気になる小ネタ 060121

自治体病院、自力で黒字はわずか8%

全国の自治体病院のうち、補助金などに頼らず実質的な営業黒字を確保しているのは全体の8%程度しかないことが、日本政策投資銀行の分析でわかった。補助金を含めて経常黒字を確保している病院は4割近くまで増えるが、累積赤字は増加傾向だ。

自治体の財源に占める病院事業支援のための繰入金は平均では3.4%、高い自治体では15%に達するところもあった。

(内容を保つように編集してあります)

これは次の記事と併せて、

20年後に医療費 1.7倍

川崎二郎厚生労働相は18日の経済財政諮問会議で、医療給付費抑制のための将来目標を2025年度時点で48兆円とする方針を示した。昨年秋見通しの56兆円から制度改革を通じ8兆円抑制する内容となる。

国民の保険料と税金を元手にする医療給付費は06年度に27兆5000億円(当初予算ベース)の見込み。

諮問会議の民間議員らは25年度で42兆円に抑制するよう求めており、45兆円程度への引き下げに向けて調整が進む見通しだ。

(内容を保つように編集してあります)

減らせと言われてもどこを削るべきか…
目に見えやすい診療報酬(治療費)とか健康保険あたりをいじったりしてますが、見えにくい制度・システムをいじらないと根本的には解決しないんですけどね。

私が効果があると思うもの:
・健康とは何か、どうすれば維持できるのかを学校で教える
・安いけど栄養価の低い野菜や果物、加工食品を一掃
・運動量を減らさない小さな策をたくさん打つ。エスカレーターは健常者使用禁止とか。

遠回りだけど根本的です。「薬漬け・検査漬け医療が悪い」とよく言われますが、健康維持の努力をしないで病気になったら医者まかせ、という患者の方にも責任があります。

子供の薬、親が勝手に中止が2割

 医師から子供に投薬された抗菌薬を、保護者の5人に1人が自己判断などで服用を途中で中止させていることが、大手製薬会社ファイザー(本社・東京)の行ったインターネット調査で明らかになった。

回答数は親753人(男性46人、女性707人)。

医師の指示を守らず、抗菌薬の服用を中止させた:22%
理由は「症状が良くなったので、薬はもういらないと思った」が45%

服用しなかった薬をとってある:51%
理由は「体調が悪くなった時に服用させるため」66%

調査を監修した北里大医学部の砂川慶介教授(感染症学):
「溶血性連鎖球菌による扁桃炎などの場合、症状が良くなっても抗菌薬を最後まできちんと飲みきることが必要だ」

(内容を保つように編集してあります)

「症状が出ない」と「病気が治った」の区別くらい理解するべき・させるべき。本当は患者が家に帰ってから病気の仕組みと薬の仕組みを調べるべき。本当に健康が欲しいなら。
…の前に「健康とは何か」「自分から動く必然性」の教育を。

徹夜より寝起き直後の方がボケてる

参加者は8時間の睡眠後に起こされ、数秒以内に計算テストが開始された。
成績は平常時よりも大幅に不良であった。

起床から約20分-1時間後には、平常時に近い成績が得られた。

26時間の徹夜後のテストでは、徹夜後のほうが睡眠直後より良好でだった。

(内容を保つように編集してあります)

医学の最先端(か?)では、こういうド根性系の実験もあります。
何かの戦争の本で見た記憶では、徹夜した兵士の思考力は普段の 75% だったとか。



 

うつ病ドリル管理人のうつ病実体験から選びに選んだ、
世界最高品質レベルのサプリメントは ■サプリコーナー

うつ病のみなさんと共に選んだ、 ここでしか買えないお役立ち商品! ■商品一覧

うつ病、うつの症状・治療 うつ病、うつの診断・チェック うつ病、うつの回復マニュアル

うつ病の症状と
似ている病気

統計・データを使ったうつ病講座。

うつ病診断 x4

医者も使っている国際基準のチェックリストが3つ+1つあります。

回復マニュアル

すぐ使えて根本的なノウハウをまとめてあります。

( → この記事を引用・転載するには?

  | 2006年01月21日 13:17  | この記事のアドレス URL  |

似ている記事

■日本うつ病学会治療ガイドライン II.大うつ病性障害 が発表されました
■【告知】うつからの就職活動セミナー
■【告知】“うつ”復職支援フォーラム
■「うつ病の頭と体が気持ちよーく楽になるお茶会」
■1名無料ご招待「うつ病の頭と体が気持ちよーく楽になるお茶会(まだ仮称)」
■うつ病のリスクを減らす食生活はコレ!
■精神疾患と肥満、どちらが先?
■自殺予防週間、各県の取り組み
■続々と開発される血液検査でのうつ病診断
■ネットで認知行動療法
■職場にうつ病を打ち明けるか? アンケート結果
■告知「脳と栄養のシンポジウム」
■抗うつ薬、最近の動き
■血液検査でうつ病診断
■遺伝子で決まる? 不眠・うつ・プラス思考の傾向
■SSRIで攻撃性が増す?
■パパのメンタルヘルスは息子の将来を決める!?
■平成20年の自殺者統計発表

続きは → コーナー全記事リスト




■うつ病の深い情報はメルマガで
この記事は気に入って頂けましたか? もっと深ーいうつ病情報は、当サイトのメール会報(メールマガジン)に登録された方にだけお送りしております。
うつ病の本の新刊や、うつ病用ツールの新製品などのプレゼントも行っています。

日本で発行されているうつ病のメールマガジンでは読者数1位です。
読者登録は無料です → もっと詳しく&バックナンバー
メルマガ購読・解除 ID: 135145
うつ病ドリル 〜メキメキ治った!実践法〜
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ



トラックバック絶賛受付中!

このエントリーのトラックバックURL:
http://u-drill.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/653