薬の売り上げ鈍化

原文

2004年の処方箋の売上高を世界全体で見ると前年比7%増の5500億ドル(2003年は10%増)。1998年以来最小の増加幅となった。

考えられる要因は、各国政府による価格引き下げ圧力と安全に対する懸念、より安価なジェネリック薬品との競争など。
業界は依然、一部の売れ筋の特許切れ、新製品不足、価格圧力、利益の伸び悩みなどの問題が継続している。

約45%(2,475億ドル)を北米が占めた。
中国は約1.7%(95億ドル)。経済成長の加速や富の拡大などを背景に最も伸び、前年比28%増となった。

2004年で10億ドル以上売れた薬は82種類(前年比17種類上回プラス)。
11種類がバイオテクノロジー企業製。12種類はガン・統合失調症・エイズなどの特殊用途。

調査をした米医薬品マーケティング情報会社のIMSヘルス 企業戦略担当者:
「従来の主力は初期治療や慢性疾患の治療薬だったが、今はそういう例はない。特殊な医薬品の売上高がふくらんできた」



 

うつ病ドリル管理人のうつ病実体験から選びに選んだ、
世界最高品質レベルのサプリメントは ■サプリコーナー

うつ病のみなさんと共に選んだ、 ここでしか買えないお役立ち商品! ■商品一覧

うつ病、うつの症状・治療 うつ病、うつの診断・チェック うつ病、うつの回復マニュアル

うつ病の症状と
似ている病気

統計・データを使ったうつ病講座。

うつ病診断 x4

医者も使っている国際基準のチェックリストが3つ+1つあります。

回復マニュアル

すぐ使えて根本的なノウハウをまとめてあります。

( → この記事を引用・転載するには?

  | 2005年03月10日 11:32  | この記事のアドレス URL  |

似ている記事

■日本うつ病学会治療ガイドライン II.大うつ病性障害 が発表されました
■【告知】うつからの就職活動セミナー
■【告知】“うつ”復職支援フォーラム
■「うつ病の頭と体が気持ちよーく楽になるお茶会」
■1名無料ご招待「うつ病の頭と体が気持ちよーく楽になるお茶会(まだ仮称)」
■うつ病のリスクを減らす食生活はコレ!
■精神疾患と肥満、どちらが先?
■自殺予防週間、各県の取り組み
■続々と開発される血液検査でのうつ病診断
■ネットで認知行動療法
■職場にうつ病を打ち明けるか? アンケート結果
■告知「脳と栄養のシンポジウム」
■抗うつ薬、最近の動き
■血液検査でうつ病診断
■遺伝子で決まる? 不眠・うつ・プラス思考の傾向
■SSRIで攻撃性が増す?
■パパのメンタルヘルスは息子の将来を決める!?
■平成20年の自殺者統計発表

続きは → コーナー全記事リスト




■うつ病の深い情報はメルマガで
この記事は気に入って頂けましたか? もっと深ーいうつ病情報は、当サイトのメール会報(メールマガジン)に登録された方にだけお送りしております。
うつ病の本の新刊や、うつ病用ツールの新製品などのプレゼントも行っています。

日本で発行されているうつ病のメールマガジンでは読者数1位です。
読者登録は無料です → もっと詳しく&バックナンバー
メルマガ購読・解除 ID: 135145
うつ病ドリル 〜メキメキ治った!実践法〜
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ



トラックバック絶賛受付中!

このエントリーのトラックバックURL:
http://u-drill.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/63