情報商材レビュー
「健康心理学講座V うつ病克服法」

高価なのに立ち読みできない「情報商材」を、あなたに代わってうつ病ドリルが購入&レビューします。


タイトル:「健康心理学講座V うつ病克服法」
発行:雅うつ病対策室(雅自律神経対策室)

http://ututaisaku.lar.jp/
価格:\19,800(本記事執筆時点)

うつ病ドリル読者へのおすすめ度:★★★★ 4/5点
寸評:やる気にあふれているが押し付けがましく感じる人もいるかも


作者は生まれながらに視覚障害を持ち、うつ病経験も20年以上にわたったとのことです。
CD6枚、テキスト3冊というと圧倒されそうですが、CDはほとんどが30分以内で終わり、テキストも書き込み式の部分が多いので実際にはそれほどボリュームは感じません。
個人的には、1講義1トラックで「聞き逃したのでちょっとだけ戻りたい」と思ってもできなかったのが不便でした。

大ざっぱに内容をまとめると、

 1.うつ病の克服=健康の向上、維持である
 2.自分の力で変えられる未来にのみ焦点を当てて考える

ということかと思います。

1.に関して、「規則正しい生活をする」「適度な運動をする」など生活上の細かな注意点が述べられています。中には「ワイドショーやホラーはなるべく見ない」というようなことも。心に良くないものは避ける、ということらしいのですがやや小うるさく感じました。

2.については、「今ここにある現実は自分が選択した結果である」という「選択理論心理学」に基づき、「うつ病が治ったら何をしたいか」という未来イメージを明確にしてポジティブな考え方に転換するよう説いています。
とはいえ、未来に対して肯定的なイメージを持てない、何かをしたいというやる気が出ないのがうつ病という病気ですので、この「考え方の問題である」という主張には疑問を感じました。
それよりは、やることを書き出しておいてできたらチェックをつけるシート、「よくできました貯金」など、具体的な1日の行動が明確になり、ちょっとしたことでも達成感を感じられる具体的な指示のほうが有効な気がしました。

「不満や要望はホームページに」というフィードバック体制があり、改善への意欲を感じます。

【お勧めポイント】

 ・行動と心理の両面からバックアップしてもらっているという安心感があります。
 ・「病院に行く以外、何をしたらよいのか?」という悩みは軽くなりそうです。
 ・CDの講義を聴けばよいので、文章を読むのは苦手という人でもOK。

【お勧めしないポイント】

 ・細かい指示をされるのが苦手な人には向いていないかも。
 ・「うつ病は思考の中にできた病気である」という論には反感を覚える人もいそうです。

【こんな人に向いているかも】

 ・通信講座などが好きで、挫折しない人。
 ・だらだらできない、何かやっていないと落ち着かない、という人。
 ・比較的うつが軽く、心理面で元気になるような言葉がほしい人。



 

うつ病ドリル管理人のうつ病実体験から選びに選んだ、
世界最高品質レベルのサプリメントは ■サプリコーナー

うつ病のみなさんと共に選んだ、 ここでしか買えないお役立ち商品! ■商品一覧

うつ病、うつの症状・治療 うつ病、うつの診断・チェック うつ病、うつの回復マニュアル

うつ病の症状と
似ている病気

統計・データを使ったうつ病講座。

うつ病診断 x4

医者も使っている国際基準のチェックリストが3つ+1つあります。

回復マニュアル

すぐ使えて根本的なノウハウをまとめてあります。

( → この記事を引用・転載するには?

  | 2007年03月05日 18:27  | この記事のアドレス URL  |

似ている記事

■良い本ありました:今月の書評(2007年3月)
  【エリのうつ】
  【仕事中だけ「うつ病」になる人たち】

■情報商材レビュー
「誰も語ろうとしなかった、精神科医にうまくかかるコツ」

■情報商材レビュー
「健康心理学講座V うつ病克服法」

■情報商材レビュー
「うつ病に立ち向かう、たった1つの方法」

■良い本ありました:今月の書評(2007年1月)
  【うつにならないための脱ポジティブマインド】
  【ひと相手の仕事はなぜ疲れるのか 感情労働の時代】

■良い本ありました:今月の書評(2006年12月)
  【どうぶつと話したい】
  【うつ・ストレス・不安には軽い運動】

■良い本ありました:今月の書評(2006年11月)
  【うつからの完全脱出 9つの関門を突破せよ!】

■良い本ありました:今月の書評(2006年10月)
  【薬で治す そう と うつ の時代】
  【薬でうつは治るのか?】

■良い本ありました:今月の書評(2006年9月)
  【梅一夜】
  【五七歳にして、「躁うつ病からの奇跡の生還」】

■良い本ありました:今月の書評(2006年8月)
   【マンガ境界性人格障害&躁うつ病REMIX】
   【過労自殺と企業の責任】
   【アットホーム「うつ」ダッド】

■良い本ありました:今月の書評(2006年7月)
   【本人と家族のための「うつ」の本】
   【「うつ」がわかって、「うつ」を治す本】






■うつ病の深い情報はメルマガで
この記事は気に入って頂けましたか? もっと深ーいうつ病情報は、当サイトのメール会報(メールマガジン)に登録された方にだけお送りしております。
うつ病の本の新刊や、うつ病用ツールの新製品などのプレゼントも行っています。

日本で発行されているうつ病のメールマガジンでは読者数1位です。
読者登録は無料です → もっと詳しく&バックナンバー
メルマガ購読・解除 ID: 135145
うつ病ドリル 〜メキメキ治った!実践法〜
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ



トラックバック絶賛受付中!

このエントリーのトラックバックURL:
http://u-drill.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1168