最新うつ病論文に PubMed でアクセス!

メルマガバックナンバー

こんにちは。うつ病ドリルです。

サイトをちょこちょこいじって、新コーナー「コラム」を始めました。
http://u-drill.jp/column.php

今ある記事は3つです。

「抗うつ薬が効かないと擬態うつ病?」
→「うつ病なら抗うつ薬が効くはずだ、効かないならうつ病だと思いこんでいる
ニセ患者だ」という記事を見つけて管理人クラクラの巻。

「クレCRC5-56の名前の由来」
→なんとメーカーの住所だそうです。

「yahoo中国で「民主化」を検索すると…」
→エラー画面になって、以後 yahoo 中国にアクセスできない(本当)。

そんなこんなで本文スタートです。

----------目次:---------------------------------------------------------------

●管理人のブックマーク:「PubMed」
●今週の相談:「会社を辞めたいのに辞められない」
●編集後記

-------------------------------------------------------------------------------

●管理人のブックマーク:「PubMed」

前回は国内の論文検索「メディカルオンライン」を紹介しました。そこで「より
すごい論文にアクセスするには…」で締めましたが、その答えがこの PubMed です。

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/entrez/query.fcgi?DB=pubmed

日本語説明はいろいろありますが、例えば
http://www.mnc.toho-u.ac.jp/mmc/pubmed/
あたりが詳しいです。

試しに検索ボックスに「depression Japan」と入れてみて下さい。
日本人が書いたうつ病関連の論文が出てきます。

もしあなたが PubMed をそこそこ使えたら(「使いこなす」ほど習熟する
必要はありません)、うつ病に限らず医学のほぼ最先端の情報に触れることが
できます。国内のうつ病の一般書からすれば 30年近く先行した情報が手に
入るでしょう。


メンタルに限らず、「権威ある医学誌」で名前が挙がるのは

・NEJM(ニューイングランド医学雑誌)
・JAMA(アメリカ医師会雑誌)
・Lancet(イギリスの雑誌)
・BMJ(イギリス医学雑誌)

あたりですが、これらの記事を横断して検索できるオンラインサービスが
PubMed です。

PubMed はアメリカの国立医学図書館がやっている MedLine(医学文献データベース)
のオンライン版で、無料で検索できます。世界70ヶ国の文献が毎月30,000件の
早さで集積されています(現在 9,000,000件以上)。
ちなみに雑誌数で言うと 4,800誌、うち日本語 150誌。ただしアメリカのサービス
なので検索や表示は英語ベースです。

※重要:PubMed でも論文本体は見られないことが多く、たいていは要約文
のみです。論文本体はそのままリンクが用意されていて無料ですぐダウンロード
できることもあれば、収録されている雑誌のサイトでの手続きが必要な時も
あります。

日本は基本的に「国民はバカなので医療は医者だけのブラックボックスにしろ」
という姿勢なので、一般の人がちょっと凝った情報に触れる機会はほぼ閉ざされて
います。健康食品に効能を書くことも「食前・食後」という単語をラベルに書く
ことさえ禁じられています。理由は「食前・食後という単語は医薬品独自の
ものであり、健康食品に書くと医薬品と間違われるから」。

アメリカの場合は「情報を比較して最適な医療を選ぶのは国民の自由」という
姿勢なので、こういった PubMed といったサービスが出てきます。健康食品に
効能を書くのも自由です。
その代わり医者に行くと診察1回10万円というのは普通なので、医療費のせいで
破産する人も出てきます(意外にもクレジットカードでの浪費による破産より
ずっと多いそうです)。

まぁ、アメリカ万歳というわけでもなく、どっちもどっちです。
ただ情報の質・量ともアメリカの方が遙かに上です。

PubMed を使う時に壁になるのが英語です。和訳の自動翻訳ページはいくつも
存在しますが、全く役に立ちません。簡単な文法さえ分かるなら単語単位で和訳
してくれる小さなツールの方が断然正確に訳せます。

管理人が重宝しているのは Babylon です。
http://www.babylon.com/jpn/index.php
知りたい単語の上でマウスクリックするだけで和訳が出ます。数あるツールの
中での操作性は一番です。無料体験期間あり、\6,900(1年間限定なら\3,400)。


さて、次回は本の検索をやりましょうか。
ちょっと凝ったうつ病の本とか業界誌なんかをどうやって読む or 手に入れるか?
という話です。

その次あたりに薬のメカニズムとか飲み合わせの調べ方をやります。

----------

●今週の相談「会社を辞めたいのに辞められない」

新しい職場で臨時職員(今年の1月から来年の3月までの契約)として
働き始めてから、「うつ」?の傾向がでてきました。

原因は「上司」
私がやることなすこと気に入らないらしい。空回り。
いつも、行動をチェックされ怒られる毎日。
口が悪くキツイ口調。
でも、仕事が出来る方で間違っていることは言わない。

 1月から働き始めて、現在体重が−6キロ。
このことには、病院ではじめて気づきました。
痩せたな〜とは思ってはいたのですが、何キロとか全然考える余裕もなかったので。


 今までは、新しい職場に行っても「1ヶ月働けば続く」という私の中のルールがあり
ました。でも、今の職場は全然なれるどころか、食欲不振。嘔吐。下痢。めまい。
心と体が別々になった感覚。頭ではわかってはいるが思うように行動できない。それに
よる仕事のミスで常に不安になる。

こんなことが毎日。


会社を辞める!と家族に打ち明けて楽になるだろうと思っていたら一向に良くならない。
それどころか益々食べれなくなり、病院へ行きました。
現在は、リーゼと補中益気湯(漢方薬・胃薬だそうです)を飲んでますが、リーゼを飲むと立っていられなかったので今はやめてます。

「辞める」と決めたものの、今の会社は、前の職場の方の紹介ということ。半年で辞め
ようとしていること。
辞める理由を何といえばいいのか?(上司がすごく厳しい方で正当な理由(結婚とか)が
なければ辞められそうにない。「うつ病」って言ったら、「俺のせいだろう!」って
絶対言われるから、他の病気がないか婦人科にまで検査に行く始末。現在検査結果待ち)
私自身、仕事があまり長続きしないこと。

というのがあり、毎日毎日悩んでいます。
キツイです。

病院の先生も、(初診だったので)
「これは、試練だと思ってもう少し今の職場でがんばってみたらどうかな?もう少し
様子をみてみましょう」


○おこたえ

会社をやめようと考えても楽にならないということは、考え方次第で
どうにかなる「気の持ちよう」の段階は過ぎたということだと思います。

一般的にはうつ病の時は重大な決定はしないほうが良いので、今回も
その考えに従えば「やめるよりも休職でしのぎ、うつが回復した
時に頑張る気になれれば復職する、うつが回復してもやっぱり職場が
イヤならやめる」ということになります。

休職してうつが回復したあと、考え方のトレーニングをしてもし
上司と上手くやっていくことが出来るようになれば復帰すれば良い
ですし、どうしても相性が良くないなら辞めれば良いと思います。
くれぐれも休職でうつが回復したからといってそのまま復職しないで
下さい。以前と同じ考え方で以前と同じ環境に戻れば、ほぼ間違いなく
再発します。

以下、ご心配されている「もし辞めるなら」についてお話します。

今まではうまくいってきたのに今回はダメということなので、決して
負け癖が付いてしまった訳ではなく、たまたま今回はダメということなの
でしょう。これについては気にしないことです。

> 病院の先生も、(初診だったので)
> 「これは、試練だと思ってもう少し今の職場でがんばってみたらどうかな?
> もう少し様子をみてみましょう」

頑張った結果どうにかなるなら頑張ればいいですし、ならないなら早めに
切り上げるのが良いと思います(私は、うつ状態ならば無条件に頑張ることを
放棄せよ、という考えには反対です)。
ただ、頂いたお話の限りでは今のまま頑張るのは危険だと思います。
うつが回復した後に考え方トレーニングをして「頑張れる基礎を作る」のが
大事です。

> 辞める理由を何といえばいいのか?
> (上司がすごく厳しい方で正当な理由(結婚とか)がなければ辞められそうにない。
> 「うつ病」って言ったら、「俺のせいだろう!」って絶対言われるから、
> 他の病気がないか婦人科にまで検査に行く始末。現在検査結果待ち)

もし2度と会わないなら、言わせておけば良いのではないでしょうか。
別に誰が悪いのでもなく相性が合わないだけなのですから。
医師に診断書をもらって盾にするのも手です。ちなみに診断書にうつ病と
書かれるとは限らず、医師も気を使って当たり障りのない病名を
書いてくれることもあります(そっちの方が多いそうです)。

医師の診断で「休養が必要」のお墨付きさえ取れれば、紹介してくれた
人や上司に対する説明も付く気がしますがどうでしょうか。

----------

●編集後記

メルマガがどんどん長くなっていく…
更新頻度アップを真剣にやろう。

とりあえず今週のうつ病関連のTV番組紹介しときます。


05/10(火) 20:00 〜 20:30 NHK教育
「福祉ネットワーク」
働き盛りのうつ病・家族のサポート [S] [字]
Gコード = 229


05/10(火) 20:30 〜 20:45 NHK教育
「きょうの健康」
▽スッキリ眠れていますか?(2)ストレスで寝不足 [多] [字]
Gコード = 978923


05/11(水) 20:30 〜 20:45 NHK教育
「きょうの健康」
▽スッキリ眠れていますか?(3)高齢者に多い不眠 [多] [字]
Gコード = 416430


05/12(木) 20:30 〜 20:45 NHK教育
「きょうの健康」
▽スッキリ眠れていますか?(4)薬の正しい使い方 [多] [字]
Gコード = 954947


05/13(金) 20:00 〜 20:45 NHK教育
▽今週のテーマ“スッキリ眠れていますか”について
▽おさらいピックアップ
▽知りたいQほか [S]
Gコード = 26787

あと「うつ病ドリル shop」の「象さん」ですが、代金引き換えサービスを開始して
からしみじみ売れとります。連休谷間の5/6 には6つ発送しました。結構需要あるなぁ。
利用者の方の声も集まってきたので、「象さん」の感想も説明文に添えました。
http://cart02.lolipop.jp/LA03201955/?mode=ITEM2&p_id=PR00100431961

店には無料コーナーとかお知らせコーナーも増えました。
そろそろ第三弾の商品の用意もしましょうか。

---------------------------------------
「うつ病ドリル」
http://u-drill.jp/

相談窓口(匿名OK!)
http://www13.ocn.ne.jp/~read_me/utu/form_mail.html



 

うつ病ドリル管理人のうつ病実体験から選びに選んだ、
世界最高品質レベルのサプリメントは ■サプリコーナー

うつ病のみなさんと共に選んだ、 ここでしか買えないお役立ち商品! ■商品一覧

うつ病、うつの症状・治療 うつ病、うつの診断・チェック うつ病、うつの回復マニュアル

うつ病の症状と
似ている病気

統計・データを使ったうつ病講座。

うつ病診断 x4

医者も使っている国際基準のチェックリストが3つ+1つあります。

回復マニュアル

すぐ使えて根本的なノウハウをまとめてあります。

( → この記事を引用・転載するには?

  | 2005年05月10日 05:59  | この記事のアドレス URL  |

似ている記事

■新商品「テニスボール健康法」発売!
■突然ですが、商品モニター募集です
■お茶会一般募集開始&新商品「気分が落ち着くペンダント型リラックスグッズ」
■突然ですが、お茶会プレゼントです
■うつ病対策が身につく会(仮称)を開催します
■今回も長くて盛り沢山
■うつ病の方へ、年末年始のメッセージ
■やっぱり今回も盛りだくさん
■(号外)今日くらいは
■当選者発表 その1
■早速ですが、プレゼントです
■講演プレゼント当選者発表
■当選者発表&今回も新プレゼント
■みんなのお便り&プレゼント当選者 その2(全3回)
■みんなのお便り&プレゼント当選者 その1(全3回)
■TVのうつ病番組とか本プレゼントとか色々
■SSRI で攻撃性が上がる話
■NHK より取材協力のお願い

続きは → コーナー全記事リスト




■うつ病の深い情報はメルマガで
この記事は気に入って頂けましたか? もっと深ーいうつ病情報は、当サイトのメール会報(メールマガジン)に登録された方にだけお送りしております。
うつ病の本の新刊や、うつ病用ツールの新製品などのプレゼントも行っています。

日本で発行されているうつ病のメールマガジンでは読者数1位です。
読者登録は無料です → もっと詳しく&バックナンバー
メルマガ購読・解除 ID: 135145
うつ病ドリル 〜メキメキ治った!実践法〜
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ



トラックバック絶賛受付中!

このエントリーのトラックバックURL:
http://u-drill.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/463