良い本ありました:今月の書評(2007年3月)
  【エリのうつ】
  【仕事中だけ「うつ病」になる人たち】

最近出た本の中から、読んでみて「当たり」だったものをご紹介。
2007年の3月分です。


うつ病、うつの書評-エリのうつエリのうつ
ひるま・ちいね 2007.3.10 ゴマブックス株式会社

 内容を簡単にまとめようとすると「うつ病になった娘と、それを支える母の物語」となってしまうのですが、実際に読むと言葉だけで受ける印象とはかなり異なります。

 語り手の“わたし”は最初の夫とは離婚。再婚した夫と死別し、現在は新しいパートナーと生活。職業はフリーライターです。“わたし”の最初の家庭生活でできた娘のエリは、大学卒業後は出版社に就職。デジタルコンテンツを製作する会社に転職した関係で“わたし”とは仕事上の付き合いもあります。

 前述した家庭環境による物理的、精神的な距離が妨げとなり、エリの身を案じつつも遠くから見守るしかない“わたし”ですが、そこが本書の注目すべき点でもあります。母と娘だけでない周囲との関係が広く描写され、ライターならではの分析力でうつになったエリの人物像と環境を掘り下げています。娘とつながり続けようと模索する母親の姿が読後も温かく胸に残ります。

うつ病、うつの書評-仕事中だけ「うつ病」になる人たち仕事中だけ「うつ病」になる人たち――30代うつ、甘えと自己愛の心理分析
香山リカ 2007.1.18 株式会社講談社

 これはギリギリまで「うつ病ドリルで紹介するべき本だろうか?」と悩んだ一冊です。最終的に選んだ理由は知っておくべき内容だと思ったから。うつ病は、患者をとりまく生活環境が病状の一進一退を大きく左右します。その時々の社会の在り方が患者を作るともいえるでしょう。本書では、自分でうつ病と宣言し仕事を長期間休みながらも旅行や趣味には精を出せる「30代うつ」の正体を分析しています。

 著者は「30代うつ」を単なる甘えと切り捨てているわけではありません。新しいタイプの疾病だと捉え、だからこそ治療法や対処法も異なるのだと述べているのです。例えば「30代うつ」には復職を誘う、励ますなど、今まではタブーとされてきた積極的介入が有効な場合があるといった具合です。見極めが難しいだろうなと素人ながらに思いますが、この問題に触れずに放っておくことは「仕事を休んで遊んでいる」など、更なる誤解と偏見を招きかねません。その意味でも本書を評価したいと思います。


森のモモ



 

うつ病ドリル管理人のうつ病実体験から選びに選んだ、
世界最高品質レベルのサプリメントは ■サプリコーナー

うつ病のみなさんと共に選んだ、 ここでしか買えないお役立ち商品! ■商品一覧

うつ病、うつの症状・治療 うつ病、うつの診断・チェック うつ病、うつの回復マニュアル

うつ病の症状と
似ている病気

統計・データを使ったうつ病講座。

うつ病診断 x4

医者も使っている国際基準のチェックリストが3つ+1つあります。

回復マニュアル

すぐ使えて根本的なノウハウをまとめてあります。

( → この記事を引用・転載するには?

  | 2007年03月26日 19:58  | この記事のアドレス URL  |

似ている記事

■良い本ありました:今月の書評(2007年3月)
  【エリのうつ】
  【仕事中だけ「うつ病」になる人たち】

■情報商材レビュー
「誰も語ろうとしなかった、精神科医にうまくかかるコツ」

■情報商材レビュー
「健康心理学講座V うつ病克服法」

■情報商材レビュー
「うつ病に立ち向かう、たった1つの方法」

■良い本ありました:今月の書評(2007年1月)
  【うつにならないための脱ポジティブマインド】
  【ひと相手の仕事はなぜ疲れるのか 感情労働の時代】

■良い本ありました:今月の書評(2006年12月)
  【どうぶつと話したい】
  【うつ・ストレス・不安には軽い運動】

■良い本ありました:今月の書評(2006年11月)
  【うつからの完全脱出 9つの関門を突破せよ!】

■良い本ありました:今月の書評(2006年10月)
  【薬で治す そう と うつ の時代】
  【薬でうつは治るのか?】

■良い本ありました:今月の書評(2006年9月)
  【梅一夜】
  【五七歳にして、「躁うつ病からの奇跡の生還」】

■良い本ありました:今月の書評(2006年8月)
   【マンガ境界性人格障害&躁うつ病REMIX】
   【過労自殺と企業の責任】
   【アットホーム「うつ」ダッド】

■良い本ありました:今月の書評(2006年7月)
   【本人と家族のための「うつ」の本】
   【「うつ」がわかって、「うつ」を治す本】






■うつ病の深い情報はメルマガで
この記事は気に入って頂けましたか? もっと深ーいうつ病情報は、当サイトのメール会報(メールマガジン)に登録された方にだけお送りしております。
うつ病の本の新刊や、うつ病用ツールの新製品などのプレゼントも行っています。

日本で発行されているうつ病のメールマガジンでは読者数1位です。
読者登録は無料です → もっと詳しく&バックナンバー
メルマガ購読・解除 ID: 135145
うつ病ドリル 〜メキメキ治った!実践法〜
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ



トラックバック絶賛受付中!

このエントリーのトラックバックURL:
http://u-drill.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1194