「やりたいことをやれ」と言われる

自律神経失調症で鬱状態ですと診断されて3年が経過します。
3年飲んでいた薬もちっともよくならず薬なして治療しようと決心しました。
1ヶ月少し前から会社を休職していて治療に専念しています。
3ヶ月休職の診断をもらっていて、8月の最終週くらいまでです。

実家に帰省し薬をやめてこのサイトのサプリメントと催眠療法を4週間くらい試しました。

少し回復してきたかと思い、自分の家に帰り彼女とまた生活を始めたんですが、いらいらすることが多くてケンカもして、体調も悪化してきています。
彼女は自分の好きなこと、やりたいことを見失っているから病気が治らないんだという感じのことをいいます。
自分も一つの原因だとは思っています。なのでいろいろ試そうとしていますが、何か少しやり始めていいと思っていたら次の日には気分の落ち込みもひどかったりして、現実と将来を見失ってしまいそうです。

ここ数日体調が悪くなってきたので、昨日病院へ行き、やめていた抗うつ剤を処方されました。
(以前3年間ルボックス75mg、1ヶ月やめていたのを昨日からデプロメール100mgにしました)
一度やめていたのと増量で後戻りの感覚があって気持ちも落ち込んでいます。

デプロメールを1日50mg×2回=100mg飲んでいて、副作用なのか気分的に苦しいのと体と頭が重いんですが、この量でも問題ないんでしょうか?
これに体が慣れて今後やめれなくならないか心配です。
もう少しゆるいのを使った方がいいのかとか思ってしまいます。


管理人より:

> 彼女は自分の好きなこと、やりたいことを見失っているから病気が治らないんだ
> という感じのことをいいます。自分も一つの原因だとは思っています。

これはきっかけであり、症状の進んだ現在では当てはまらないと思います。

確かに先行き不安や閉塞感がうつ病のスタートになることはありますが、それがしばらく経ってうつ病として固定するところまで来ると、あとは脳が自動的に不安や焦りを生産するようになります。
あるしきい値以上の興奮が続くと、脳の中の扁桃体という部分の興奮を抑えるメカニズムが疲労してしまい、あとは扁桃体がずっと興奮し続けます。なぜ扁桃体が疲れずに興奮し続けることができるのかは解明されていません。

ですので、今からやりたいことを見つけても直接的なうつ病の回復にはつながりません。しかも脳が機能していない時にそういった思考トレーニングをしようとしても考えが鈍いために失敗率が高く、また過労の脳をさらに動かすことで脳の傷みが加速してしまいます。

まずはうつ状態からの回復、つまり脳の修理をするのが先です。
認知療法や「やりたいこと探し」などの思考トレーニングはうつ病予防と再発防止の手段とお考え下さい。
認知療法の本にも「うつ病真っ最中の場合は行わないこと」という注意書きがあるはずです。

将来のことを考えるのはまだ早いです。「将来設計をすればうつ病が治る」というのは、「マラソンすれば過労が治る」くらい無理な相談です。
うつ病は脳の過労なので、その状態で将来を考えても正しい結果は思い浮かびませんよ。

それよりも、当面の悪化要因は

> 少し回復してきたかと思い、自分の家に帰り彼女とまた生活を始めたんですが
> いらいらすることが多くケンカもして、体調も悪化してきています。

こっちです。
相手に理解してもらってから再び距離を置くようにしてみてはいかがでしょう。
状況からして、おそらくうつの患者への接し方を理解してもらえることはないでしょう。別に優しくいたわってもらわなくても「理解ある無視」をしてもらうだけで良いのですが、それがかなわないなら距離を置いて下さい。
くれぐれも理解してもらおうと努力しないで下さい。誰もがうつに対してベストな対応が出来る訳ではないのです。

> 3ヶ月休職の診断をもらっていて、8月の最終週くらいまでです。

あせれば失敗します。「3ヶ月経って治っていなければ休職を延長する。それでもダメなら復職の約束を取り付けてから離職し、しばらく失業保険で暮らす」という安全策を考えに入れたうえで、決してスケジュール優先で考えないようにして下さい。

「治らなければ延長する」が基本です。働きながら薬を飲んでも治らず今があるのですから、治らないまま復職しても「働いているうちに治る」ことはありません。

8月末復帰を前提とすると、7月末にうつ病が軽快し、残り1ヶ月で思考トレーニング(やりたいこと探し&認知療法)ということになります(再発予防1ヶ月というのはかなり急いだ&順調に行った場合です)。

では、

・悪化要因(彼女)を遠ざける
・薬で症状を抑える
・サプリと運動、その他あらゆる方法で生活改善

で様子を見て、7月末の時点で(といってもあと2週しかないですが)症状が改善していなければ、会社に休職延長を相談してみてはいかがでしょう。
8月末ギリギリまで粘ると再発予防期間がありませんし、寸前になって「復職できません」と報告しても会社側が困ってしまいます。

> デプロメールを1日50mg×2回=100mg飲んでいて、副作用なのか
> 気分的に苦しいのと体と頭が重いんですが、この量でも問題ないんでしょうか?

副作用の件は医師に相談して下さい。電話で聞けば教えてくれます。
医師が減らして良いと言ったら減らして下さい。

この薬は、スタート時は1日25mg x 2回、慣れてくれば最大1日150mgまで増量します。
現時点での 100mg はその意味で「通常の範囲内」なのですが、スタート時点でいきなり 100mg (通常の倍)からスタートしているために副作用が強いのだと思います。
この手の薬 (SSRI) は最初の1〜2週は効果がなく副作用だけが出るので、最初は少量から始めるのが基本なのです。

> これに体が慣れて今後やめれなくならないか心配です。

止められないことはないです。もし止められないとすれば、薬で症状が止まっている間に根本的な対処をしないまま放置してしまい、薬がないと症状がおさまらない場合です(いわゆる「薬に頼る」悪い使い方)。

しっかり対処して根本的に回復してさえいれば、薬は徐々に減らしていけば苦しまずに止められます(数ヶ月かかります)。



 

うつ病ドリル管理人のうつ病実体験から選びに選んだ、
世界最高品質レベルのサプリメントは ■サプリコーナー

うつ病のみなさんと共に選んだ、 ここでしか買えないお役立ち商品! ■商品一覧

うつ病、うつの症状・治療 うつ病、うつの診断・チェック うつ病、うつの回復マニュアル

うつ病の症状と
似ている病気

統計・データを使ったうつ病講座。

うつ病診断 x4

医者も使っている国際基準のチェックリストが3つ+1つあります。

回復マニュアル

すぐ使えて根本的なノウハウをまとめてあります。

( → この記事を引用・転載するには?

  | 2005年07月13日 23:16  | この記事のアドレス URL  |

似ている記事

■外出や趣味に踏み出せない
■家族はうつ病の治療に不可欠?
■勉強と対人関係のストレスだけで高校生がうつ病になり得る?
■いつまで通院?こだわりが治るまで?
■大豆以外のプロテインはどれが良い?
■セカンドオピニオンを受けたい(薬が多すぎる)
■アメリカで受診したい(英語ができない)
■イライラに良いサプリは?
■カウンセリングは絶対必要?
■衝動的に薬を飲み過ぎる(オーバードーズする)心理とは?
■旅はうつ病に悪いか?
■プロテインによる腸のガスを消す方法
■どうしても気力が出ないまま闘病が長引いている
■抗うつ剤(SSRI)は依存せず止められるのか?
■国民年金は障害者手帳があれば免除されるのか?
■本人が医者に行きたがらない
■薬を飲まずに再発した母の次の再発を防ぐには
■全身の筋肉がピクピクする

続きは → コーナー全記事リスト




■うつ病の深い情報はメルマガで
この記事は気に入って頂けましたか? もっと深ーいうつ病情報は、当サイトのメール会報(メールマガジン)に登録された方にだけお送りしております。
うつ病の本の新刊や、うつ病用ツールの新製品などのプレゼントも行っています。

日本で発行されているうつ病のメールマガジンでは読者数1位です。
読者登録は無料です → もっと詳しく&バックナンバー
メルマガ購読・解除 ID: 135145
うつ病ドリル 〜メキメキ治った!実践法〜
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ



トラックバック絶賛受付中!

このエントリーのトラックバックURL:
http://u-drill.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/555