良い本ありました:今月の書評(2006年11月)
  【うつからの完全脱出 9つの関門を突破せよ!】

最近出た本の中から、読んでみて「当たり」だったものをご紹介。
2006年の11月分です。


うつ病、うつの書評-うつからの完全脱出 9つの関門を突破せよ!うつからの完全脱出 9つの関門を突破せよ!
下園壮太著 2006.10.20 講談社


 非常に勇ましいタイトルは、著者の陸上自衛隊初の「心理幹部」という肩書きからでしょうか。

 中学・高校時代のいじめをきっかけにうつ病を発症したJ君と著者のメールのやりとり(J君へのカウンセリングはほとんどメールと電話で行われた)、J君と著者の回想を軸にJ君の長いながい闘病生活が克明に綴られています。第一関門「“休む”という決心をする」から第九関門「リハビリ後期の自殺衝動の嵐」までを通して、単に休むということがうつ病患者にとってどれほど困難なのかがリアルに伝わってきます。それだけにJ君の「回復の兆しを見せてはまた落ち込む」姿に感情移入し過ぎてしまうと危険かなという気もします。しかし、今では元気になったJ君の生還劇を通して、自分に合った医師・カウンセラー・治療法方を粘り強く続けることが大切だということを実感するには最適な内容です。
 こんなに辛く長い年月を過ごしたJ君ですが、今は治療を終了し元気に生活していることを忘れずに、ハッピーエンドの物語として読むことをお薦めします。

 本書の最大の特徴は、著者がカウンセラーであり医療現場とは一線を引いたアプローチで患者と係わっているということです。なるほど!と思ったのは医者の上手な利用法。治療の過程で多くの患者が抱くであろう医者への不信感をJ君も募らせますが、著者は「医師の役割と医師に期待してはいけないこと」として上手な係わり方を説明しています。これはカウンセラーならではの視点であり、医者の書いたうつ本と決定的に異なる部分です。

 徹底的にJ君を休ませることに心を砕く著者のやり方は正しいと思うし頭では理解できるのですが、正直J君の勤め先のように理解を示しこんなに休暇を取らせてくれる企業はそうないだろう……という複雑な心境にもなります。しかし否定するのではなく、「これは当たり前の権利」と言える世の中になることを願わなくてはいけませんね。


森のモモ



 

うつ病ドリル管理人のうつ病実体験から選びに選んだ、
世界最高品質レベルのサプリメントは ■サプリコーナー

うつ病のみなさんと共に選んだ、 ここでしか買えないお役立ち商品! ■商品一覧

うつ病、うつの症状・治療 うつ病、うつの診断・チェック うつ病、うつの回復マニュアル

うつ病の症状と
似ている病気

統計・データを使ったうつ病講座。

うつ病診断 x4

医者も使っている国際基準のチェックリストが3つ+1つあります。

回復マニュアル

すぐ使えて根本的なノウハウをまとめてあります。

( → この記事を引用・転載するには?

  | 2006年11月30日 15:38  | この記事のアドレス URL  |

似ている記事

■良い本ありました:今月の書評(2007年3月)
  【エリのうつ】
  【仕事中だけ「うつ病」になる人たち】

■情報商材レビュー
「誰も語ろうとしなかった、精神科医にうまくかかるコツ」

■情報商材レビュー
「健康心理学講座V うつ病克服法」

■情報商材レビュー
「うつ病に立ち向かう、たった1つの方法」

■良い本ありました:今月の書評(2007年1月)
  【うつにならないための脱ポジティブマインド】
  【ひと相手の仕事はなぜ疲れるのか 感情労働の時代】

■良い本ありました:今月の書評(2006年12月)
  【どうぶつと話したい】
  【うつ・ストレス・不安には軽い運動】

■良い本ありました:今月の書評(2006年11月)
  【うつからの完全脱出 9つの関門を突破せよ!】

■良い本ありました:今月の書評(2006年10月)
  【薬で治す そう と うつ の時代】
  【薬でうつは治るのか?】

■良い本ありました:今月の書評(2006年9月)
  【梅一夜】
  【五七歳にして、「躁うつ病からの奇跡の生還」】

■良い本ありました:今月の書評(2006年8月)
   【マンガ境界性人格障害&躁うつ病REMIX】
   【過労自殺と企業の責任】
   【アットホーム「うつ」ダッド】

■良い本ありました:今月の書評(2006年7月)
   【本人と家族のための「うつ」の本】
   【「うつ」がわかって、「うつ」を治す本】






■うつ病の深い情報はメルマガで
この記事は気に入って頂けましたか? もっと深ーいうつ病情報は、当サイトのメール会報(メールマガジン)に登録された方にだけお送りしております。
うつ病の本の新刊や、うつ病用ツールの新製品などのプレゼントも行っています。

日本で発行されているうつ病のメールマガジンでは読者数1位です。
読者登録は無料です → もっと詳しく&バックナンバー
メルマガ購読・解除 ID: 135145
うつ病ドリル 〜メキメキ治った!実践法〜
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ



トラックバック絶賛受付中!

このエントリーのトラックバックURL:
http://u-drill.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1001