2004/10/07

メルマガバックナンバー

こんにちは。「うつ病ドリル」のヒソヒソ話&更新情報です。

関東ではひさびさに大きい地震が来ましたが、災害らしい状態にはなっていない
ようで何よりです。
神戸の震災の時は、被災地が情報発信できないほど被害を受けたために、しばらく
その深刻さを誰も気付かなかったという話が残っています。テレビ局の人が震災に
気付いたのは、自動制御のお天気カメラが写した街が壊滅していたからだそうです。

地震にしろ台風にしろ「たまったひずみを発散する現象」なので、発散前に
たまっているひずみを吸収できたら、その莫大なエネルギーで発電とかが出来る
のではないかと考えていました。
日々のひずみをうつ病という形で出現させないように少しずつ解消できれば
良いのだろうな、とも。


今日のニュース:

目覚めにはチキン - オックスフォード大、目的別サンドイッチ5種を考案
→食事で気分や体調を整えようという研究をしているようです。
生化学の先生主体のお料理教室です。
・朝はチキン(目覚めの神経伝達物質を増やす)+マンゴー(疲労回復)
・運動前はリンゴ+ピーナツ(共に血糖値をゆるやかに上昇させ長時間それを保つ)
・性欲増強にイチジク(性的能力向上)+ハチミツ(媚薬)
・2日酔いにはチョコ+バナナ(血糖値の急激な上昇)
・安眠にスモークターキー(精神安定)+クリームチーズ(睡眠パターン調整)


厚生労働省、うつ病を5年間研究の予定
→患者数が急増しているうつ病と糖尿病に対し、厚生労働省は来年5月から
5年間の研究に取り組むことを決めた。
糖尿病予備軍の発症の抑制、うつ病の自殺予防、初期段階のうつへの対応の
充実を目指す。

※治療法というよりは予防法のようです。多くの国民が「今日の疲れを解消
できないまま翌日を迎える」という現代では、根本的に仕事への取り組みを
何とかしないといけないでしょう。これは仕事環境だけでなく国民気質とか
かなり多くのメンタルな問題を含む、相当大きな問題だと思います。

※※「スタンダード反社会学講座」というサイトに、面白い文章がありました。
http://mazzan.at.infoseek.co.jp/lesson6.html
「頑張ると事態は悪化する。例えばゴムの木の栽培人がいるとして、供給過剰気味で
単価が下がると、栽培人は収入を保つためにより多くのゴムを取ろうとする。
結果として仕事は増え、重労働となり、供給過剰は進み、さらに単価は下がる」
今の日本(というかアジア)が陥っているパターンがまさしくこれです。
本当に優れなくてはいけないのは「マーケット探し」と「儲けシステム作り」
というプロデュース能力なのですが…


低炭水化物ダイエットでナルコレプシー改善
→ナルコレプシーに悩む9人が、8週間に渡って炭水化物を1日20グラム未満に
制限したところ、ナルコレプシー症状が18%軽減。

※日中突然眠くなる睡眠障害「ナルコレプシー」について、オレキシンという
物質を与えると症状が改善されることは分かっていました。そして、炭水化物を
制限して血糖値を低く抑えると、このオレキシンが体内に増えて症状が改善される
のではないか? という記事。
うつ病では不眠が一般的ですが、仮眠もあります。その解決策に近づけるのでは?
と思いました。


座る時間の多い子供、慢性疲労になりやすい
→こちらはうつ病と間違われやすい慢性疲労についての記事。
イギリスの研究によると、座っている時間が多いと慢性疲労症候群になりやすい
ことが分かった。
子供のころにスポーツをしたり、活発に動いていた人は、後に慢性疲労症候群に
悩む確率が低い可能性があるとのこと。

※調査対象は1970年生まれ。この年代は小学生のころにインベーダーゲーム、
中学生のころは家庭用コンピューターが出てきて、いわゆる「オタク」の元祖的
年代です。
ただしこの年代はデスクワークに追われる年代でもあるので、子供のころ
運動をしなかったからなのか? 大人になって運動をしなくなったからなのか?
は即断するには早い気がします。
何にせよ、運動は(出来る範囲で)した方が良いという話。


---------------------------------------
「うつ病ドリル」
http://u-drill.jp/

相談窓口(匿名OK!)
http://www13.ocn.ne.jp/~read_me/utu/form_mail.html



 

うつ病ドリル管理人のうつ病実体験から選びに選んだ、
世界最高品質レベルのサプリメントは ■サプリコーナー

うつ病のみなさんと共に選んだ、 ここでしか買えないお役立ち商品! ■商品一覧

うつ病、うつの症状・治療 うつ病、うつの診断・チェック うつ病、うつの回復マニュアル

うつ病の症状と
似ている病気

統計・データを使ったうつ病講座。

うつ病診断 x4

医者も使っている国際基準のチェックリストが3つ+1つあります。

回復マニュアル

すぐ使えて根本的なノウハウをまとめてあります。

( → この記事を引用・転載するには?

  | 2005年04月02日 11:56  | この記事のアドレス URL  |

似ている記事

■新商品「テニスボール健康法」発売!
■突然ですが、商品モニター募集です
■お茶会一般募集開始&新商品「気分が落ち着くペンダント型リラックスグッズ」
■突然ですが、お茶会プレゼントです
■うつ病対策が身につく会(仮称)を開催します
■今回も長くて盛り沢山
■うつ病の方へ、年末年始のメッセージ
■やっぱり今回も盛りだくさん
■(号外)今日くらいは
■当選者発表 その1
■早速ですが、プレゼントです
■講演プレゼント当選者発表
■当選者発表&今回も新プレゼント
■みんなのお便り&プレゼント当選者 その2(全3回)
■みんなのお便り&プレゼント当選者 その1(全3回)
■TVのうつ病番組とか本プレゼントとか色々
■SSRI で攻撃性が上がる話
■NHK より取材協力のお願い

続きは → コーナー全記事リスト




■うつ病の深い情報はメルマガで
この記事は気に入って頂けましたか? もっと深ーいうつ病情報は、当サイトのメール会報(メールマガジン)に登録された方にだけお送りしております。
うつ病の本の新刊や、うつ病用ツールの新製品などのプレゼントも行っています。

日本で発行されているうつ病のメールマガジンでは読者数1位です。
読者登録は無料です → もっと詳しく&バックナンバー
メルマガ購読・解除 ID: 135145
うつ病ドリル 〜メキメキ治った!実践法〜
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ



トラックバック絶賛受付中!

このエントリーのトラックバックURL:
http://u-drill.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/165