情報商材レビュー
「うつ病に立ち向かう、たった1つの方法」

高価なのに立ち読みできない「情報商材」を、あなたに代わってうつ病ドリルが購入&レビューします。


タイトル:「うつ病に立ち向かう、たった1つの方法」
発行:メイプル出版会

http://www.sayonara-utsu.com/
価格:\15,800 〜 \16,800(本記事執筆時点)

うつ病ドリル読者へのおすすめ度:★★★☆☆ 3/5点
寸評:褒めようもけなしようもない


このマニュアルの作成者は、ご自身もうつ病を患い、家族や職場にも言えず病院へ行くのには抵抗があった……というある意味「典型的」かつ「昔ながらの」うつ病経験者さんのようです。
だからかどうか、「うつ病にかかる人は真面目で繊細」「うつ病になるには外的要因がある」という、今となっては「?」である説も臆せずに述べています。
しかし、まだまだ「精神科にかかると解雇される」と思っている人も多いでしょうから、これはこれで意味のあることなのかもしれません。

肝心の方法は、というと、

 1.自分の心の状態を一定時間ごとに数値化する
 2.状態が良くなるきっかけ(外的要因)を見つける
 3.規則正しい健康的な生活をする

簡単に言えばこれだけです。
この方法を作者は『メンタル・タフネス―ストレスで強くなる』(ジム・E.レーヤー著)から学んだとしています。
そういえば、『うつのセルフ・コントロール』(ピーター・M・レウィンソン、メリーアン・ヤングレン、リカルド・F.ムーニョ、アントネット・M.ツァイス著、大原健士郎監修)という本でも、緊張の度合いを数値化することでうつのコントロールを図る、という方法が紹介されていました。
海外ではポピュラーな方法なのかもしれません。
ともかく憂鬱だ、うつ病かもしれない、だけど精神科には行きたくない、働きながら少しでも憂鬱をコントロールしたい……という人には向いていそうな気もします。

かといって病院へ行くことを批判しているわけではありません。
このマニュアルにはドクター選びのチェックポイントも載っていますし、チェックポイントを全部満たす病院探しに時間を割くよりも、ある程度満たすところに決めてまずは薬物療法を、という柔軟性も説かれています。

全体としては、「うつ病初心者」向けのマニュアルといった感じです。すでにある程度の知識と経験がある、という方にとってはあまり新しい発見はないように思います。


【お勧めポイント】

  • とにかく手軽。難しいことは何も要りません。
  • うつ病の状態を客観視できます。
  • 病院にかかることへの抵抗が減ります。


【お勧めしないポイント】

  • うつ病について自分で調べた人には全く物足りないと思います。
  • 決められたことができないとかえって落ち込んでしまう、という人には危険かも。


【こんな人に向いているかも】

  • 「うつ病らしい、でも何をしていいかわからない」という人。
  • 周りにうつ病経験者がいなくて話を聞けない人。
  • 決められたことをきちんとやっていける人。


 

うつ病ドリル管理人のうつ病実体験から選びに選んだ、
世界最高品質レベルのサプリメントは ■サプリコーナー

うつ病のみなさんと共に選んだ、 ここでしか買えないお役立ち商品! ■商品一覧

うつ病、うつの症状・治療 うつ病、うつの診断・チェック うつ病、うつの回復マニュアル

うつ病の症状と
似ている病気

統計・データを使ったうつ病講座。

うつ病診断 x4

医者も使っている国際基準のチェックリストが3つ+1つあります。

回復マニュアル

すぐ使えて根本的なノウハウをまとめてあります。

( → この記事を引用・転載するには?

  | 2007年02月16日 21:12  | この記事のアドレス URL  |

似ている記事

■良い本ありました:今月の書評(2007年3月)
  【エリのうつ】
  【仕事中だけ「うつ病」になる人たち】

■情報商材レビュー
「誰も語ろうとしなかった、精神科医にうまくかかるコツ」

■情報商材レビュー
「健康心理学講座V うつ病克服法」

■情報商材レビュー
「うつ病に立ち向かう、たった1つの方法」

■良い本ありました:今月の書評(2007年1月)
  【うつにならないための脱ポジティブマインド】
  【ひと相手の仕事はなぜ疲れるのか 感情労働の時代】

■良い本ありました:今月の書評(2006年12月)
  【どうぶつと話したい】
  【うつ・ストレス・不安には軽い運動】

■良い本ありました:今月の書評(2006年11月)
  【うつからの完全脱出 9つの関門を突破せよ!】

■良い本ありました:今月の書評(2006年10月)
  【薬で治す そう と うつ の時代】
  【薬でうつは治るのか?】

■良い本ありました:今月の書評(2006年9月)
  【梅一夜】
  【五七歳にして、「躁うつ病からの奇跡の生還」】

■良い本ありました:今月の書評(2006年8月)
   【マンガ境界性人格障害&躁うつ病REMIX】
   【過労自殺と企業の責任】
   【アットホーム「うつ」ダッド】

■良い本ありました:今月の書評(2006年7月)
   【本人と家族のための「うつ」の本】
   【「うつ」がわかって、「うつ」を治す本】






■うつ病の深い情報はメルマガで
この記事は気に入って頂けましたか? もっと深ーいうつ病情報は、当サイトのメール会報(メールマガジン)に登録された方にだけお送りしております。
うつ病の本の新刊や、うつ病用ツールの新製品などのプレゼントも行っています。

日本で発行されているうつ病のメールマガジンでは読者数1位です。
読者登録は無料です → もっと詳しく&バックナンバー
メルマガ購読・解除 ID: 135145
うつ病ドリル 〜メキメキ治った!実践法〜
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ



トラックバック絶賛受付中!

このエントリーのトラックバックURL:
http://u-drill.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1155