5 復職時期の見極め方

「いつまでも休んでなんていられない、早く復職しなければ」これは休職中のうつ病患者が感じる、共通の考えです。しかし回復が浅い時期に焦って復職すると、さらにうつ病が悪化してしまうこともあります。復職時期は一人で決めず、主治医と相談の上で慎重に見極める必要があります。


復職時期の目安

こんな状態になったら復職を検討し始めてもいいかも

○寝ているくらいだったら仕事した方がマシだ、と感じる
○朝起きた時、気分が晴れやかだ
○仕事がしたくなってきた
○朝起きてから夜寝るまで、日中はずっと起き続けていられる
○散歩できる程度の体力が戻ってきた

こんな時はまだ早い!

×朝起きられず、昼も眠いままだ
  あるいは昼寝をせずにはいられない
×昼夜逆転が直らない
×早く仕事に戻らなければと焦っている
×これ以上職場に迷惑は掛けられない、と申し訳なく思う
×朝起きたとき、気分は重いままだ


リハビリ制度を活用しよう
 社員のメンタルヘルスを重視する企業では、復職時の「リハビリ出勤」を取り入れている例が増えてきました。これは、休職を終えた社員をいきなり元の仕事に戻すのではなく、段階的に復帰させることで復職時の負担をなるべく減らそうとする試みで、一定の成果を上げています。
完全に休養していた状態からいきなり元の仕事に戻ると、心身に少なからず負荷がかかります。すべての会社がリハビリ制度を設けているわけではありませんが、もし制度があるなら積極的に活用しましょう。

リハビリ出勤プログラムの例

(1) 会社に着いたらそのまま帰る(出勤の練習)
(2) 会社に着いたら簡単な事務作業をして帰る
(3) 短時間(4−5時間)勤務を適用 【(1)〜(3)で約1ヶ月】
(4) 徐々に通常の勤務(8時間)に戻す【約2ヶ月】

 なお社会通念上、リハビリ期間中は正式な復職期間とみなされていません。そのため給与は支払われずに引き続き傷病手当金の支給でまかなうか、あるいはアルバイト程度の特別賃金体系が適用されるのが一般的です。もちろん、リハビリが終了し通常勤務に戻れば、通常額の賃金が支払われるようになります。


復職前の強い味方 公的復職プログラム
会社にリハビリ出勤制度がないなら、全国の主な病院や障害者福祉センターで行われている「復職プログラム」を利用するのも良い方法です。障害者、と聞くとドキッとしますが、障害者福祉センターでの職場復帰のための支援(リワーク支援)には特別な認定は特に必要でなく、「うつ」との医師の診断書があればOKです。
復職プログラムを受けられる公的機関をリンク集にまとめました。参考にしてみてください。


復職後のポイント 3割仕事のススメ
 「これだけ休んだんだから、早く遅れを取り戻さなければ」と、復職後すぐさま仕事を大幅に増やしてしまうのはオススメできません。それは周回遅れのランナーがいきなりフルスピードでダッシュするようなもの、すぐに息切れするのは目に見えています。
 とはいえ「頑張る気がなくても、ついつい頑張り過ぎてしまう」こともあるでしょう。その生真面目さはあなたの良いところでもあるのですが、またうつが酷くなっては元も子もありません。
 そこで、「復職後は3割仕事」を合い言葉にしてください。できる範囲の3割しか力を使わないようにするのです。仕事は、できる限りサボりましょう。周りを観察してみるとよく分かりますが、他の人は仕事なんてマジメにやっていないもの。良い意味の「いい加減さ」「力の抜き具合」をこの機会に学んでおくと、今後のキャリアを作っていく上できっと役立つことでしょう。


復職時期に関するQ&A

・ちっとも復職したくなりません。こんな自分は怠け者ですか?

 復職したくならないのは、まだうつ状態から脱していないからです。自分を「怠け者」と感じる間は、まだ仕事ができるほど治っていないと考えて差し支えありません。
 休職に入ってどのくらいで回復するかは、個人差があります。まずは焦らずに、ひたすら休む日々を送って下さい。


・もうすっかり元気になったのに、医者が「復職可能」の診断を出してくれません。

 自分では元気になったつもりでも、まだ復帰には早いのかもしれません。回復期には「復職への焦り」が出てきますが、ここでぐっと我慢してもう少し(数週間程度)休み続けることをオススメします。


・薬を飲みながら復職できますか?

 全く問題ありません。うつの病状が良くなってからも、再発防止のために引き続き薬を飲むのが普通です。調子が良くても自己判断でやめたりせず、しばらくは医師の指示に従って飲み続けましょう。


・復職しても元のように働けるか不安です。

 不安を感じるのはもっともです。でもいざ復職して仕事を少しずつこなしていけば、自信も少しずつ戻ってくるでしょう。「しばらく休んでいたんだから、初めからペースが完全でなくて当然だ」と考えてみてください。


佐藤未果


この記事の参考リンク

うつ病患者の為の復職プログラムを持つ公的機関:



 

うつ病ドリル管理人のうつ病実体験から選びに選んだ、
世界最高品質レベルのサプリメントは ■サプリコーナー

うつ病のみなさんと共に選んだ、 ここでしか買えないお役立ち商品! ■商品一覧

うつ病、うつの症状・治療 うつ病、うつの診断・チェック うつ病、うつの回復マニュアル

うつ病の症状と
似ている病気

統計・データを使ったうつ病講座。

うつ病診断 x4

医者も使っている国際基準のチェックリストが3つ+1つあります。

回復マニュアル

すぐ使えて根本的なノウハウをまとめてあります。

( → この記事を引用・転載するには?

  | 2007年02月14日 00:05  | この記事のアドレス URL  |

似ている記事

■1 思い切って休職しよう!
■2 休職は怖くない - メリットとデメリット
■3 休職の手続きマニュアル
■4 派遣社員・アルバイト・パートは休職できる?
■5 復職時期の見極め方
■6 休職経験者へインタビュー
■7 付録:生活保護や破産という手段もある!
■8 うつ病休職・復職 リンク集





■うつ病の深い情報はメルマガで
この記事は気に入って頂けましたか? もっと深ーいうつ病情報は、当サイトのメール会報(メールマガジン)に登録された方にだけお送りしております。
うつ病の本の新刊や、うつ病用ツールの新製品などのプレゼントも行っています。

日本で発行されているうつ病のメールマガジンでは読者数1位です。
読者登録は無料です → もっと詳しく&バックナンバー
メルマガ購読・解除 ID: 135145
うつ病ドリル 〜メキメキ治った!実践法〜
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ



トラックバック絶賛受付中!

このエントリーのトラックバックURL:
http://u-drill.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1143