眠れない(睡眠薬が効かない)

お名前:きりえ

どんなに睡眠薬を変えても増やしても、中途覚睡してしまいます。
大量に睡眠薬を飲んだところで3時間位で目覚めてしまい、昼間フラフラしてしまいます。
睡眠について詳しく教えていただきたいのですが


管理人より:

結論:

・起きる時間を固定する(毎日違う時間に起きない。時差ボケ防止)
・昼間の活動量を増やす(軽い運動、読書、遊び)
・寝る前の徹底したリラックス

の組み合わせで生活改善してみて下さい。

なお、睡眠障害はうつ病の主な症状ですので、「うつ病だけどぐっすり寝たい」というのは「うつ病だけど元気満々になりたい」のと同じくらい難しいことです。
うつ病が改善するにつれて睡眠の問題もなくなりますが、基本的には「うつ病である限りは熟睡するのは難しい」ということは覚えておいて下さい。


以下、説明です。

「なぜ眠くなるのか」の正体は「睡眠物質が脳を刺激するから」ということのようです。

睡眠物質いろいろ(20種以上見つかっているものの一部):
・インスリン(血糖値が上がると出てくる。ノンレム睡眠=夢を見ない熟睡の促進)
・ソマトスタチン(血液中のアミノ酸濃度が高まると出てくる。レム睡眠=夢を見る浅い眠りの促進)
・メラトニン(夜などに暗くなってセロトニンが分解されたもの。サプリメントとして存在する唯一の睡眠物質)
・ACTH(副腎皮質刺激ホルモン)を分解したもの(ストレス下でACTHが増加し、ストレスが止まるとACTH分解物が増えてくる)
・ウリジン(抑制ホルモンである GABA の流通量を増加させて脳の活動を鎮める。GABA サプリメントで効果増大?)
・酸化型グルタチオン(覚醒ホルモンであるグルタメートを抑制して脳の活動を鎮める)
・プロスタグランジンD2(炎症を起こす物質「プロスタグランジン」の一種。ちなみにうつ病の人はプロスタグランジンが多い)
・インターフェロン等の免疫物質によって退治された病原体の死体

これらの物質が昼間の活動によって増加し、溜まってくると脳の中で睡眠を制御する場所を刺激して眠くなる、というメカニズムです。実際、それぞれの物質を動物に注射するとすぐに眠り出します。

自然な眠りというのは、上記のような睡眠物質が揃ってくることです。ですから睡眠物質もないのにひたすらリラックスしたり睡眠薬を飲むのは自然な睡眠とは言えません。
応急処置として睡眠薬を飲むのは否定しませんが、根本解決ではないのです。

なお「睡眠を制御する場所」というのは複数箇所見つかっており、「睡眠中枢」といったようなメインの場所はありません。

さて、では「睡眠物質を増やしてやれば眠くなる」ということになるわけですが、探してみたところあまり見つかりませんでした。
とりあえず最初の4つについては簡単に分かりましたが、後半4つについてははっきり分かりませんでした。

大まかに言えることは、睡眠物質のいくつかは昼間の活動によって増加するということです。食事と運動がその最たるものです。
脳を含めて全ての器官は使うと壊れ、休むと修理されます。ということは、脳や筋肉、内臓を適当に使って疲れさせてやれば睡眠物質が増えてきて、脳と体の修理のために睡眠が始まるわけです。

つまり「昼間働いたり遊んだりして疲れれば、夜は自然と眠くなる」というわけです。世にある熟睡術はすべてリラックスばかり追求しますが、そもそも眠る必要がない(睡眠物質がない)のにリラックスをしても眠れません。というより、眠らなくても平気なのです。睡眠薬が効かないのも同じ理由です。

という訳で、最初の結論に戻って

・起きる時間を固定する(毎日違う時間に起きない。時差ボケ防止)
・昼間の活動量を増やす(軽い運動、読書、遊び)
・寝る前の徹底したリラックス

が必要となります。

冒頭に書いた「うつ病である限りは熟睡するのは非常に難しい」の意味は、うつ病では脳が常に緊張状態だったり機能不全だったりして睡眠に入れないのもさることながら、うつ病では昼間元気に活動できないので睡眠物質を作れないからです。
うつ病が回復して昼間の活動が増えてくれば、睡眠も徐々に改善してきます。


その他ヒント

1:少しずつ何度も寝てみる

人間はそもそもまとめて8時間眠る生物ではなく、細切れに少しずつ眠る生物です。集中して長く眠るようになったのは「朝起きて労働して夜眠る」という社会を円滑に動かすための「社会的欲求」によるものだそうです(つまり世の中の都合ということ)。

普通の人の眠りを見ると、脳のための深い眠りは最初の3時間だけで、残りは体のための浅い眠りだそうです。つまり脳は3時間でほぼ回復できるので、昼間疲れていない人は3時間で目が覚めても不思議ではないようです。

ダ・ヴィンチは4時間ごとに15分ずつ眠りました。歴史上で短眠と言われる人は昼間小刻みに寝ています。それでも大丈夫なのです。
夜眠れないなら、ちょっとずつ何度も眠るという生活にしてみるのも手です。

2:寝る寸前に睡眠物質の働きを強めてみる

寝る2時間くらい前にあまり熱くないお風呂に入り、その後暗くて涼しい部屋でリラックスします。入浴によって体の活動を一度高めてから落とす(リラックス)することで、体は「睡眠物質が一気に増えた」と錯覚して眠気がやってきます。

さらに、寝る前に糖分を摂るとインスリンが分泌され、深い眠りが促進されます。
上の睡眠物質リストの所でも書きましたが、

・糖分を摂る→インスリンが分泌される→夢を見ないノンレム睡眠が増える(熟睡)

・アミノ酸を摂る→ソマトスタチンが分泌される→夢を見るレム睡眠が増える(浅い眠り)
というのがグルメの国フランスのジャバー・ダンギールさんによる実験で分かっています(動物実験ですが)。「肉を食べると悪夢を見る」という噂は半分本当です。

ちなみに脂肪を摂っても眠りには影響しないそうです。
糖とアミノ酸を両方摂ると、ノンレム睡眠とレム睡眠が両方増えます。



 

うつ病ドリル管理人のうつ病実体験から選びに選んだ、
世界最高品質レベルのサプリメントは ■サプリコーナー

うつ病のみなさんと共に選んだ、 ここでしか買えないお役立ち商品! ■商品一覧

うつ病、うつの症状・治療 うつ病、うつの診断・チェック うつ病、うつの回復マニュアル

うつ病の症状と
似ている病気

統計・データを使ったうつ病講座。

うつ病診断 x4

医者も使っている国際基準のチェックリストが3つ+1つあります。

回復マニュアル

すぐ使えて根本的なノウハウをまとめてあります。

( → この記事を引用・転載するには?

  | 2005年06月07日 12:48  | この記事のアドレス URL  |

似ている記事

■外出や趣味に踏み出せない
■家族はうつ病の治療に不可欠?
■勉強と対人関係のストレスだけで高校生がうつ病になり得る?
■いつまで通院?こだわりが治るまで?
■大豆以外のプロテインはどれが良い?
■セカンドオピニオンを受けたい(薬が多すぎる)
■アメリカで受診したい(英語ができない)
■イライラに良いサプリは?
■カウンセリングは絶対必要?
■衝動的に薬を飲み過ぎる(オーバードーズする)心理とは?
■旅はうつ病に悪いか?
■プロテインによる腸のガスを消す方法
■どうしても気力が出ないまま闘病が長引いている
■抗うつ剤(SSRI)は依存せず止められるのか?
■国民年金は障害者手帳があれば免除されるのか?
■本人が医者に行きたがらない
■薬を飲まずに再発した母の次の再発を防ぐには
■全身の筋肉がピクピクする

続きは → コーナー全記事リスト




■うつ病の深い情報はメルマガで
この記事は気に入って頂けましたか? もっと深ーいうつ病情報は、当サイトのメール会報(メールマガジン)に登録された方にだけお送りしております。
うつ病の本の新刊や、うつ病用ツールの新製品などのプレゼントも行っています。

日本で発行されているうつ病のメールマガジンでは読者数1位です。
読者登録は無料です → もっと詳しく&バックナンバー
メルマガ購読・解除 ID: 135145
うつ病ドリル 〜メキメキ治った!実践法〜
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ



トラックバック絶賛受付中!

このエントリーのトラックバックURL:
http://u-drill.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/536


サイト名「うつ病110番」
記事名「眠れない(睡眠薬が効かない) - うつ病ドリル
注意:「素人の読書感想文です」 心配なら、セカンドオピニオンを受けることをお勧めします。 眠れない(睡眠薬が効かない)-うつ病ドリル http://se... 2008年04月24日 16:14