今日のうつ病ニュース 08.01.30(水):うつ病と肥満はニワトリと卵▽うつ病で電車に飛び込む心理▽ケータイで社会不適応に▽びっくり外来ランキング

■うつ病と肥満が中年女性に併存

うつ病の女性では肥満(BMIが30以上)2倍以上多く
肥満女性ではうつ病が2倍以上多い。

体重が多いことを恥だと思うことが自尊心を傷つけ、
減量の意欲を失わせてしまう。

Group Health Cooperative 精神科医の Gregory Simon 博士:
「自尊心を取り戻すためには、体重を減らすことが助けになる」

「General Hospital Psychiatry」1/ 2月号より

(内容を保つように編集済み)

太って自信がなくなったために痩せる意欲がなくなることに対し「じゃあ痩せればいいじゃん」というストレートな博士。これがアメリカ流でしょうか。

ちなみに、太っている人のカロリー摂取は普通の人より2割多いだけで、決してドカ食いしているわけではないとか。それに運動不足が加わった結果太るということだそうです。

太ることによる恥の意識が根元にあるわけで、ストレスがあるからといって食べてしまうことは

  1. ストレス源に対策をしない→うつ病リスク
  2. 太って自信がなくなる→うつ病リスク

という2重の意味で危ないことになりますね。

■うつ病で電車に飛び込みたくなる心理

「電車に飛び込む行為というのは、真っ当な判断力がなければいとも簡単にできてしまう行為だ」

「家族・友人・知人が悲しむ」、「仕事はどうなるのだ」といったことはまるで考えず、「この電車に飛び込めば自分は死ねる」ということしか考えなかったというのだ。

だが、二台目の電車に乗り込み、すでに冷静になった彼は「なんで自分はそんなことを考えたのだろうか。ワケが分からない」とも思う。

(内容を保つように編集済み)

自殺に対する誤解で最も多いのが「自殺したい心理を普通の人が検証可能である」というもの。それが高じて「自殺は甘えだ」「残された人はどうなる」という見当違いな非難が出てきます。

うつ病だったり長い時間ストレスにさいなまれた人はそもそも脳が正常に動いていないので、その思考を脳が正常に動いている人がたどることは不可能です。
本人でさえその瞬間が過ぎれば「なんであんなこと考えたんだろう」というくらい異常な考えなのですから。

■パソコン&ケータイの長時間使用にご用心

最近問題になっているのが、心への影響です。行動やものの考え方がデジタル的になって、対人関係にひびが入ったり、通常の社会生活が営めなくなっている人が増えているのです。

似たような記事として「テクノ依存症」もどうぞ。
脳は使わない部分がどんどん退化するので、対人のコミュニケーションをせずに Yes/No、On/Off だけで操作するような PC やケータイを使い続けていれば、対人コミュニケーションが出来なくなったり、あいまいな状況を白黒付けずにストレスなく乗り切ることが苦手になるのは原理的に当たり前のこと。

周りや社会にどうもなじめないと思ったら、PC やケータイを使う時間が長すぎないか気にするのは無駄じゃないと思いますよ。なかなか自分では気付きにくいですが。


その他小さいニュース:

■びっくりしてしまう専門外来医院ランキング
>1. 物忘れ専門外来
>2. 体臭専門外来
>3. 思春期専門外来

時代が変われば病院も変わります。
管理人の個人的には、11位の「セカンドオピニオン外来」って他の病院とモメないのか心配です。



 

うつ病ドリル管理人のうつ病実体験から選びに選んだ、
世界最高品質レベルのサプリメントは ■サプリコーナー

うつ病のみなさんと共に選んだ、 ここでしか買えないお役立ち商品! ■商品一覧

うつ病、うつの症状・治療 うつ病、うつの診断・チェック うつ病、うつの回復マニュアル

うつ病の症状と
似ている病気

統計・データを使ったうつ病講座。

うつ病診断 x4

医者も使っている国際基準のチェックリストが3つ+1つあります。

回復マニュアル

すぐ使えて根本的なノウハウをまとめてあります。

( → この記事を引用・転載するには?

  | 2008年01月30日 12:55  | この記事のアドレス URL  |

似ている記事

■日本うつ病学会治療ガイドライン II.大うつ病性障害 が発表されました
■【告知】うつからの就職活動セミナー
■【告知】“うつ”復職支援フォーラム
■「うつ病の頭と体が気持ちよーく楽になるお茶会」
■1名無料ご招待「うつ病の頭と体が気持ちよーく楽になるお茶会(まだ仮称)」
■うつ病のリスクを減らす食生活はコレ!
■精神疾患と肥満、どちらが先?
■自殺予防週間、各県の取り組み
■続々と開発される血液検査でのうつ病診断
■ネットで認知行動療法
■職場にうつ病を打ち明けるか? アンケート結果
■告知「脳と栄養のシンポジウム」
■抗うつ薬、最近の動き
■血液検査でうつ病診断
■遺伝子で決まる? 不眠・うつ・プラス思考の傾向
■SSRIで攻撃性が増す?
■パパのメンタルヘルスは息子の将来を決める!?
■平成20年の自殺者統計発表

続きは → コーナー全記事リスト




■うつ病の深い情報はメルマガで
この記事は気に入って頂けましたか? もっと深ーいうつ病情報は、当サイトのメール会報(メールマガジン)に登録された方にだけお送りしております。
うつ病の本の新刊や、うつ病用ツールの新製品などのプレゼントも行っています。

日本で発行されているうつ病のメールマガジンでは読者数1位です。
読者登録は無料です → もっと詳しく&バックナンバー
メルマガ購読・解除 ID: 135145
うつ病ドリル 〜メキメキ治った!実践法〜
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ



トラックバック絶賛受付中!

このエントリーのトラックバックURL:
http://u-drill.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1978