2005/01/24

メルマガバックナンバー

こんにちは。「うつ病ドリル」のヒソヒソ話&更新情報です。

※皆さまからの投稿大歓迎。当サイト(うつ病ドリル)のメールフォームコーナーからなら匿名・匿アド
レスでの投稿も可能です。

「うつ病ドリル」
http://u-drill.jp/


----------目次:---------------------------------------------------------------

●うつ病のTV番組
●生活リズム形成は朝が大事 体内時計のDNAが鍵
●精神障害者の保障共済、千葉で開始
●木の実ナナ、うつ病イベントでトークショー
●初めての抗うつ薬は、出血しやすい人をさらに出血させやすくする
●体の不調で原因が分からなかったら精神科へ

-------------------------------------------------------------------------------

ニュース
●うつ病のTV番組

「福祉ネットワーク」
01/25(火) 20:00 〜 20:30 NHK教育
シリーズ子どものうつ(1)▽あなたの子にも迫る 


「福祉ネットワーク」
02/01(火) 20:00 〜 20:30 NHK教育
シリーズ子供のうつ(2)▽悩みに答えます 


「きょうの健康」
02/03(木) 20:30 〜 20:45 NHK教育
▽うつと歩んだ8年間 竹脇無我

-------------------------------------------------------------------------------

ニュース
●生活リズム形成は朝が大事 体内時計のDNAが鍵
http://www.sanyo.oni.co.jp/newspack/20050123/20050123010035111.html

 朝に働くDNAが、哺乳類の睡眠などをつかさどる「体内時計」のリズム形成の鍵を
握っていることを理化学研究所神戸研究所の上田泰己チームリーダーと山之内製薬分子
医学研究所の橋本誠一主席研究員らが突き止めた。

 体内時計は、リズムが乱れると不眠やうつ症状などにつながることがあるほか、抗
がん剤など一部の薬で効果や副作用と関連することも分かってきた。

 体内時計は16個の遺伝子がネットワークを構成してリズムをつくり出すとされて
いるが、詳しい仕組みはほとんど分かっていなかった。

参考:上田泰己の研究チームの活動内容
http://www.cdb.riken.go.jp/jp/02_research/0202_creative20.html

----------

※内容に乏しい記事で済みません。たまたま聞いたラジオではマウスを使った実験と
いう事を言っていましたが詳細は不明。

-------------------------------------------------------------------------------

ニュース
●精神障害者の保障共済、千葉で開始
http://www.yomiuri.co.jp/iryou/news_i/20050117so11.htm

一般の生命保険への加入が難しい精神障害者に対する死亡保障や医療保障を行う共済の
取り扱いを、千葉市内の任意団体が今月から始めた。

 全国初の試みといい、全国精神障害者家族会連合会(本部・東京)は「精神障害者は
これまで、がんや脳卒中などに備えがなかっただけに心強い」と歓迎している。

 この共済を扱っているのは、社会福祉法人を対象にコンサルティング業務をしている
民間企業「シェイクハンド」(千葉市美浜区、古畑和彦社長)が作った「シェイクハン
ド福祉共済会」。

 年齢に応じて月額1400―1万1300円の掛け金を支払えば、病気や事故による
入院時に1日1万円を支給。このほか、死亡や後遺症など、ケースに応じて8種類の
保障を用意している。共済金支払いが相次いだ場合などに備え、独自の積み立てのほ
か、リスクを分散する「再共済」も行っているという。

 精神障害者の加入条件は、障害者手帳二、三級を原則としているが、一級でも面接で
日常生活に支障がないことが確認できれば応じる方針だ。入院患者は除かれる。

 問い合わせは、同共済会事務局(043・297・3231)へ。

----------

※障害者手帳を持っていなくても、うつ病の人って保険審査に落ちちゃうんですよね。
うつ病になると判断能力が落ちていろんな事故リスクが高まるのは否めないので、
普段から「国の保険以外に入っていない」という状態にならないように自衛しておき
たいものです。

-------------------------------------------------------------------------------

ニュース
●木の実ナナ、うつ病イベントでトークショー
http://www.townnews.co.jp/020area_page/01_thu/11_tots/2005_1/01_20/tots_top2.html

自らも「うつ」の経験を持つ女優の木の実ナナさんが、2/16(水) のイベント「笑顔で
乗り切る〜こころの健康を考える〜」に出演する。

 木の実ナナさんは 46歳の時にうつ病であることに気付く。一時は自殺まで考えた
が、うつと更年期障害を乗り越え、今ではうつの経験に感謝するまでになっていると
いう。


募集要項
http://www.city.yokohama.jp/me/totsuka/service/topics/0501/nana_talkshow.html

日時:平成17年2月16日(水) 午後1時〜4時

会場:戸塚公会堂 講堂 (神奈川県横浜市)

主催:戸塚区精神保健福祉連絡会

内容:?うつ病に関する講演会
   (講師:横浜市こころの健康相談センター・早馬俊医師)

   ?木の実ナナさんトークショー
   (聞き手:浜田相談室カウンセラー・浜田房子氏)

   ?精神保健関係団体によるバザー

入場無料・応募制です。
往復ハガキに氏名、住所、電話番号、年齢をお書きの上、下記まで。
1月28日(金)必着。1人1枚。
未就学児の入場はできません。
申込み多数の場合は抽選、区民優先です。

〒244-0003 戸塚区戸塚町157-3
戸塚区役所サービス課障害者支援担当

----------

※木の実ナナさんはうつ病の治験参加者募集の告知にも出演していました。
多くの人に訴えかけるにはイメージ作りが最大の効果を生むので、有名人が本を書いた
りやトークショーをするのを製薬会社が資金援助でバックアップしたら、うつ病の人は
もっと暮らしやすくなるのではないかと思ったりします。

-------------------------------------------------------------------------------

ニュース
●初めての抗うつ薬は、出血しやすい人をさらに出血させやすくする
http://health.nikkei.co.jp/hsn/news.cfm?i=20041203hj000hj

※必ずしも抗うつ薬の服用者に警告を発するものではない

 米医学誌「Archives of Internal Medicine」11月22日号に掲載されたオランダの研
究によると、初めて抗うつ薬を使用した者で異常出血リスクが比較的高く、SSRIが最高
であるとのこと。

 1992〜2000年にかけて初めて抗うつ薬の処方を受けた6万4700人近くを平均229日間追
跡した結果、196人が子宮、上部消化管、脳などの出血で入院し、そのリスクはセロト
ニン再吸収阻害の強さが中等度の薬で2倍、高度の薬で約2.6倍高かった。

 研究者のユトレヒト薬学研究所E.R. Heerdink氏によると、SSRIには血小板が正常な
凝固に必要なセロトニンを血液から得る能力を阻害する可能性がある。しかしすでに出
血リスクの高い患者が影響を受ける場合がほとんどであり、絶対リスクは低い。

 また、米セント・ビンセント医療センター(ロサンゼルス)の内科医Michael Stefan
博士は、三環系抗うつ薬に分類されるアミトリプチリンが先ごろの研究における出血48
例の原因であること、自分の診ているSSRI服用者に出血が多くないことを指摘し、研究
結果は必ずしも抗うつ薬の服用者に警告を発するものではないことを強調している。

-------------------------------------------------------------------------------

ニュース
●体の不調で原因が分からなかったら精神科へ
http://medwave2.nikkeibp.co.jp/wcs/leaf?CID=onair/medwave/tpic/354049

うつ状態になった人がまず訪れるのが内科の(64.7%)、次が産婦人科(9.5%)。睡眠
障害や食欲不振が精神からくるものとは気付かないためで、自分がうつ症状と自覚しな
い人が9割もいる。

初診でうつ病を見抜けない場合は自殺につながることもあることから、神経研究所・清
和病院院長の広瀬徹也氏は「異常所見が見当たらないにもかかわらず、身体異常を訴え
る患者に対しては、初診診療科でうつ病の疑いを持って臨んでほしい」と訴える。

うつ病患者は朝方に体調が悪く夕方に改善するため、朝と夕方のどちらに調子が良いか
を患者に聞くだけでも判断材料になる。

----------

※これも正確な統計はないようなのですが、「うつ病の人が1回の診断でうつ病と判明
する率」は結構高いんですよね。
そもそもうつ病という病気の存在を知らない人も結構いると思いますが(私のように)。


---------------------------------------
「うつ病ドリル」
http://u-drill.jp/

相談窓口(匿名OK!)
http://www13.ocn.ne.jp/~read_me/utu/form_mail.html



 

うつ病ドリル管理人のうつ病実体験から選びに選んだ、
世界最高品質レベルのサプリメントは ■サプリコーナー

うつ病のみなさんと共に選んだ、 ここでしか買えないお役立ち商品! ■商品一覧

うつ病、うつの症状・治療 うつ病、うつの診断・チェック うつ病、うつの回復マニュアル

うつ病の症状と
似ている病気

統計・データを使ったうつ病講座。

うつ病診断 x4

医者も使っている国際基準のチェックリストが3つ+1つあります。

回復マニュアル

すぐ使えて根本的なノウハウをまとめてあります。

( → この記事を引用・転載するには?

  | 2005年04月02日 12:08  | この記事のアドレス URL  |

似ている記事

■新商品「テニスボール健康法」発売!
■突然ですが、商品モニター募集です
■お茶会一般募集開始&新商品「気分が落ち着くペンダント型リラックスグッズ」
■突然ですが、お茶会プレゼントです
■うつ病対策が身につく会(仮称)を開催します
■今回も長くて盛り沢山
■うつ病の方へ、年末年始のメッセージ
■やっぱり今回も盛りだくさん
■(号外)今日くらいは
■当選者発表 その1
■早速ですが、プレゼントです
■講演プレゼント当選者発表
■当選者発表&今回も新プレゼント
■みんなのお便り&プレゼント当選者 その2(全3回)
■みんなのお便り&プレゼント当選者 その1(全3回)
■TVのうつ病番組とか本プレゼントとか色々
■SSRI で攻撃性が上がる話
■NHK より取材協力のお願い

続きは → コーナー全記事リスト




■うつ病の深い情報はメルマガで
この記事は気に入って頂けましたか? もっと深ーいうつ病情報は、当サイトのメール会報(メールマガジン)に登録された方にだけお送りしております。
うつ病の本の新刊や、うつ病用ツールの新製品などのプレゼントも行っています。

日本で発行されているうつ病のメールマガジンでは読者数1位です。
読者登録は無料です → もっと詳しく&バックナンバー
メルマガ購読・解除 ID: 135145
うつ病ドリル 〜メキメキ治った!実践法〜
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ



トラックバック絶賛受付中!

このエントリーのトラックバックURL:
http://u-drill.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/172