ジェネリック薬の普及策3つ

厚生労働省がジェネリック薬品の普及策(というか医療費削減案)を出しました。

・ジェネリック版が出たら、オリジナル版の方をもっと安くする(現行 4〜6% OFF -> 6〜8% OFF へ)
・ジェネリック薬を使うかどうかは、処方箋を見た薬剤師が決められる裁量を持たせる
・薬価の参考となる国をアメリカ(薬が高い)だけでなく他の国まで広げる


原文

 厚生労働省は10日、薬価制度改革案をまとめた。成分や効能が新薬(先発医薬品)と同じ後発医薬品が発売された際、新薬の薬価を4〜6%引き下げる制度を見直し、来年度以降下げ幅を6〜8%に拡大するのが柱。政府は06年度診療報酬改定で薬価を1・8%(国庫負担ベースで約1400億円)カットする方針だが、こうした薬価抑制策で実現する考えだ。

 後発医薬品は新薬の特許期限切れ後に発売される。開発コストが低いため、価格は新薬の7割に設定される。医療保険対象の医薬品1万2000種のうち、後発品は約5500種と半数近いが、信頼性の問題もあり販売量ベースの普及率は13%程度。政府は後発薬を普及させて新薬の価格も引き下げたい考えだが、そうはなっていないため、来年度から新薬の公定価格を無条件に6〜8%引き下げることにした。

 一方、医師が書く処方せんに「後発薬の使用も可」といったチェック欄を設け、これを見た薬剤師が後発薬を処方することを可能とする。薬剤師の裁量を増やし、薬価引き下げにつなげることが狙いだ。

 このほか、日本独自の算定基準額に米、英、独、仏での流通価格の単純平均額を加味して薬価を決める「外国平均価格調整」を見直す。

 現行では、薬品メーカーが自由市場の米国で値をつり上げた後の新薬を日本に持ち込むケースが多く、米国しか参照対象にならない薬も多い。この場合、米国の価格が外国平均価格で、薬価高騰の原因となっている。そこで1カ国でしか流通していない薬は価格調整の対象外とすることにした。


管理人より:

ジェネリック薬品啓蒙策は失敗だったみたいですね。なかなか普及しなくて医療費も下がらないから、だったら薬の値段を下げちゃおうという発想。

その壁は、実は上記の3策が届かないところにあります。それは医師によるジェネリック薬への不信です。
ジェネリックは「有効成分が同じ」というだけで、製造設備や製造工程までがオリジナル版と同じわけではありません。そのため、品質や安全性がオリジナルより劣るのではないか、と考えられているのです。

これを解消するにはジェネリック版の薬品の品質管理基準を作ったり定期的に生産ラインや薬の品質をチェックしたりして安心感を高めるということも考えられますが、それをやり始めれば当然コストにも反映されて、ジェネリック薬の最大メリットである「安さ」が弱くなってきます。

根本的には薬を使わなくてもすむ生活にするのが一番なんですけどね。
病気のほとんどは生活習慣の問題が根元にあります。



 

うつ病ドリル管理人のうつ病実体験から選びに選んだ、
世界最高品質レベルのサプリメントは ■サプリコーナー

うつ病のみなさんと共に選んだ、 ここでしか買えないお役立ち商品! ■商品一覧

うつ病、うつの症状・治療 うつ病、うつの診断・チェック うつ病、うつの回復マニュアル

うつ病の症状と
似ている病気

統計・データを使ったうつ病講座。

うつ病診断 x4

医者も使っている国際基準のチェックリストが3つ+1つあります。

回復マニュアル

すぐ使えて根本的なノウハウをまとめてあります。

( → この記事を引用・転載するには?

  | 2006年01月11日 11:58  | この記事のアドレス URL  |

似ている記事

■日本うつ病学会治療ガイドライン II.大うつ病性障害 が発表されました
■【告知】うつからの就職活動セミナー
■【告知】“うつ”復職支援フォーラム
■「うつ病の頭と体が気持ちよーく楽になるお茶会」
■1名無料ご招待「うつ病の頭と体が気持ちよーく楽になるお茶会(まだ仮称)」
■うつ病のリスクを減らす食生活はコレ!
■精神疾患と肥満、どちらが先?
■自殺予防週間、各県の取り組み
■続々と開発される血液検査でのうつ病診断
■ネットで認知行動療法
■職場にうつ病を打ち明けるか? アンケート結果
■告知「脳と栄養のシンポジウム」
■抗うつ薬、最近の動き
■血液検査でうつ病診断
■遺伝子で決まる? 不眠・うつ・プラス思考の傾向
■SSRIで攻撃性が増す?
■パパのメンタルヘルスは息子の将来を決める!?
■平成20年の自殺者統計発表

続きは → コーナー全記事リスト




■うつ病の深い情報はメルマガで
この記事は気に入って頂けましたか? もっと深ーいうつ病情報は、当サイトのメール会報(メールマガジン)に登録された方にだけお送りしております。
うつ病の本の新刊や、うつ病用ツールの新製品などのプレゼントも行っています。

日本で発行されているうつ病のメールマガジンでは読者数1位です。
読者登録は無料です → もっと詳しく&バックナンバー
メルマガ購読・解除 ID: 135145
うつ病ドリル 〜メキメキ治った!実践法〜
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ



トラックバック絶賛受付中!

このエントリーのトラックバックURL:
http://u-drill.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/643