2005/02/07

メルマガバックナンバー

こんにちは。「うつ病ドリル」のヒソヒソ話&更新情報です。


----------目次:---------------------------------------------------------------


●うつ病のTV番組
●精神科うらおもて
●自殺予防対策法案、国会に提出
●うつ病急増のため「医療心理師」新設へ
●看護師に笑いのスキル 吉本興業が伝授
●2003年の自殺者、過去最高の32,109人

-------------------------------------------------------------------------------

●ニュース
うつ病のTV番組

「福祉ネットワーク」

02/15(火) 20:00 〜 20:30 NHK教育
うつの時代 ▽サラリーマン・うつからの復帰

----------

●ニュース
精神科うらおもて
http://www.mainichi-msn.co.jp/kagaku/medical/news/20050207ddm013070084000c.html

・精神科からメンタルクリニックに名前を変えたら外来患者が3割増えた。「精神科な
ら受診しない」と答えた人は17%。

・症状別の患者数
   うつ病         40%
   不眠などのストレス症状 25%
   統合失調症       25%
   認知症など       10%

・最近、精神障害が軽症化している理由
   ・精神科の敷居が下がった
   ・新薬(副作用が少ない)の普及

・精神科を選ぶ目安
   ・外来患者が多い
   ・入院期間が短い
   ・オープンな雰囲気

・どの精神科へいくべきか?
   ・個人のクリニック
    →不安・不眠などの軽い症状。最初の窓口に適する。
   ・精神科専門病院(地域密着型)
    →自宅の近くで治療を受けたい
   ・大学病院、総合病院
    →症状が重い

・薬の進化により、精神科は入院メインから外来メインとなり社会と共生する方向へ
進んでいる。

※ざっくりと精神科の現状です。認知症の人も精神科なのですか。脳に関する障害と
いう点では間違ってはいないですが、意外でした。
あと、記事の中では「措置入院」(強制入院)についても触れられています。これが
精神科に競争原理が働かない理由なのだとか。

----------

●ニュース
自殺予防対策法案、国会に提出
http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20050206AT1E0500A05022005.html

自殺者が6年連続で3万人を超えるなど深刻な社会問題となっていることを踏まえ、
民主党は「自殺予防対策法案」を今国会に提出する方向で検討に入った。

政府が「自殺予防センター」(仮称)を新設し、各省庁や医療機関などがばらばらに
実施している自殺予防策を一元化するのが柱。

自殺予防センターのカバー範囲:

  (1)警察、消防、医療機関と連携した自殺の要因の分析
  (2)救急医療への精神科医の関与とうつ病などの専門治療施設の整備
  (3)自殺未遂者や遺族などの心の治療体制

※いよいよ統合的な取り組みが始まりました。仕事や日常からくるうつ病に加え、
地震などによるうつ病やPTSDが話題になることも増えてきましたが、国の動き
としてはかなり早いと思います。
歯医者の中にも治療というよりは美容専門のところがありますから、精神科の中にも
うつ病やPTSDなどストレス由来のものをメインに扱って敷居を下げるところが
出てくるかも知れません。

----------

●ニュース
うつ病急増のため「医療心理師」新設へhttp://www.yomiuri.co.jp/iryou/news_i/20050204so14.htm

心理療法など患者の病状に重大な影響を及ぼす可能性のある業務を医療行為と位置づけ、
医療機関で臨床心理業務を行う国家資格を新設するための法案が国会に提出されることと
なった。

うつ病患者の急増などに対応するため、心理療法などを行う専門職の質を高め、人数を
増やすことが目的。今国会会期中の成立を目指す。
自民、公明、民主の3党が超党派の議員立法で提出することに合意した。

法案骨子によると、新設を目指す国家資格は「医療心理師」(仮称)。臨床心理技術者
(心理士)が病院などで行っている業務のうち、心理療法など患者の病状に重大な影響を
及ぼす可能性のある業務を医療行為と位置づけ、医師以外の医療行為を禁じた医師法に
違反しないよう、医師の指示のもとで業務に携われるようにする。

※記事からすると現状の追認のような気もします。
精神に関する本をいくつか読んできましたが、どうも精神科というのはいずれなくなる
ような気がします。というのも、精神科というのはもともと「ケガや感染症などの物理
的な対象がないのでつかみ所がない」として隔離されるような感じでスタートしたもの
だからです。
現在のように脳の働きが神経や分子の働きで解明されてくると、精神科は内科の一部と
して吸収されるのが妥当だと感じてきています。

----------

●ニュース
看護師に笑いのスキル 吉本興業が伝授
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050202-00000156-kyodo-soci

ストレス解消に効果があるとされる「笑い」を医療や福祉の現場に生かそうと、大阪府
は吉本興業などに所属するプロ漫才師や落語家の協力で看護師や福祉職員らに話術を
指導する方針を固めた。

府内で選ばれた看護師らが落語や漫才の訓練を受け、患者や入所者らとの日常的なコ
ミュニケーションの中で活用し、気分を和らげてストレス解消に役立てるのが狙い。
特訓の場として月1回「お笑い体験教室」を開いている府立上方演芸資料館(大阪市)
を利用する。

※メンタルヘルスの原点とも言える笑いの効用は、いままで主張する人がちらほらと
あったのにあまり大きな取り組みはありませんでした。
うつ病は重くなると「笑いたくない、静かにしていたい」というようになってしまう
のですぐに治療には応用できませんが、再発予防のためには大いに活用できそうです。

----------

●ニュース
2003年の自殺者、過去最高の32,109人
http://medwave2.nikkeibp.co.jp/wcs/leaf?CID=onair/medwave/tpic/356569

厚生労働省が5回目の自殺死亡統計を発表。これによると4月・5月にピークがあり、
曜日で見ると月曜日が多い。

年齢別に見ると、女性は高齢になるにしたがって自殺率が上がるが、男性では50代に
大きなピークがある。また今回調査では30代〜40代の自殺率が上がった。

※これに関連して法案が国会に出てくるようになりました。
自殺支援サイトなどの今まで封殺されてきた問題がおおっぴらに扱われるようになるこ
とで、正しい対処がされるようになれば良いのですが。

---------------------------------------
「うつ病ドリル」
http://u-drill.jp/

相談窓口(匿名OK!)
http://www13.ocn.ne.jp/~read_me/utu/form_mail.html



 

うつ病ドリル管理人のうつ病実体験から選びに選んだ、
世界最高品質レベルのサプリメントは ■サプリコーナー

うつ病のみなさんと共に選んだ、 ここでしか買えないお役立ち商品! ■商品一覧

うつ病、うつの症状・治療 うつ病、うつの診断・チェック うつ病、うつの回復マニュアル

うつ病の症状と
似ている病気

統計・データを使ったうつ病講座。

うつ病診断 x4

医者も使っている国際基準のチェックリストが3つ+1つあります。

回復マニュアル

すぐ使えて根本的なノウハウをまとめてあります。

( → この記事を引用・転載するには?

  | 2005年04月02日 12:09  | この記事のアドレス URL  |

似ている記事

■新商品「テニスボール健康法」発売!
■突然ですが、商品モニター募集です
■お茶会一般募集開始&新商品「気分が落ち着くペンダント型リラックスグッズ」
■突然ですが、お茶会プレゼントです
■うつ病対策が身につく会(仮称)を開催します
■今回も長くて盛り沢山
■うつ病の方へ、年末年始のメッセージ
■やっぱり今回も盛りだくさん
■(号外)今日くらいは
■当選者発表 その1
■早速ですが、プレゼントです
■講演プレゼント当選者発表
■当選者発表&今回も新プレゼント
■みんなのお便り&プレゼント当選者 その2(全3回)
■みんなのお便り&プレゼント当選者 その1(全3回)
■TVのうつ病番組とか本プレゼントとか色々
■SSRI で攻撃性が上がる話
■NHK より取材協力のお願い

続きは → コーナー全記事リスト




■うつ病の深い情報はメルマガで
この記事は気に入って頂けましたか? もっと深ーいうつ病情報は、当サイトのメール会報(メールマガジン)に登録された方にだけお送りしております。
うつ病の本の新刊や、うつ病用ツールの新製品などのプレゼントも行っています。

日本で発行されているうつ病のメールマガジンでは読者数1位です。
読者登録は無料です → もっと詳しく&バックナンバー
メルマガ購読・解除 ID: 135145
うつ病ドリル 〜メキメキ治った!実践法〜
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ



トラックバック絶賛受付中!

このエントリーのトラックバックURL:
http://u-drill.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/176