「医療心理師」と「臨床心理士」、さらに分かりにくく

ほぼ同じ内容で別々の省庁から生まれようとしていたメンタルケアの国家資格、「医療心理師」と「臨床心理士」。この度「法案を一本化」というニュースがあったので「資格が1つに統合されるのか」と思ったら、なんと「1つの法案で2つの資格を成立させよう。その2つの資格は重複部分も作ろう」という、以前よりダメな方向になりました。


原文

原文の日本語が難しいので整理します。

・以前は民間資格の「臨床心理技術者」が現場で働いていた。
(文部科学省管轄)

・今年2月、国家資格の「医療心理師」創設の検討が厚労族議員によりスタート。
(厚生労働省管轄の予定)

・4月、国家資格「臨床心理士」創設の検討が文教族によりスタート。
(文部科学省管轄の予定)


・この時点で、
   ・医療心理師(厚生労働省):医療分野だけでしか働けない
   ・臨床心理士(文部科学省):医療分野以外でしか働けない(学校とか企業とかでは働ける)

・7月、上記2つの資格を1つの法案「臨床心理士及び医療心理師法案」で創設しようという動き。各資格のカバー範囲が変わり、重複部分が作られた。


・この時点で、
   ・医療心理師(厚生労働省):医療分野だけでしか働けない
   ・臨床心理士(文部科学省):どこでも働ける(医療分野、学校、企業… など)


管理人より:

何が問題かと言うと、この2つの資格が医療現場で入り乱れれば当然混乱と縄張り争い、コストの上昇が付いてくるわけで、現場も患者もいい迷惑なわけです。

そもそもこの争いは

  ・既得権益ダ・イ・ス・キな文部科学省
  ・本来、医療はうちの縄張りだろう(だから利益をよこせ)という厚生労働省

という素敵な構図となっており、受験する側のことととかサービスを受ける国民のこととかはとりあえず高い棚の上に置いてあります。

こういうの経営用語でなんて言うんだっけ。
あ、そうだ。「お家騒動」だ。

今みたいに「何の資格も(民間資格さえ)持っていないカウンセラーが1時間1万円で相談を受けている」みたいな状態からは進歩ですが、ツメが今一歩。

まぁ法案練ってるのは民間と違う論理で動いている人たちですから、市場原理とかは当然通用しないわけです。その辺は暖かく見守ってあげましょう。

今回の国家資格がスタートしてから5年くらいで何か見直しが入って、やっと良い方向に転がり始める予感がします。



 

うつ病ドリル管理人のうつ病実体験から選びに選んだ、
世界最高品質レベルのサプリメントは ■サプリコーナー

うつ病のみなさんと共に選んだ、 ここでしか買えないお役立ち商品! ■商品一覧

うつ病、うつの症状・治療 うつ病、うつの診断・チェック うつ病、うつの回復マニュアル

うつ病の症状と
似ている病気

統計・データを使ったうつ病講座。

うつ病診断 x4

医者も使っている国際基準のチェックリストが3つ+1つあります。

回復マニュアル

すぐ使えて根本的なノウハウをまとめてあります。

( → この記事を引用・転載するには?

  | 2005年07月06日 11:30  | この記事のアドレス URL  |

似ている記事

■日本うつ病学会治療ガイドライン II.大うつ病性障害 が発表されました
■【告知】うつからの就職活動セミナー
■【告知】“うつ”復職支援フォーラム
■「うつ病の頭と体が気持ちよーく楽になるお茶会」
■1名無料ご招待「うつ病の頭と体が気持ちよーく楽になるお茶会(まだ仮称)」
■うつ病のリスクを減らす食生活はコレ!
■精神疾患と肥満、どちらが先?
■自殺予防週間、各県の取り組み
■続々と開発される血液検査でのうつ病診断
■ネットで認知行動療法
■職場にうつ病を打ち明けるか? アンケート結果
■告知「脳と栄養のシンポジウム」
■抗うつ薬、最近の動き
■血液検査でうつ病診断
■遺伝子で決まる? 不眠・うつ・プラス思考の傾向
■SSRIで攻撃性が増す?
■パパのメンタルヘルスは息子の将来を決める!?
■平成20年の自殺者統計発表

続きは → コーナー全記事リスト




■うつ病の深い情報はメルマガで
この記事は気に入って頂けましたか? もっと深ーいうつ病情報は、当サイトのメール会報(メールマガジン)に登録された方にだけお送りしております。
うつ病の本の新刊や、うつ病用ツールの新製品などのプレゼントも行っています。

日本で発行されているうつ病のメールマガジンでは読者数1位です。
読者登録は無料です → もっと詳しく&バックナンバー
メルマガ購読・解除 ID: 135145
うつ病ドリル 〜メキメキ治った!実践法〜
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ



トラックバック絶賛受付中!

このエントリーのトラックバックURL:
http://u-drill.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/525


サイト名「こころ」
記事名「星に願いを
宇宙には 「良い」状況も「悪い」状況もないと、 まず第一に理解しなさい。 すべてはあるがままにすぎない。 第二に、すべての状況は一時的だ。 そして、 それがどち... 2005年07月06日 21:00