2004/08/13

メルマガバックナンバー

こんにちは。「うつ病ドリル」のヒソヒソ話&更新情報です。

最近はメンタルヘルス関連のニュースがありませんが、今日はみなさんの疑問に
答えるべくサプリメント紹介や1日のメニューを更新しました。


・Q&Aコーナーにて、「デプロメール (SSRI) はなぜ18才以下には使用注意なのか」
に答えました。
  ・7才〜18才では効果があるとは認められなかった
  ・自殺の危険性が高まる可能性が高まる
  ・体重の減少や増加が起きる可能性がある

・プロテインは肝臓に負担を掛けますが、すぐに障害が出る訳ではありません。
例えばスポーツ選手は1日に 100g 以上のプロテイン(しかもプロテインの
中で最も肝臓に悪いホエイプロテイン)を飲む上、ビタミン剤やクレアチン
といったサプリメントを飲んでいますが、彼らはそれが理由で体調を崩したり
運動能力が落ちたりはしません。肝臓は鍛えられない臓器なので、スポーツ
選手の肝臓が私たちの肝臓より強いということはありません。
 それほど過度に心配することなく、体調を見ながらプロテインを使ってみて
下さい。
 肝臓が疲れたときのサインは、目が充血したり黄疸が出るといったものです。

・プロテインを買うときの条件に、「カルシウムに対してマグネシウムが 50% 以上
入っているもの、もしくは両者が全く含まれていないもの」というのを加えました。
なお、今まで当サイト(うつ病ドリル)でお勧めしてきている「ザバス ウェイトダウン」はこの
条件を満たしているので、ザバスを使っている方はこの条件は気にされなくて構い
ません。
 この条件を付けた理由は、プロテインの中にはカルシウムが多量に入っているのに
マグネシウムが入っていないものがあり、そういったものをしばらく使うと
マグネシウム欠乏症が起きてしまうためです。
 体の中ではカルシウムとマグネシウムは 2:1 の比率で存在するようになっており、
カルシウムだけを摂ると体内のマグネシウム備蓄分が放出されます。それがしばらく
続くとマグネシウム欠乏症になり、不安感が出たり声が震えたりこむら返りが起きたり
します。

・ホスファチジルセリンの使用量が商品ラベルより多いのでは? というご質問を
たまに頂きますが、商品ラベルに書いてるのは「ホスファチジルセリンを脳細胞の
細胞膜を柔らかくして神経伝達を改善させるために使う場合」です。この時の
使用量は1日に 100 〜 200 mg です。
 このサイトでは、この使用法(脳に使う)とは違ってコルチゾール抑制(副腎に使う)
のために使います。この時に有効な量は1日に 400mg 〜 900mg だそうです。
また、800mg を長期間連用しても副作用は出なかったとのことなので、摂りすぎで
何か重大な問題が起きることはそれほど心配しなくてもよさそうです。
 ただし、使っている抗うつ剤の種類や量は人によって全く違うため、その組み合わせで
何が起きるかというところは予想できません。これも体調を見ながら安心できる範囲で
なるべく多く使ってみて下さい。

・ギンコのお勧めを変えました。ギンコには医薬品レベルで品質管理されたものと
健康食品レベルで品質管理されたものがありますが、健康食品レベルの場合は
アレルギー源となるギンコール酸という物質が除去されていない場合があり、飲むと
アレルギーが出る場合があるとのことです。
 また、健康食品レベルのものは製造途中で高熱を加えるために有効成分がほとんど
壊れているものもあるらしいのに、商品ラベルや商品説明にはそういったこ%8



 

うつ病ドリル管理人のうつ病実体験から選びに選んだ、
世界最高品質レベルのサプリメントは ■サプリコーナー

うつ病のみなさんと共に選んだ、 ここでしか買えないお役立ち商品! ■商品一覧

うつ病、うつの症状・治療 うつ病、うつの診断・チェック うつ病、うつの回復マニュアル

うつ病の症状と
似ている病気

統計・データを使ったうつ病講座。

うつ病診断 x4

医者も使っている国際基準のチェックリストが3つ+1つあります。

回復マニュアル

すぐ使えて根本的なノウハウをまとめてあります。

( → この記事を引用・転載するには?

  | 2005年04月02日 11:36  | この記事のアドレス URL  |

似ている記事

■新商品「テニスボール健康法」発売!
■突然ですが、商品モニター募集です
■お茶会一般募集開始&新商品「気分が落ち着くペンダント型リラックスグッズ」
■突然ですが、お茶会プレゼントです
■うつ病対策が身につく会(仮称)を開催します
■今回も長くて盛り沢山
■うつ病の方へ、年末年始のメッセージ
■やっぱり今回も盛りだくさん
■(号外)今日くらいは
■当選者発表 その1
■早速ですが、プレゼントです
■講演プレゼント当選者発表
■当選者発表&今回も新プレゼント
■みんなのお便り&プレゼント当選者 その2(全3回)
■みんなのお便り&プレゼント当選者 その1(全3回)
■TVのうつ病番組とか本プレゼントとか色々
■SSRI で攻撃性が上がる話
■NHK より取材協力のお願い

続きは → コーナー全記事リスト




■うつ病の深い情報はメルマガで
この記事は気に入って頂けましたか? もっと深ーいうつ病情報は、当サイトのメール会報(メールマガジン)に登録された方にだけお送りしております。
うつ病の本の新刊や、うつ病用ツールの新製品などのプレゼントも行っています。

日本で発行されているうつ病のメールマガジンでは読者数1位です。
読者登録は無料です → もっと詳しく&バックナンバー
メルマガ購読・解除 ID: 135145
うつ病ドリル 〜メキメキ治った!実践法〜
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ