抗うつ剤「自殺の危険性あり」 使用上の注意を改訂

刺激的なタイトルですが、そんなに怖くないニュースですので安心して下さい。


抗うつ薬の注意書を改訂 「自殺の恐れ」初の明記

服用が自殺を促す恐れが指摘されている抗うつ薬について、厚生労働省が製薬会社に対して初めて、自殺する危険性を明記するよう「使用上の注意」の改訂を指示していたことが分かった。

対象となる抗うつ薬は12種類。特に子供の自殺衝動を引き起こすとされる「選択的セロトニン再吸収阻害剤(SSRI)」と呼ばれる一群だけでなく、医師が処方するほとんどすべての抗うつ薬が含まれている。

米食品医薬品局(FDA)は2004年10月、抗うつ薬の警告表示を米国内の製薬会社に指示していた。

(内容を保つように編集済み)


管理人より:

「対象となる抗うつ薬は12種類」 の内訳は

1 パキシル
2 トリプタノール
3 アモキサン
4 トフラニール,アナフラニール
5 アナフラニール注射液
6 テシプール,プロチアデン,スルモンチール,アンプリット
7 レスリン
8 ノリトレン
9 デプロメール
10 ルジオミール
11 テトラミド
12 トレドミン

(同じ番号で複数並んでいる薬は、互いに成分が同じ)
抗うつ剤のベスト3「パキシル」「デプロメール」「トレドミン」が全部入っています。

説明を読んでみましたが、「飲むと自殺しやすくなる」という簡単なものではないですね。ざっと要約しますと

パキシル・デプロメール・トレドミン
・18才未満は自殺しやすくなるかも?
・過去に自殺の考えがあった or 自殺をためした人、今自殺について考えている人への投与は慎重に。

(つまり、自殺の考えがない大人については心配ない)

特にパキシル
・妊娠中に飲むと子供が先天異常になりやすいかも?

その他の薬
・自殺目的で大量に飲む人がいるので、一度にたくさん渡さないこと。
・薬は急に止めない。徐々に量を減らすこと。

だそうです。

この件は 抗うつ剤で自殺衝動?監視強化へ の続報ですね。アメリカが「抗うつ薬って飲むと自殺する危険性が高くないか?」と調査を始めたのが約半年前。それ以前から18才未満については効かない割にリスクが高いということは言われていて、段々と「そんなに良い薬じゃないらしい」という流れになってきています。
その流れが日本にも来ましたね。
(ちなみに、アメリカでは「まぁ、そんなに危なくもないんじゃないか」という流れが出てきました)


オマケ:

厚生労働省は「1/13 の出来事じゃん。今さら騒ぐなよ」とのこと。
何で今ごろニュースが流れてるんでしょうね。

オマケ2:

製薬会社がやっているうつ病サイトと医者のうつ病本には絶対に載らないニュースだな…

 

うつ病ドリル管理人のうつ病実体験から選びに選んだ、
世界最高品質レベルのサプリメントは ■サプリコーナー

うつ病のみなさんと共に選んだ、 ここでしか買えないお役立ち商品! ■商品一覧

うつ病、うつの症状・治療 うつ病、うつの診断・チェック うつ病、うつの回復マニュアル

うつ病の症状と
似ている病気

統計・データを使ったうつ病講座。

うつ病診断 x4

医者も使っている国際基準のチェックリストが3つ+1つあります。

回復マニュアル

すぐ使えて根本的なノウハウをまとめてあります。

( → この記事を引用・転載するには?

  | 2006年02月09日 12:14  | この記事のアドレス URL  |

似ている記事

■日本うつ病学会治療ガイドライン II.大うつ病性障害 が発表されました
■【告知】うつからの就職活動セミナー
■【告知】“うつ”復職支援フォーラム
■「うつ病の頭と体が気持ちよーく楽になるお茶会」
■1名無料ご招待「うつ病の頭と体が気持ちよーく楽になるお茶会(まだ仮称)」
■うつ病のリスクを減らす食生活はコレ!
■精神疾患と肥満、どちらが先?
■自殺予防週間、各県の取り組み
■続々と開発される血液検査でのうつ病診断
■ネットで認知行動療法
■職場にうつ病を打ち明けるか? アンケート結果
■告知「脳と栄養のシンポジウム」
■抗うつ薬、最近の動き
■血液検査でうつ病診断
■遺伝子で決まる? 不眠・うつ・プラス思考の傾向
■SSRIで攻撃性が増す?
■パパのメンタルヘルスは息子の将来を決める!?
■平成20年の自殺者統計発表

続きは → コーナー全記事リスト




■うつ病の深い情報はメルマガで
この記事は気に入って頂けましたか? もっと深ーいうつ病情報は、当サイトのメール会報(メールマガジン)に登録された方にだけお送りしております。
うつ病の本の新刊や、うつ病用ツールの新製品などのプレゼントも行っています。

日本で発行されているうつ病のメールマガジンでは読者数1位です。
読者登録は無料です → もっと詳しく&バックナンバー
メルマガ購読・解除 ID: 135145
うつ病ドリル 〜メキメキ治った!実践法〜
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ



トラックバック絶賛受付中!

このエントリーのトラックバックURL:
http://u-drill.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/669


サイト名「脳内新聞(ブログ版)」
記事名「精神科医師が殺人罪で起訴、うつ病患者自殺に追い込む
 都内に住む22歳のOLがうつ病を苦にして投身自殺した事件で、警視庁は10日、東京都足立区で精神科医を営む松沢芳樹容疑者(39)を「未必の故意」による殺人罪で逮... 2006年02月11日 09:22


サイト名「広智苑」
記事名「抗うつ薬の使用上の注意!
去年の7月に 関連記事『抗うつ剤なのに・・・自殺を助長!?』の続編(!?)を書きます まずは 『自殺を助長させる作用が・・・!?』という点!  欧米... 2006年02月26日 13:40