抗うつ剤(SSRI)は依存せず止められるのか?

ひとし さんからの相談です。

うつ病になって仕事を休職して3ヶ月。現在、アモキサン25mgとパキシル10mg、ジェイゾロフト25mgを服用しています。

だいぶ以前に比べ調子も良くなってきたので5月から復職する予定ですが、ひとつ不安な事があります。

一度、調子が良くなったので、自分の判断で薬の服用を止めた時、薬の副作用で発汗と何とも言えない気持ちになりました。

自分ではだいぶ調子が良くなってきたので、薬に頼らず止めたいのですが、本当に止められるものなんでしょうか?

先生にもお話をして徐々に薬を減らしていく方向で行っていますが、薬に依存してしまわないかそれだけが不安です。

管理人のお答え:
ご相談ありがとうございます。うつ病ドリルです。

まず、薬に依存して止められないということは、ゼロではないですが
ほぼないと思って良いので安心して下さい。
もしあるとすれば「薬で体調が良くなったのを利用して無茶をして、
薬がないと成り立たない生活パターンになった時」でしょうか。


さて、ご相談の内容ですが

> 一度、調子が良くなったので、自分の判断で薬の服用を止めた時、
> 薬の副作用で発汗と何とも言えない気持ちになりました。
>
> 自分ではだいぶ調子が良くなってきたので、薬に頼らず止めたいの
> ですが、本当に止めれるものなんでしょうか?

抗うつ剤は、効いてきて調子が良くなった後、本当に脳が治るまでそれなりの期間がかかります。うつ病になってすぐ治療を始めればすぐ治りますが、長期間患っていたり脳の損傷がひどかった場合は闘病期間も長くなります。
ですので、調子が良くなっただけで脳が治っていないうちに薬を止めれば、すぐに症状がぶり返します。

さらに、抗うつ薬など「使っている間に身体が慣れてくる薬」は、急に止めた時に揺り戻しがあります。これを退薬症候とか離脱症候と言います。
医師向けの薬の説明書には、この退薬症候を起こさないように薬を減らす時にはゆっくり減らしていくように書いてあります。

例えば、今お飲みのジェイゾロフトの説明書(添付文書)にあるのは

>投与中止(突然の中止)により、不安、焦燥、興奮、浮動性めまい、
>錯感覚、頭痛及び悪心等があらわれることが報告されている。
>投与を中止する場合には、突然の中止を避け、患者の状態を
>観察しながら徐々に減量すること。

という注意書きです。
徐々に減らす期間は、数週間の人もいれば数ヶ月の人もいます。
それはケースごとに医師が判断します。

今飲まれているパキシルの退薬症候についてはこちらにまとめてありますので、併せてご覧ください。
http://u-drill.jp/archives/2007_07/24_092525.php

また、うつ病になる条件は日常生活そのものに潜んでいて、外部からのストレスだけで発生することはほぼありません。

うつ病のかかりやすさは、以下の総合値で決まります。

  • ベース:遺伝
  • 入ってくるストレスの質と量:生活環境
  • 入ってきたストレスを小さくする力:考え方のパターン
  • 溜まったストレスに耐える力:生活習慣(食生活、運動、睡眠)
  • 溜まったストレスを解消する力:リラックス習慣(趣味、運動など)
    ※非常に疲れている時は、絵画鑑賞など受動的な趣味が適します。

闘病によってうつ病が治っても、これらの条件が以前と同じであれば、非常に高い確率で再発します。1年以内に半数の人が再発するという再発率の高さは、これが原因です。

うつ病が治ったら、必ず生活習慣や考え方のパターンを整え、ストレスに打たれ強い自分になるようにしてください(この2つは自分の力でコントロールできるものです)。

回復をお祈りしております。



 

うつ病ドリル管理人のうつ病実体験から選びに選んだ、
世界最高品質レベルのサプリメントは ■サプリコーナー

うつ病のみなさんと共に選んだ、 ここでしか買えないお役立ち商品! ■商品一覧

うつ病、うつの症状・治療 うつ病、うつの診断・チェック うつ病、うつの回復マニュアル

うつ病の症状と
似ている病気

統計・データを使ったうつ病講座。

うつ病診断 x4

医者も使っている国際基準のチェックリストが3つ+1つあります。

回復マニュアル

すぐ使えて根本的なノウハウをまとめてあります。

( → この記事を引用・転載するには?

  | 2008年04月11日 18:56  | この記事のアドレス URL  |

似ている記事

■外出や趣味に踏み出せない
■家族はうつ病の治療に不可欠?
■勉強と対人関係のストレスだけで高校生がうつ病になり得る?
■いつまで通院?こだわりが治るまで?
■大豆以外のプロテインはどれが良い?
■セカンドオピニオンを受けたい(薬が多すぎる)
■アメリカで受診したい(英語ができない)
■イライラに良いサプリは?
■カウンセリングは絶対必要?
■衝動的に薬を飲み過ぎる(オーバードーズする)心理とは?
■旅はうつ病に悪いか?
■プロテインによる腸のガスを消す方法
■どうしても気力が出ないまま闘病が長引いている
■抗うつ剤(SSRI)は依存せず止められるのか?
■国民年金は障害者手帳があれば免除されるのか?
■本人が医者に行きたがらない
■薬を飲まずに再発した母の次の再発を防ぐには
■全身の筋肉がピクピクする

続きは → コーナー全記事リスト




■うつ病の深い情報はメルマガで
この記事は気に入って頂けましたか? もっと深ーいうつ病情報は、当サイトのメール会報(メールマガジン)に登録された方にだけお送りしております。
うつ病の本の新刊や、うつ病用ツールの新製品などのプレゼントも行っています。

日本で発行されているうつ病のメールマガジンでは読者数1位です。
読者登録は無料です → もっと詳しく&バックナンバー
メルマガ購読・解除 ID: 135145
うつ病ドリル 〜メキメキ治った!実践法〜
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ



トラックバック絶賛受付中!

このエントリーのトラックバックURL:
http://u-drill.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/2012


サイト名「うつ病110番」
記事名「抗うつ剤(SSRI)は依存せず止められるのか?-うつ病ドリル
注意:「素人の読書感想文です」 心配なら、セカンドオピニオンを受けることをお勧めします。 抗うつ剤(SSRI)は依存せず止められるのか?-うつ病ドリル... 2008年04月18日 10:33