プロっぽいメンタルヘルス情報源

メルマガ バックナンバー

こんにちは。うつ病ドリルです。
サイト表紙のうつ病ニュースは、(わりと)毎日更新中です。
http://u-drill.jp/

すごく久々になってしまいました。
(いいわけ略)
この間さぼっていた訳ではなく、サイトのリニューアルと相談メール返答でそれなりにそれなりな日々を過ごしていたのです。

今までは目に見えない部分の拡充がメインだったのですが、それも一段落しましたので今後はサイト拡充が目に見えて進むと思います。

というわけで今回も情報満載、特濃でお送りします。

----------目次:---------------------------------------------------------------

●管理人のブックマーク 「プロっぽいメンタルヘルス情報源」
●相談         「医者のサプリが8万円?」
●掲示板から      「脳の疲れの一部は、カルシウムと酸素」
●回復報告        R.S.さん 2回目

●うつ病ドリル shop ニュース 「クレジットカードはじめました」
●今週の更新 イベントレポート:
            「うつ病の分子生物学 −新しい治療薬の開発を目指して−」
●編集後記:ただいま実験中…「αリポ酸で脳が疲れなくなるかも?」

-------------------------------------------------------------------------------

●管理人のブックマーク 「プロっぽいメンタルヘルス情報源」

医者やメンタルヘルス専門職が見ているようなサイトです。
普段触れない情報から、うつ病回復の新しいヒントが見つかります。

○3Bサイエンティフィック メールマガジン
→無料。日刊の「毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース」と、月刊の「著名な先生のコラム」が届きます。
登録は http://www.3bs.jp/ のページのほぼ中央あたり。

内容は軽め。いろんな新聞や雑誌に載った健康ニュースや健康関連のTV番組とか。
ちなみに発行元はドイツの人体模型・医学教材メーカーの3B(スリービー)社。
この会社のグッズ販売コーナーがメチャメチャ面白い。

腰椎型マグカップ
http://www.3bs.jp/goods/anacomic/w40048.htm

大腿骨ペンスタンド
http://www.3bs.jp/goods/anacomic/a90.htm

X線画像ポスター
http://www.3bs.jp/goods/poster/index.htm

○東京都精神医学総合研究所の中の会報コーナー
http://www.prit.go.jp/Ja/News/index.html

ここはすごいです。多分メンタル向けのニュース源としては第一級。
一般向けに最新の研究成果を啓蒙している財団です。
情報はすごいのに悲しくもPRが下手なのでほとんど知られていません。
例えば会報を html でなく PDF で載っけちゃうあたりが分かってない感じ。

うつ病公開講座をやっている団体でもあります。
http://www.prit.go.jp/Ja/Outline/tomin.html

○吉川医薬経済レポート(メールマガジン)
→無料。医者向け&製薬メーカー向け情報。外国の医療事情とか新薬発売ニュースとか。
医療専門家向けなのでうつ病の治し方とかは載ってないですが、日々読んで周辺情報をちょっとずつ集めるための情報源です。

登録はココ→http://www.mag2.com/m/0000104198.html
バックナンバー全部読めます→http://blog.mag2.com/m/log/0000104198

○m3.com
http://www.m3.com/index.jsp
モロに医者向けポータル。ニュース源としては結構役に立つサイト。
ある意味 Yahoo 医療版。要会員登録。
会員登録は無料ですが、医療っぽい仕事をやっている人限定だそうです。
医学ニュースが分野ごとに分けられており、精神医学カテゴリもあります。

○SUNMEDIA 国内医学雑誌 特集記事ヘッドライン
http://www.sunmedia.co.jp/headline/headindex.html
医学系の雑誌に載った特集記事の見出し一覧です。中身は一切見られません。
ここで気に入った特集が載っている雑誌名をメモしておいて、大学の図書館や国立国会図書館などで雑誌の実物を読むという流れです。

次回のこのコーナーは、たぶん引き続き上級者向け情報源特集です。

----------------------------------------------------------------------
メルマガ「医者もたまげた!?脳内麻薬の除去方法」

●なぜドン底人生から復活できたのか?
パニック障害・うつ病・ADHD。実体験から得た、発作の対処方法・
 脱出方法・心の葛藤を伝授。
 あなたは、もう治癒への遠回りをしなくてもいいのです。

ご登録はこちら→ http://www.mag2.com/m/0000147964.htm
----------------------------------------------------------------------

●相談「医者のサプリが8万円?」

Q.
http://www.shinjuku-clinic.jp/konnakata/K_panic.html
分子栄養学で保険の効かない治療をしている病院のサイトを見つけました。
メンタル系の病気も栄養不足が原因だと言っています。
電話してみたら、応対がなんだかうさんくさかったです。
処方されるサプリメントは一月に3万〜8万(!)でだいたい2年飲むとのこと(自分がこれでいいと思うまで)。
飲まなくなったらその後自分に欠けている栄養が自然に作られることもなく、食べ物から摂取されることもないそうです。
う〜ん。

A1. メルマガ読者さんから

新宿溝口クリニックにかかっていました。

8万円というのはサプリメント代だけの値段で、先生の診察、検査は別料金です。私の場合、3か月分くらいまとめ買いして、1月あたり7万円くらいでした。サプリメントを買うのは、クリニックからではなく、栄養カウンセラーが経営していると思われる別会社からです。

9か月ほど続けましたが、すぐに効果が現れるわけでもなく、抗うつ剤を少し減薬した
だけで体調が悪くなってしまい、金銭的負担が重かったこともあり、サプリメントはそのままフェードアウトしました。

A2. 管理人より

※お答えをメルマガに載せたところ、上記の読者さんから別のお答えを頂き管理人の答えが見当違いだったことに気づきました。
以下、メルマガ掲載時とは全面的に書き換えてあります。

サプリメントの質については書いてなかったので分かりませんでした。

>3種類あるビタミンE、6種類あるビタミンC

というのを見ると、頑張ってるのかなと思います。

はっきりとは言えませんが、全く手を抜かずに作ると3万円〜8万円くらいかかるものなので、本気で作ったのかなぁという印象です。このサイトでお勧めしているサプリも、どうしても量産や在庫の都合上、完璧なものではないんです。
添加物は入っていますし、合成ビタミンも使っています。これらを全て排除して医療機関向けに作ると5万円や10万円はいくだろうな、と思います。
実物を見ていないので何とも言えませんが…

なお、一番のコスト要因は「国産だから」に尽きると思います。

>だいたい2年飲むとのこと(自分がこれでいいと思うまで)。
>飲まなくなったらその後自分に欠けている栄養が自然に
>作られることもなく、食べ物から摂取されることもないそうです。

この辺は前提条件や省略された部分が分からないので分かりません。
ただ、「飲まなくなったらその後自分に欠けている栄養が…」というのは、そもそも栄養というのは自分の体で作れないから外部から摂るものです。
栄養が食べ物から摂取されなくなるというのも、普通はないはずです。

この部分は、何かのたとえ話とか特殊な例の話かも知れません。
「サプリで治さないと、今後2度と栄養が摂れない体になる」というのは常識で考えてあり得ないからです。

----------

●掲示板から 「脳の疲れの一部は、カルシウムと酸素」

脳の疲れとは、一体何なのか? を調べている途中に、こんなの見つけましたので
あらすじを貼っておきます。

※本文貼ると著作権がらみで怒られるので不可。欲しい人はメディカルオンラインでどうぞ。PDF形式、788円です。


Title : 酸化ストレスと脳の疲労
Authors : 片岡洋祐
Organization : 関西医科大学医学部解剖学第一講座(システム細胞科学)
Journal : 医学のあゆみ
Volume : 204
Number : 5
Page : 314-318
Year/Month : 2003 / 2
Publisher : 医歯薬出版

Abstract : われわれは一定の知的肉体的作業の後, 集中力の低下や意欲の喪失,
思考あるいは労作時の不快感の増幅, 眠気の誘発といった, いわゆる疲労感を覚える.

これは"身体を休息させよ"という, 脳での過労回避シグナルのひとつととらえることができる.

このとき, 脳内で何が起こっているのであろうか.

脳はつねに多量の酸素を消費しつづけながらニューロンの活動と生存を維持している.

そのため, 脳は酸化ストレスにさらされやすい.

とくに, ニューロンの興奮は細胞内でのカルシウムイオン濃度の上昇を引き起こして種々の酵素を活性化するが, その過程で活性酸素種が発生するため, 酸化ストレスが増大する. もし疲労感を覚えることがなければ, われわれの脳は酸化ストレスに繰り返しさらされつづけ, ついには機能破綻に陥るであろう.

ここでは酸化ストレス下において引き起こされる中枢神経機能の変化をひとつの疲労シグナルととらえ, 脳が酸化ストレスから自らを守るためのメカニズムについて, 最近の知見仮説もまじえながら紹介する.

----------

●回復報告 R.S.さん 2回目

※1回目の回復報告は
http://u-drill.jp/archives/2005_05/08_221816.php

その後の経過を報告いたします。

現在飲んでいる薬は、アモキサンを一日25ミリです。
その他は睡眠用として、ハルシオン、ラボナです。時々眠れない時はブロムワレリル尿素を追加します。

現在、無事就職して5ヶ月目になります。
毎朝9時半から6時までフルタイムで、都内にある会社で働いています。
会社のあとは、友達と待ち合わせて食事をしたり、カラオケに行って遊んだりしています。

以前の鬱のときの私は寝たきりで、身の回りを清潔に保つことも出来ませんでした。
もう生きていても仕方ないし、生きていることも怖くて、毎日絶望でした。
本当に地獄を見たと思います。お金もないし、理解してくれる家族もなく、唯一理解してくれた知人のお陰で生き延びたと思います。

今はまだ通院中の身ですが、健常な人達とほぼ同じ生活を送れています。

いまだに出る症状は、頑張りすぎたりストレスが溜まると、ドカンと丸一日寝てしまうことです。そのような時は頑張らずに一日寝るようにしています。
幸い土日が休みなので、なるべく土日は寝たりダラダラ過ごして、平日の疲れを取るようにしています。

その分平日は働いたり、遊んだりしています。

今後の課題は、薬を減らしていくことだと思います。
以前はアモキサンを一日75ミリとっていましたが、今は25ミリです。これがゼロになる日を目指して気長にやります。

今のほぼ元気な状態にとても感謝しています。ありがとうございます。

----------

●店ニュース 「クレジットカードはじめました」

やっとクレジットカード決済に対応しました。何ヶ月やりとりして準備したことか…
http://cart02.lolipop.jp/LA03201955/

もうそろそろ新商品も準備します。うつ病ドリル本体のコンテンツ充実がだいたい片づいてからの予定。

----------

●今回の更新 イベントレポート:
「うつ病の分子生物学 −新しい治療薬の開発を目指して−」

告知していたイベントに行ってきたので、その内容レポートを書きました。
http://u-drill.jp/archives/2005_09/15_235614.php

イベントの要点は

・うつ病はコルチゾールが出っぱなし
・幼い頃不遇な体験をすると、遺伝情報が書き換わってストレスに弱くなる
・うつ病の回復にはセロトニンよりも BDNF が関与

といったところです。

コルチゾールの件は、うちのサイトでかねてから言っていることです。
このメカニズムが「コルチゾール濃度センサーが壊れているために、コルチゾールが出過ぎていることが分からないのではないか」という話でした。

幼少期の体験がストレス耐性に影響するというのは初めて聞きました。これは「エピジェネティック記憶」というもので、「使われなかった遺伝情報は"この部分は OFF" という情報が貼り付けられてしまい、その後機能しなくなる」というものです。ちょっと難しいですが、うちのサイトのレポートには写真入りで解説があります。

BDNF の件は、たまにうちのサイトで触れてますね。SSRI なんかで余ったセロトニンがノルアドレナリンなどとともに BDNF を増やし、その BDNF が脳の神経細胞を修復するのが本当の抗うつ剤の作用機序じゃないか、という話です。

レポートでは写真をたくさん載せましたので、ぜひ読んでみて下さい。

----------

●編集後記   ただいま実験中…「αリポ酸で脳が疲れなくなるかも?」

αリポ酸は脳まで届き、細胞への糖取り込み促進をします。
ということは脳細胞のエネルギー供給能力をアップさせて、長い時間脳を使っても頭が疲れなくなるかなぁと実験中です。

もちろん、脳の疲れのうち「糖分を使い尽くしたことによるエネルギー枯渇」の部分にしか効きませんが、最近サイトの更新がメチャ忙しいのでもうちょっと脳の稼働時間が長ければなぁと思っています。

ちなみに脳の疲れには活性酸素による一時的ダメージというのもあって、それに対してもαリポ酸が効いてくれることを期待しています。αリポ酸はそれ自体に抗酸化作用があり、また抗酸化作用を発揮し終わって壊れたビタミンE(脳まで届く抗酸化作用ビタミン)を再生する支援機能もあるのです。

うまく行ったらまたレポートします。
ちなみに脳の疲れの測定器なんてものは持ってないので、あくまで主観でお伝えします。
単位は「東京ドーム2杯分疲れなくなった」とか、そういうの。

あ、あとお勧めビタミン剤は今まで高いのしかありませんでしたが、もっと安いのを載せておきました。
http://u-drill.jp/shop_supplement.php#050328215131

---------------------------------------
うつ病ドリル
http://u-drill.jp/

このメルマガの購読解除はこちら
http://www.mag2.com/m/0000135145.html

※相談窓口は現在お休み中です



 

うつ病ドリル管理人のうつ病実体験から選びに選んだ、
世界最高品質レベルのサプリメントは ■サプリコーナー

うつ病のみなさんと共に選んだ、 ここでしか買えないお役立ち商品! ■商品一覧

うつ病、うつの症状・治療 うつ病、うつの診断・チェック うつ病、うつの回復マニュアル

うつ病の症状と
似ている病気

統計・データを使ったうつ病講座。

うつ病診断 x4

医者も使っている国際基準のチェックリストが3つ+1つあります。

回復マニュアル

すぐ使えて根本的なノウハウをまとめてあります。

( → この記事を引用・転載するには?

  | 2005年09月28日 09:06  | この記事のアドレス URL  |

似ている記事

■新商品「テニスボール健康法」発売!
■突然ですが、商品モニター募集です
■お茶会一般募集開始&新商品「気分が落ち着くペンダント型リラックスグッズ」
■突然ですが、お茶会プレゼントです
■うつ病対策が身につく会(仮称)を開催します
■今回も長くて盛り沢山
■うつ病の方へ、年末年始のメッセージ
■やっぱり今回も盛りだくさん
■(号外)今日くらいは
■当選者発表 その1
■早速ですが、プレゼントです
■講演プレゼント当選者発表
■当選者発表&今回も新プレゼント
■みんなのお便り&プレゼント当選者 その2(全3回)
■みんなのお便り&プレゼント当選者 その1(全3回)
■TVのうつ病番組とか本プレゼントとか色々
■SSRI で攻撃性が上がる話
■NHK より取材協力のお願い

続きは → コーナー全記事リスト




■うつ病の深い情報はメルマガで
この記事は気に入って頂けましたか? もっと深ーいうつ病情報は、当サイトのメール会報(メールマガジン)に登録された方にだけお送りしております。
うつ病の本の新刊や、うつ病用ツールの新製品などのプレゼントも行っています。

日本で発行されているうつ病のメールマガジンでは読者数1位です。
読者登録は無料です → もっと詳しく&バックナンバー
メルマガ購読・解除 ID: 135145
うつ病ドリル 〜メキメキ治った!実践法〜
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ



トラックバック絶賛受付中!

このエントリーのトラックバックURL:
http://u-drill.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/611