アメリカ健康ニュース源

こんにちは。うつ病ドリルです。
サイト表紙のうつ病ニュースは(わりと)毎日更新中です。
http://u-drill.jp/

またもやごぶさしぶりになってしまったうつドリメルマガ、今回はうつ病メルマガ
「精神科デビュー! うつ病ライフ」のご紹介からスタートです。

最近のストレスの多い社会で急増中のうつ病に関するメルマガを1つ紹介します。

「精神科デビュー! うつ病ライフ」

驚くべき事実です。なんと5人に1人がうつ病患者もしくはその予備軍なのです。
憂うつだけがうつ病ではありません。
不定愁訴といって、胃が痛いのに検査しても正常ですといわれてしまうような場
合です。
もしかしたらあなたも予備軍かもしれません。
筆者のうつ病体験が、あなたの役に立ちます。

http://www.mag2.com/m/0000146448.htm

----------目次:---------------------------------------------------------------

●管理人のブックマーク「アメリカ健康ニュース源」
●今週の相談「やりたいことをやれと言われています」
●今週の回復報告 タカアキさん

●今週の更新「お手頃サプリ&高級サプリを掲載しました」
●今週の更新「うつ病イベント参加レポート掲載」
●編集後記

-------------------------------------------------------------------------------

●管理人のブックマーク「アメリカ健康ニュース源」

今回は軽めの話題ということで、アメリカの健康事情を知るためのサイトです。


NIKKEI NET いきいき健康
http://health.nikkei.co.jp/hsn/news.cfm

アメリカの Health Day というサイトの日本語訳を日経が流しています。
毎週2つの記事が載っており、うつ病に限らず健康関連の話題いろいろです。

例えば

記事「新米パパにも産後うつ病」
http://health.nikkei.co.jp/hsn/news.cfm?i=20050701hj000hj

→父親が出産を契機にうつ病になると子供の発達にも影響するということで、
タイトルとは微妙にずれた話題。
ちなみに男性の産後うつ病は、女性の産後うつ病とは違ってホルモンバランスが
起因ではない模様(当たり前)。


記事「IQの高い人が晩年幸福であるとは限らない」
http://health.nikkei.co.jp/hsn/news.cfm?i=20050721hj001hj

→同じ人に11才の時と79才の時にIQテストを受けてもらい、さらに「人生の
満足度」テストを受けてもらったところ、IQと幸福度にはあんまり関係がなかった
とのこと。
IQが高いと気づかなくて良いことまで気づいてしまって幸福感を感じにくいという
説があり、何より決定的なのは「寝たきりでなく健康に生きているか」だそうです。
ちなみにこの記事が載ったのは権威ある英国医師会誌「BMJ」。おちゃめです。


2つ目のサイト(ページ)は「健康&サプリメントひろば」の中の
「〜サプリメント消費大国アメリカ〜」コーナーです。
http://www.kenko-hiroba.com/supli/arekore1.htm

→このページは定期的に更新されるタイプのページではなく静的な(置きっぱなしの)
ページです。
アメリカの健康に対する考えをざっと把握するために良くまとまっている記事です。
アメリカ人が自分の健康にどれだけ積極的かが分かります。

ちなみに「アメリカのサプリは厳しい競争があるから危険なサプリがない」というのは
ウソですから。よくサプリ業者がそういうこと言って売り込んでますけど。
アメリカのサプリでも製造事故があって危険な成分が混じったり、従来は安全と言われて
いた原料の危険性が後から分かって原料の切り替えが行われたりということはあります。
最近ではBSEのために牛から抽出した成分が使われなくなりました(つまり以前はあった)。

まぁ日本や中国みたいに悪質な業者というのは確かにアメリカのメーカーでは聞かないです。
中国は医薬成分勝手に入れるし、日本は毒入れたり有効成分入れなかったりで
しょっちゅう逮捕者でてますしね…
厚生労働省のサイトに「最近見つけた悪質サプリ」という記事がよく掲載されています。
例えば死者も出た「天天素」というダイエット食品とか。
http://www.mhlw.go.jp/kinkyu/diet/jirei/050527-1.html


最後のサイトは「 iherb top100 」
http://www.iherb.com/top.html

→カリフォルニアにあるサプリ通販会社の売上ベスト 100です。毎月更新。
アメリカで人気のあるサプリを見れば、アメリカ人が健康のうちどの部分を
気にしているかが分かります。

今のところ1位はオメガ3(うつ病ドリルでも紹介しているものです)。
他に抗酸化物質(コエンザイムとかαリポ酸とか)が人気みたいですね。
カルニチンも上位に入っています。
このランキングから分かるのは、ズバリ「抗酸化」ですね。

10位に 5-HTP(セロトニンの材料。トリプトファンよりもセロトニンに近い)が
入っているところを見ると、やはりメンタルの悩みは多そうです。
世界保健機関(WHO)によれば「うつ病が2020年までに早死に要因の2位になる」
そうですし…

ちなみに日本の今の流行は寒天。寒天ダイエット流行ってるからね…
↓ケンコーコムのランキング
http://www.kenko.com/product/rank/top30/ranktop_01.html

さてさて、来週のこのコーナーは「プロっぽいメンタルヘルスサイト」をご紹介します。
医者やメンタルヘルス専門職が見ているようなサイトです。
普段触れない情報から、うつ病回復の新しいヒントが見つかります。

----------

●今週の相談「やりたいことをやれと言われています」

Q

自律神経失調症で鬱状態ですと診断されて3年が経過します。
3年飲んでいた薬もちっともよくならず薬なして治療しようと決心しました。
1ヶ月少し前から会社を休職していて治療に専念しています。
3ヶ月休職の診断をもらっていて、8月の最終週くらいまでです。

実家に帰省し薬をやめてこのサイトのサプリメントと催眠療法を4週間くらい
試しました。

少し回復してきたかと思い、自分の家に帰り彼女とまた生活を始めたんですが
いらいらすることが多くケンカもして、体調も悪化してきています。
彼女は自分の好きなこと、やりたいことを見失っているから病気が治らないんだという
感じのことをいいます。自分も一つの原因だとは思っています。なのでいろいろ試そうと
していますが、何か少しやり始めていいと思っていたら次の日には気分の落ち込みも
ひどかったりして、現実と将来を見失ってしまいそうです。

ここ数日体調が悪くなってきたので、昨日病院へ行き、やめていた抗うつ剤を
処方されました。
(以前3年間ルボックス75mg、1ヶ月やめていたのを昨日からデプロメール
100mgにしました)
一度やめていたのと増量で後戻りの感覚があって気持ちも落ち込んでいます。

デプロメールを1日50mg×2回=100mg飲んでいて、副作用なのか
気分的に苦しいのと体と頭が重いんですが、この量でも問題ないんでしょうか?
これに体が慣れて今後やめれなくならないか心配です。
もう少しゆるいのを使った方がいいのかとか思ってしまいます。

---

A

> 彼女は自分の好きなこと、やりたいことを見失っているから病気が治らないんだ
> という感じのことをいいます。自分も一つの原因だとは思っています。

これはきっかけではあっても現在は当てはまらないと思います。
確かに先行き不安や閉塞感がうつ病のスタートになることはありますが、それが
しばらく経ってうつ病として固定するところまで来ると、あとは脳が自動的に不
安や焦りを生産するようになります(あるしきい値以上の興奮が続くと、脳の中
の扁桃体という部分の興奮を抑えるメカニズムが疲労してしまい、あとは扁桃体
がずっと興奮し続けます。なぜ扁桃体が疲れずに興奮し続けることができるのか
は解明されていません)。

ですので、今からやりたいことを見つけても直接的なうつ病の回復にはつながり
ません。しかも脳が機能していない時にそういった思考トレーニングをしようと
しても考えが鈍いために失敗率が高く、また過労の脳をさらに動かすことで脳の
傷みが加速してしまいます。

まずはうつ状態からの回復、つまり根本的な修理をするのが先です。
認知療法や「やりたいこと探し」などの思考トレーニングはうつ病予防と再発防
止のための手段とお考え下さい。認知療法の本にも「うつ病真っ最中の場合は行
わないこと」という注意書きがあるはずです。

将来のことを考えるのはまだ早いです。「将来設計すればうつが治る」という
のは、「マラソンすれば過労が治る」くらい無理な相談です。
うつは脳の過労なので、その状態で将来を考えても正しい結果は思い浮かびませ
んよ。

それよりも、当面の悪化要因は

> 少し回復してきたかと思い、自分の家に帰り彼女とまた生活を始めたんですが
> いらいらすることが多くケンカもして、体調も悪化してきています。

こっちです。
相手に理解してもらってから再び距離を置くようにしてみてはいかがでしょう。
状況からして、おそらくうつの患者への接し方を理解してもらえることはない
でしょう。別に優しくいたわってもらわなくても「理解ある無視」をして
もらうだけで良いのですが、それがかなわないなら距離を置いて下さい。
くれぐれも理解してもらおうと努力しないで下さい。誰もがうつに対して
ベストな対応が出来る訳ではないのです。

> 3ヶ月休職の診断をもらっていて、8月の最終週くらいまでです。

あせれば失敗します。「3ヶ月経って治っていなければ休職を延長する。
それでもダメなら復職の約束を取り付けてから離職し、しばらく失業保険
で暮らす」という安全策を考えに入れたうえで、決してスケジュール優先で
考えないようにして下さい。

「治らなければ延長する」が基本です。働きながら薬を飲んでも治らず
今があるのですから、治らないまま復職しても「働いているうちに治る」
ことはありません。

8月末復帰を前提とすると、7月末にうつ病が軽快し、残り1ヶ月で
思考トレーニング(やりたいこと探し&認知療法)ということになります
(再発予防1ヶ月というのはかなり急いだ&順調に行った場合です)。

では、

・悪化要因(彼女)を遠ざける
・薬で症状を抑える
・サプリと運動、その他あらゆる方法で生活改善

で様子を見て、7月末の時点で(といってもあと2週しかないですが)
症状が改善していなければ、会社に休職延長を相談してみてはいかがでしょう。
8月末ギリギリまで粘ると再発予防期間がありませんし、寸前になって復職
できませんと報告しても会社側が困ってしまいます。

> デプロメールを1日50mg×2回=100mg飲んでいて、副作用なのか
> 気分的に苦しいのと体と頭が重いんですが、この量でも問題ないんでしょうか?

副作用の件は医師に相談して下さい。電話で聞けば教えてくれます。
医師が減らして良いと言ったら減らして下さい。

この薬は、スタート時は1日25mg x 2回、慣れてくれば最大1日150mgまで増量します。
現時点での 100mg はその意味で「通常の範囲内」なのですが、スタート時点で
いきなり 100mg (通常の倍)からスタートしているために副作用が強いのだと思います。
この手の薬 (SSRI) は最初の1〜2週は効果がなく副作用だけが出るので、
最初は少量から始めるのが基本なのです。

> これに体が慣れて今後やめれなくならないか心配です。

止められないことはないです。もし止められないとすれば、薬で症状が
治まっている間に根本的な対処をしないまま放置してしまい、薬がないと
症状がおさまらない場合です(いわゆる「薬に頼る」悪い使い方)。

しっかり対処して根本的に回復してさえいれば、薬は徐々に減らしていけば
苦しまずに止められます(数ヶ月かかります)。

----------

●今週の回復報告 タカアキさん

うつ病ドリルを続けて三ヶ月、あきらかに気分も症状も良くなり、ほとんど発症前と
変わらぬ状態で毎日を過ごせるようになりました。
毎日、学校にも通学できるようになり、彼女とも友達とも楽しくお腹の底から笑える
日々が続いています。
これもうつ病ドリルのおかげだと思っています。
本当にありがとうございました。

それ以来、「脳」に興味を持ち、少しではありますが、気分の良いときに本を読み、
調べて、このサイトが間違っていないということが、医学的に理解し、それも
うつ病ドリルを信じて続ける力になりました。
脳にとって栄養が、これほどまでに必要であるということを学びました。
自発的な欲も出て、毎日が楽しく、「うつ」のころが信じられないくらいです。
これからは、今まで以上にがんばらないように、毎日を過ごしていこうと思っています。
自分もまだ治療中の身ですが、このコメントが他の闘病の皆様の「チカラ」、「支え」に
なればと思い書き込ましてもらいます。

思えば、四ヶ月ほど前の私は、まさに「世界のどん底」にいる状態で自分より不幸な人は
いないと信じ込み、思考能力は全く無く、あいさつさえもできないほどに沈み込み、
自分が自分では無いような世界にいるようで、まるで別人、廃人のようでした。
もう自分は治らないんだ。
と、完全に人生をあきらめていました。
それが今こうして豊かな感情があることが、嬉しくてしかたがありません。
「人生はなにがおこるかわからない」
これが僕がうつ病から学んだことです。
これから生きるうえで強い力になることは間違いないと思っています。

うつ病ドリルを実践している皆さん。
大丈夫です。
必ず治ります。
少しずつでいいんです。
確実に良くなっています。
なにもあせることはないと思います。
今まで頑張ってきたのだから、今は休んでいいと思います。
目いっぱい休んでください。
もう少し、一緒に歩んで生きましょう。

最後におすすめの文献です。
「奇跡の脳をつくる食事とサプリメント」
これは、うつ病ドリルを続けるきっかけを作ってくれた本だと思っています。

「脳内革命」
10年ほど前の本ですが、プラス思考が生む体への影響を書いた本です。
自分がだんだん調子良くなってきたなと思ったときに読んでほしいです。

----------

●今週の更新「お手頃サプリ&高級サプリを掲載しました」

サプリコーナーで激安ギンコとか高級ビタミン剤を拡充しました。
http://u-drill.jp/shop_supplement.php

以前からよく頂く「もっと安いものは?」「他のビタミン剤は?」
にお答えしてみました。
実は他にもいくつか見つけることはあるのですが、あっという間に取り扱いが
なくなってリンクが切れることが多いので、あまり常設コーナーに載せて置けないの
です。

特にビタミン剤の「ライフエクステンション mix」は、以前は日本で売っていたのに
今年になってどこも売らなくなり、たまにどこかの店が3万円とか5万円とかの
ボッタクリ価格で売りに出したかと思うと、すぐに入荷が止まる希少品です。
http://www.vita9.com/index.php?main_page=product_info&cPath=4&products_id=5

●今週の更新「うつ病イベント参加レポート掲載」

うつ病ドリル shop の売り上げを投じて、うつ病イベントに参加して来ました。

以下の2つの団体がそれぞれイベントを行ったので、その参加レポートを書きました。
  ・東京都精神医学総合研究所
  ・日本うつ病学会

コラムのコーナーに載せてあります。
http://u-drill.jp/column.php

写真がたくさんありますので見やすいと思います。

※うつ病学会の方はまだ途中です。あと2回に分けて掲載します。

----------

●編集後記

コーラのペットボトルにそばつゆ入れんな。

あと、google で「うつ病」を検索した結果の8位まで上がって来ました。

---------------------------------------
このメルマガの購読解除はこちら
http://www.mag2.com/m/0000135145.html

相談窓口(匿名OK!)
http://www13.ocn.ne.jp/~read_me/utu/form_mail.html

うつ病ドリル
http://u-drill.jp/



 

うつ病ドリル管理人のうつ病実体験から選びに選んだ、
世界最高品質レベルのサプリメントは ■サプリコーナー

うつ病のみなさんと共に選んだ、 ここでしか買えないお役立ち商品! ■商品一覧

うつ病、うつの症状・治療 うつ病、うつの診断・チェック うつ病、うつの回復マニュアル

うつ病の症状と
似ている病気

統計・データを使ったうつ病講座。

うつ病診断 x4

医者も使っている国際基準のチェックリストが3つ+1つあります。

回復マニュアル

すぐ使えて根本的なノウハウをまとめてあります。

( → この記事を引用・転載するには?

  | 2005年08月02日 11:37  | この記事のアドレス URL  |

似ている記事

■新商品「テニスボール健康法」発売!
■突然ですが、商品モニター募集です
■お茶会一般募集開始&新商品「気分が落ち着くペンダント型リラックスグッズ」
■突然ですが、お茶会プレゼントです
■うつ病対策が身につく会(仮称)を開催します
■今回も長くて盛り沢山
■うつ病の方へ、年末年始のメッセージ
■やっぱり今回も盛りだくさん
■(号外)今日くらいは
■当選者発表 その1
■早速ですが、プレゼントです
■講演プレゼント当選者発表
■当選者発表&今回も新プレゼント
■みんなのお便り&プレゼント当選者 その2(全3回)
■みんなのお便り&プレゼント当選者 その1(全3回)
■TVのうつ病番組とか本プレゼントとか色々
■SSRI で攻撃性が上がる話
■NHK より取材協力のお願い

続きは → コーナー全記事リスト




■うつ病の深い情報はメルマガで
この記事は気に入って頂けましたか? もっと深ーいうつ病情報は、当サイトのメール会報(メールマガジン)に登録された方にだけお送りしております。
うつ病の本の新刊や、うつ病用ツールの新製品などのプレゼントも行っています。

日本で発行されているうつ病のメールマガジンでは読者数1位です。
読者登録は無料です → もっと詳しく&バックナンバー
メルマガ購読・解除 ID: 135145
うつ病ドリル 〜メキメキ治った!実践法〜
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ



トラックバック絶賛受付中!

このエントリーのトラックバックURL:
http://u-drill.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/557