「うつ病は弱さの表れだと思う」日本人の50%以上

2,000人への対面アンケートの結果です。

日本人が抱く精神疾患のイメージ

第25回日本社会精神医学会での発表。

・対象 5地域 x 各400人 = 2,000人(うち、うつ病について質問したのは 1,000人)
・地域 東北:北関東、首都圏、東海、近畿、北九州:長崎
・方法 調査員が対象者宅を訪問、調査票にもとづき面接(平均時間は約20分)
・内容 うつ病の事例を提示してイメージを聴取。

・結果
   ・示された例がうつ病だと気づいた人 28.8%
    (参考:オーストラリアでは 71.3%)
   ・うつ病は社会で差別されると思う人 30%
   ・うつ病の人は何をしでかすか分からない 36%
   ・うつ病(と統合失調症)は医学的な病気ではない 約40%
   ・うつ病は性格の弱さである 50%以上
   ・うつ病の人が結婚して家族に入ってきても良い 16%


発表した中根允文氏(日本社会精神医学会理事):
「日本における精神疾患あるいは精神疾患に罹患している人に対する態度は偏見に彩られ、差別的であることが実証された」

中根氏らは精神科医をはじめとする医療の専門家を対象とした調査も実施しており、比較検討も進行中。

(内容を保つように編集済み)


管理人より:

私はうつ病の偏見とは決して戦わないことにしています。なぜなら相手はうつ病の人を罵倒して頑張らせることしか考えていないので、絶対に理解されることはないからです。「どうやったらまわりの人に理解してもらえますか」という質問をよくされますが、「無駄なので逃げましょう。うつ病が治ったらまた会って以前と同じように付き合いましょう」と言うことにしています。

上記のアンケート結果に怒ったり落胆する人も多いかと思いますが、考えてみれば自分がかかったことのない病気に対して偏見を持つことはごく当たり前のことで、これはもう仕方ないことだと思うしかないと考えています。なっとことのない病気を自ら知ろうとする人はいなくて当たり前です。

偏見とは「知らないものを恐れたり見下したりすること」だと思います。偏見を取り除く唯一の方法は「偏見の対象をよく知って理解する」ことですが、たいていはそんなことはしてくれません。相手は自身が偏見を持っているとは思っていませんし、対象を知る必然性がないので知ろうとしません。偏見が取れる時は、相手がその対象になった時(つまりうつ病になった時)くらいでしょう。

うつ病という理由で攻撃されずに避けられるだけならラッキーだと思います。適度に無視してもらうのが休養にとってはベストというのがうつ病の常識ですし、私もそう思います。

追記:

「うつ病はこころの風邪」という啓蒙では、「うつ病になるのは弱い人間」という感想が出てくるのも当然だと思います。
うつ病でない人が「こころの風邪」なんて言葉を聞かされたら、「甘えんなよ」というのが普通の反応でしょう。



 

うつ病ドリル管理人のうつ病実体験から選びに選んだ、
世界最高品質レベルのサプリメントは ■サプリコーナー

うつ病のみなさんと共に選んだ、 ここでしか買えないお役立ち商品! ■商品一覧

うつ病、うつの症状・治療 うつ病、うつの診断・チェック うつ病、うつの回復マニュアル

うつ病の症状と
似ている病気

統計・データを使ったうつ病講座。

うつ病診断 x4

医者も使っている国際基準のチェックリストが3つ+1つあります。

回復マニュアル

すぐ使えて根本的なノウハウをまとめてあります。

( → この記事を引用・転載するには?

  | 2006年02月28日 20:28  | この記事のアドレス URL  |

似ている記事

■日本うつ病学会治療ガイドライン II.大うつ病性障害 が発表されました
■【告知】うつからの就職活動セミナー
■【告知】“うつ”復職支援フォーラム
■「うつ病の頭と体が気持ちよーく楽になるお茶会」
■1名無料ご招待「うつ病の頭と体が気持ちよーく楽になるお茶会(まだ仮称)」
■うつ病のリスクを減らす食生活はコレ!
■精神疾患と肥満、どちらが先?
■自殺予防週間、各県の取り組み
■続々と開発される血液検査でのうつ病診断
■ネットで認知行動療法
■職場にうつ病を打ち明けるか? アンケート結果
■告知「脳と栄養のシンポジウム」
■抗うつ薬、最近の動き
■血液検査でうつ病診断
■遺伝子で決まる? 不眠・うつ・プラス思考の傾向
■SSRIで攻撃性が増す?
■パパのメンタルヘルスは息子の将来を決める!?
■平成20年の自殺者統計発表

続きは → コーナー全記事リスト




■うつ病の深い情報はメルマガで
この記事は気に入って頂けましたか? もっと深ーいうつ病情報は、当サイトのメール会報(メールマガジン)に登録された方にだけお送りしております。
うつ病の本の新刊や、うつ病用ツールの新製品などのプレゼントも行っています。

日本で発行されているうつ病のメールマガジンでは読者数1位です。
読者登録は無料です → もっと詳しく&バックナンバー
メルマガ購読・解除 ID: 135145
うつ病ドリル 〜メキメキ治った!実践法〜
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ



トラックバック絶賛受付中!

このエントリーのトラックバックURL:
http://u-drill.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/687