うつ病ドリルの方法だけで治る?

お名前:零さん

はじめまして。鬱を自分で治したくて検索していたらこちらのサイトにめぐり会いました。

 私は心理学を専攻する女子大生なのですが、ちょうど一年ほど前から、過睡眠状態、昼夜逆転生活になり、授業が受けられなくなってしまいました。その後、授業でやったある心理テストがきっかけで不登校になり、心療内科に行く事になりました。

 そこは15分ほど、病院に来る事になった経過などを聞かれ「鬱ですね、休学した方が良いでしょう」と言われ抗うつ剤と睡眠導入剤を処方されました。

 私は休学し、3ヶ月ほどその病院に通ったのですが、良くなるどころか、逆に布団の中から動けなくなってしまいました。その事を先生に話すと「少し強めの抗うつ剤を出してカウンセリングもしましょう」と言われ、心理テストを受け、1週間ほど飲み続けました。すると薬の副作用で母乳が出るようになりました。それを先生に言うと「薬同士の相性が悪かったんですね」と睡眠導入剤を止めました。

カウンセリングの方はテスト結果の説明もなく「毎日何をしているのか?」「それは集中できるのか?」などカウンセリングと言うよりはなんだか尋問のような感じがして結局、病院に行かなくなりました。

 今は復学しているのですが、不登校になった時と同じ感じが今も続いています。ネットで新しい病院なども探しているのですが、学校で「とても良い先生だから」と言われて行った病院が信用できなかったせいか、違うところへ行っても同じなのではと思えて行っていません。

 出来れば医者なのにかからず治したいのですが、こちらのサイトに書いてある方法はそれだけを試しても治るものなのでしょうか?


管理人より:

> 出来れば医者なのにかからず治したいのですがこちらのサイトに書いて
>ある方法はそれだけを試しても治るものなのでしょうか?

人によります。この方法で確実に治ると断言することは出来ません。治らないこともあります。
逆に言えば治癒率100%の治療法というのは投薬・カウンセリング含めこの世に存在しない訳でして、「治る」と宣伝するのは詐欺でしかあり得ません。

…と前置きした上でお返事します。

このサイトの方法だけで治るかどうかで言えば、「可能性はある」というお答えになります。
逆に薬だけで全快する確率は最大 21%です。
理由は「うつ病講座:統計・データ集」「薬が効く率70%」 x 「再発しない率30%」です。

あなたがかかった医者を学校が「良い医者」と言ったのがどういう根拠によるものかは分かりませんが、伺う範囲では確かに「腕の方は褒められない医者」のようですね。
うつの谷(ど真ん中)の時にカウンセリングするというのもよく分かりませんし(悪化することがあるので)、母乳が出るのはおそらくドグマチールの副作用かと思いますが、それは飲み合わせから来るものではありません。
カウンセリングもピンからキリまであり、中には「とにかく患者にしゃべらせれば良い」という程度にしか考えていない人もいます。

「良い医者」というのは患者の詳しさやニーズによって基準が変わるので、「どの患者にとっても良い医者」というのはあり得ません。
例えば何も分からない患者にとっては「独断で最善と思われる手段を使う」のが良い医者ですし、慣れていて詳しい患者にとっては「患者の希望を優先する」のが良い医者です。
せっぱ詰まっている患者には慎重派の医者は合わないでしょう。

とりあえずうつ病であることが分かったら、薬を続けるかどうかは患者の自由です。薬は絶対に嫌という人は無理に薬を飲む必要はないと思います。
薬が体に合えば症状は軽くなって闘病が楽になりますが、お話を聞く限りでは薬が効かない体質のようですし、無理にお勧めはしません。

人は遺伝によって薬物代謝酵素の働きその他が異なり、同じ薬を飲んでも血中濃度が10倍も違うことがあり得ます。
「遺伝子などによって薬の血中濃度は10倍も変わる」

試してみる価値はあると思いますが、絶対治るとは言えません。
薬は必須ではありませんが、効く体質なら飲んだ方が絶対に得をします。
というのがお答えになります。



 

うつ病ドリル管理人のうつ病実体験から選びに選んだ、
世界最高品質レベルのサプリメントは ■サプリコーナー

うつ病のみなさんと共に選んだ、 ここでしか買えないお役立ち商品! ■商品一覧

うつ病、うつの症状・治療 うつ病、うつの診断・チェック うつ病、うつの回復マニュアル

うつ病の症状と
似ている病気

統計・データを使ったうつ病講座。

うつ病診断 x4

医者も使っている国際基準のチェックリストが3つ+1つあります。

回復マニュアル

すぐ使えて根本的なノウハウをまとめてあります。

( → この記事を引用・転載するには?

  | 2005年06月18日 17:53  | この記事のアドレス URL  |

似ている記事

■外出や趣味に踏み出せない
■家族はうつ病の治療に不可欠?
■勉強と対人関係のストレスだけで高校生がうつ病になり得る?
■いつまで通院?こだわりが治るまで?
■大豆以外のプロテインはどれが良い?
■セカンドオピニオンを受けたい(薬が多すぎる)
■アメリカで受診したい(英語ができない)
■イライラに良いサプリは?
■カウンセリングは絶対必要?
■衝動的に薬を飲み過ぎる(オーバードーズする)心理とは?
■旅はうつ病に悪いか?
■プロテインによる腸のガスを消す方法
■どうしても気力が出ないまま闘病が長引いている
■抗うつ剤(SSRI)は依存せず止められるのか?
■国民年金は障害者手帳があれば免除されるのか?
■本人が医者に行きたがらない
■薬を飲まずに再発した母の次の再発を防ぐには
■全身の筋肉がピクピクする

続きは → コーナー全記事リスト




■うつ病の深い情報はメルマガで
この記事は気に入って頂けましたか? もっと深ーいうつ病情報は、当サイトのメール会報(メールマガジン)に登録された方にだけお送りしております。
うつ病の本の新刊や、うつ病用ツールの新製品などのプレゼントも行っています。

日本で発行されているうつ病のメールマガジンでは読者数1位です。
読者登録は無料です → もっと詳しく&バックナンバー
メルマガ購読・解除 ID: 135145
うつ病ドリル 〜メキメキ治った!実践法〜
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ



トラックバック絶賛受付中!

このエントリーのトラックバックURL:
http://u-drill.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/578