今日の「治るヒント」08.03.26(水):抗うつ剤が効かなかった人への一手▽オフィスでのストレス解消法▽休日に仕事を忘れる法

■SSRI治療抵抗性のうつ病、次の一手は?

治療抵抗性の青年期うつ病患者でも、抗うつ薬を切り替えることで約40%が反応すること、さらに心理療法(主に認知行動療法:CBT)を併用すれば反応率は55%に上がることが示された。

(内容を保つように編集済み)

これは青年の場合に限った実験の話です。
薬は、いろんな SSRI や SNRI に変えてもどれもあんまり変化なかったそうですが、認知行動療法を使った場合は一気に治りやすくなったとか。


■イライラ、キレる、その前にストレス解消しよう!

1. ヨガの呼吸法でリラックス
2. 足の甲のツボを押す
3. 頭のてっぺんのツボを押す
4. 手首をマッサージする
5. 手のひらの中心を押す
6. 全身に力を入れて脱力

(内容を保つように編集済み)

6. の方法の応用はタイガーウッズもやっています。失敗したとき、ほんの数秒だけ全力で怒って、その後すぐ平常心に戻るという方法です。一度緊張度を上げることで、その後のリラックスが深くなるのです。


■休日に仕事を忘れるリフレッシュ法

「何時までにやる」と周りにも宣言し、仕事をギリギリまでひっぱらないようにするといい。

ほかの対処法としては、脳が記憶しておかなくてもいいように、しなければいけないことを書き出すことがとても効果的です。そうすると脳が「記憶を留めなくていい」と、休憩できるわけです。

(内容を保つように編集済み)

>これはツァイガルニク効果といって、途中になっていることのほうが、完了してしまったことよりも強く記憶に残るという脳の働きの特徴なのです。

だそうです。仕事のやり方の本では「区切りの悪いところで仕事を終わらせておくと、残りの仕事を早く終わらせたり品質を上げるための策を閃きやすい」というのは、やりかけの仕事について脳が常に考え続けているという習性を使っているのですが、副作用としてこの相談のように脳が休まらないわけですね。

あ、他の解決法として「寝る」のもお勧めだそうです。


■宮崎県の自殺率が日本2位に
上位の県が自殺対策を進めた結果、今まで3位だった宮崎県が浮上してしまった…ということのように見えます。



 

うつ病ドリル管理人のうつ病実体験から選びに選んだ、
世界最高品質レベルのサプリメントは ■サプリコーナー

うつ病のみなさんと共に選んだ、 ここでしか買えないお役立ち商品! ■商品一覧

うつ病、うつの症状・治療 うつ病、うつの診断・チェック うつ病、うつの回復マニュアル

うつ病の症状と
似ている病気

統計・データを使ったうつ病講座。

うつ病診断 x4

医者も使っている国際基準のチェックリストが3つ+1つあります。

回復マニュアル

すぐ使えて根本的なノウハウをまとめてあります。

( → この記事を引用・転載するには?

  | 2008年03月26日 18:46  | この記事のアドレス URL  |

似ている記事

■日本うつ病学会治療ガイドライン II.大うつ病性障害 が発表されました
■【告知】うつからの就職活動セミナー
■【告知】“うつ”復職支援フォーラム
■「うつ病の頭と体が気持ちよーく楽になるお茶会」
■1名無料ご招待「うつ病の頭と体が気持ちよーく楽になるお茶会(まだ仮称)」
■うつ病のリスクを減らす食生活はコレ!
■精神疾患と肥満、どちらが先?
■自殺予防週間、各県の取り組み
■続々と開発される血液検査でのうつ病診断
■ネットで認知行動療法
■職場にうつ病を打ち明けるか? アンケート結果
■告知「脳と栄養のシンポジウム」
■抗うつ薬、最近の動き
■血液検査でうつ病診断
■遺伝子で決まる? 不眠・うつ・プラス思考の傾向
■SSRIで攻撃性が増す?
■パパのメンタルヘルスは息子の将来を決める!?
■平成20年の自殺者統計発表

続きは → コーナー全記事リスト




■うつ病の深い情報はメルマガで
この記事は気に入って頂けましたか? もっと深ーいうつ病情報は、当サイトのメール会報(メールマガジン)に登録された方にだけお送りしております。
うつ病の本の新刊や、うつ病用ツールの新製品などのプレゼントも行っています。

日本で発行されているうつ病のメールマガジンでは読者数1位です。
読者登録は無料です → もっと詳しく&バックナンバー
メルマガ購読・解除 ID: 135145
うつ病ドリル 〜メキメキ治った!実践法〜
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ



トラックバック絶賛受付中!

このエントリーのトラックバックURL:
http://u-drill.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/2005