ずるずるといやいやながら仕事をしてきました。(なかなか転職もままならない時代(20〜25年前)でした)
 40過ぎからは経験で何とかこなしてきましたが、最近また学生時代に味わったような気分にとりつかれています。

市販のうつ解説本の判定表に当てはまるほど、ひどくないのですが、何とかこれを解消したいと思い、本HPに行き当たりました。
 深刻な病状の方から比べれば、たいしたことは無いとは思いますが、このままにしていくとドンドン良くない方向に行くように感じます。
 いろいろ食品やサプリメントを推奨されていますが、私のような風邪で言えば鼻風邪程度の者は、どの程度の量や回数をとればいいのでしょうか。


管理人より:

まず医者にかかることをお勧めします。うつ病には似た症状の違う病気が いくつもあり、それぞれ対処法が異なります。安易に対処すると症状を悪化させてしまいます。

まずは医者にかかり、その後うつ病なら必ずある症状があるか(例えば日内変動など)、うつ病に見られない症状が出ていないか(例えば体温の上昇など)をチェックして、必要なら血液検査を受ければ万全です。


(質問者より)

アドバイスとしては充分よく分かるのですが、何となく気軽に相談できる医者があれば良いのですが、 (今まで特に掛かったことは有りません) やはり精神科となるとこの程度の病症ですと気後れしてしまいます。
軽くあしらわれてしまうとか、家族に言えば必要以上に心配させてしまうとか、つまらない見栄とかが働いて、余計行きにくい思いです。

この程度じゃ、うつ病じゃないよと言われそうですが、 あの時の感じがよみがえって来ているのが分かり、毎日気が重いです。 特に早朝3時〜4時にトイレに起きたあと、6時頃まで(6時〜6時半起床) 気鬱な考えや思いがよぎり、目覚ましの音でやっと体を持ち上げてます。
特にストレスの掛かる仕事が無い日でも、電車の中で焦りにも似た気持ちが起きてきます。日中は割と平気でいられ、夜も酒の勢い(缶ビール2本程度) で寝付きは良いようです。朝がやはり良くありません。

出来れば誰にもそれとは分からずにこそっと軽快していくのが希望です。(おかしな考えでしょうか?)
参考までにうつ病に似た症状の違う病気とはどういうものがあるのでしょうか。


管理人より:

多くの人が、「自分だけで何とかしよう」という考えからうつ病を悪化させ、 簡単には治らないほどになってから医者に行き、「薬が効かない」「いつまでも回復しない」と悪循環に陥っています。
もしうつ病だとすれば、今の段階でも決して軽くはないので急いだ方が良いでしょう(医者に言わせると、睡眠障害がある場合は「決して軽くはない」そうです)。

誰にも知られずにこっそり、という段階は過ぎているように思います。もしうつ病だとすれば今までの生活の結果が現状なので、今までと同じことをしている限りは回復することは望み薄です。

うつ病にしろ統合失調にしろ、精神科が「これは一大事」と大あわてするようなことはないですし、症状が軽いからと言って追い返されることもありません。基本的に事務的なので、この点は安心して良いと思います。
一度行ってみれば「こんなもんか」と思うはずですよ。

それから、もしうつ病だとすればアルコールは厳禁です。アルコールは ノルアドレナリン生成能力を落とし、脳にダメージを与えます。睡眠障害の原因にもなります(眠りを浅くするため)。
また、アルコールを含め、タバコやコーヒーといった刺激物も栄養素(特にビタミン)の必要量を栄養所要量の数倍も要求しますので、 かなり栄養を摂らないと体にダメージを与え続けます。
アルコールとタバコによりうつ病は悪化します。

うつ病と似た症状の病気は、例えば朝気分が悪くない(日内変動がない)場合は慢性疲労症候群、微熱が続く場合は甲状腺機能亢進症というのがあります。当サイト(うつ病ドリル)のうつ病講座コーナーの「うつ病に似ている病気」という記事にまとめておきました。

とにかく、医者に行かないことにはあなたがうつ病なのかどうなのか分からず、打つ手も分からない(どうしようもない)ということになります。
ネットで精神科を探して、女医さんの所に行ってみるのはどうでしょう? 男性の医師よりは話しやすいと思います。



 

うつ病ドリル管理人のうつ病実体験から選びに選んだ、
世界最高品質レベルのサプリメントは ■サプリコーナー

うつ病のみなさんと共に選んだ、 ここでしか買えないお役立ち商品! ■商品一覧

うつ病、うつの症状・治療 うつ病、うつの診断・チェック うつ病、うつの回復マニュアル

うつ病の症状と
似ている病気

統計・データを使ったうつ病講座。

うつ病診断 x4

医者も使っている国際基準のチェックリストが3つ+1つあります。

回復マニュアル

すぐ使えて根本的なノウハウをまとめてあります。

( → この記事を引用・転載するには?

  | 2004年10月13日 15:39  | この記事のアドレス URL  |

似ている記事

■外出や趣味に踏み出せない
■家族はうつ病の治療に不可欠?
■勉強と対人関係のストレスだけで高校生がうつ病になり得る?
■いつまで通院?こだわりが治るまで?
■大豆以外のプロテインはどれが良い?
■セカンドオピニオンを受けたい(薬が多すぎる)
■アメリカで受診したい(英語ができない)
■イライラに良いサプリは?
■カウンセリングは絶対必要?
■衝動的に薬を飲み過ぎる(オーバードーズする)心理とは?
■旅はうつ病に悪いか?
■プロテインによる腸のガスを消す方法
■どうしても気力が出ないまま闘病が長引いている
■抗うつ剤(SSRI)は依存せず止められるのか?
■国民年金は障害者手帳があれば免除されるのか?
■本人が医者に行きたがらない
■薬を飲まずに再発した母の次の再発を防ぐには
■全身の筋肉がピクピクする

続きは → コーナー全記事リスト




■うつ病の深い情報はメルマガで
この記事は気に入って頂けましたか? もっと深ーいうつ病情報は、当サイトのメール会報(メールマガジン)に登録された方にだけお送りしております。
うつ病の本の新刊や、うつ病用ツールの新製品などのプレゼントも行っています。

日本で発行されているうつ病のメールマガジンでは読者数1位です。
読者登録は無料です → もっと詳しく&バックナンバー
メルマガ購読・解除 ID: 135145
うつ病ドリル 〜メキメキ治った!実践法〜
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ



トラックバック絶賛受付中!

このエントリーのトラックバックURL:
http://u-drill.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/569