8人に1人……うつ病と受診の現状

「潜在的うつ病」と「うつ病の受診」についてそれぞれ調査したというニュースです。

約8人に1人がうつ病・うつ状態の可能性 ファイザー調べ

12歳以上の一般生活者の12%、約8人に1人にうつ病・うつ状態の可能性があることが、ファイザーのインターネットで調査でわかった。

このニュースの元となったプレスリリースがこちら。資料(PDFファイル)はこちら

これは一般の人4000人を対象にインターネット調査を行ったものです。
結果を簡単にまとめます。

 
  1. 全体の12%にうつ病・うつ状態の可能性があった(「うつ質問票(PHQ)」による判断)
  2. うつ病・うつ状態の人のうち、医療機関を受診したことがあるのは24%
  3. 受診について誰にも相談していない(自分で判断した)人が91%
  4. 誰にも相談していない人は受診率15%、誰かに相談した人の受診率は83%
  5. うつ状態なのに受診していない人へ、なぜ受診しないのか
       行く必要を感じない……………44%
       医療機関への不信感がある……20%
       周囲に知られたくない…………15%
  6. 上記5.の質問で「行く必要を感じない」と答えた人の重症度
       軽症…………62%
       中度…………51%
       やや重症……21%
       重症…………25%

重症の人でも4人に1人は「医者に行く必要はない」と感じていることになります。

4.の質問に関して、鳥取大学医学部の中込教授はプレスリリースで、
「最も大切なことは、自分がうつ病かもしれないと感じたら、誰かに相談できる環境を創出すること」
「”うつ病は自分が患ってもおかしくない病気”と自分も周囲も理解している環境が早期受診につながる」
とコメントしています。


では、受診にこぎつけた人はその後どうなるのでしょうか。

同じくファイザーのプレスリリース「受診経験のある患者における受診行動調査」。元となる資料(PDFファイル)はこちら
これは受診経験のある患者さん1000人を対象にした調査です。

 
  1. 最初に受診したのは
       専門医(精神科や心療内科)………………53%
       非専門医(かかりつけの内科医など)……45%
  2. 最初の受診から医療機関を変えたのは
       専門医受診……………26%
         別の専門医へ…………43%(変更した人全体で100とする)
         非専門医へ…………… 5%
       非専門医受診…………30%
         専門医へ………………27%
         別の非専門医へ………22%
  3. 治療を中断したことがある人は25%
  4. 中断したときに、症状が治まっていなかったのは41%
       (理由)通院が面倒、通院するほどではないと思った、症状が良くならなかった、など
  5. 初診時に「うつ病・うつ状態」と診断されたのは
       専門医……52%
       非専門医…17%
  6. 処方されている薬のパターンで最も多いのは
       専門医……三環系あるいは四環系+その他抗うつ薬+SSRI+抗うつ薬以外(胃薬など)
       非専門医…抗うつ薬以外の単剤
  7. 治療の満足度には何が影響するか
       《専門医受診》
         施設の雰囲気・受診のしやすさ…30.5%
         薬剤の効果…………………………29.6%
         医師の病気の説明…………………25.0%
       《非専門医受診》
         医師の病気の説明…………………40.2%
         薬剤の効果…………………………20.5%
  8. 受診までの期間が短いと満足度が高い傾向に

2.を見ると、うつ病でありながら「ずっと非専門医にかかっている」という人が2割以上いることがわかります。

8.を踏まえて、「うつ病治療においては、かかりつけ医の役割が重要である」とコメントされていますが、5.のように「かかりつけ医がうつ病を正しく診断できない」となるとなかなか早期発見・早期治療も難しいのではないでしょうか。

この病気は、判断力が鈍るのも特徴の一つです。
自己判断で「受診する必要を感じない」と思ったり、勝手に治療を中断したりせずに、まずは受診して客観的に判断してもらう。
そのうえで、医者の説明に納得できなかったり、判断が合わなかったりするようであれば医療機関を変える。
そのような患者側の工夫も必要かもしれません。


本郷玖美



 

うつ病ドリル管理人のうつ病実体験から選びに選んだ、
世界最高品質レベルのサプリメントは ■サプリコーナー

うつ病のみなさんと共に選んだ、 ここでしか買えないお役立ち商品! ■商品一覧

うつ病、うつの症状・治療 うつ病、うつの診断・チェック うつ病、うつの回復マニュアル

うつ病の症状と
似ている病気

統計・データを使ったうつ病講座。

うつ病診断 x4

医者も使っている国際基準のチェックリストが3つ+1つあります。

回復マニュアル

すぐ使えて根本的なノウハウをまとめてあります。

( → この記事を引用・転載するには?

  | 2008年04月28日 16:30  | この記事のアドレス URL  |

似ている記事

■日本うつ病学会治療ガイドライン II.大うつ病性障害 が発表されました
■【告知】うつからの就職活動セミナー
■【告知】“うつ”復職支援フォーラム
■「うつ病の頭と体が気持ちよーく楽になるお茶会」
■1名無料ご招待「うつ病の頭と体が気持ちよーく楽になるお茶会(まだ仮称)」
■うつ病のリスクを減らす食生活はコレ!
■精神疾患と肥満、どちらが先?
■自殺予防週間、各県の取り組み
■続々と開発される血液検査でのうつ病診断
■ネットで認知行動療法
■職場にうつ病を打ち明けるか? アンケート結果
■告知「脳と栄養のシンポジウム」
■抗うつ薬、最近の動き
■血液検査でうつ病診断
■遺伝子で決まる? 不眠・うつ・プラス思考の傾向
■SSRIで攻撃性が増す?
■パパのメンタルヘルスは息子の将来を決める!?
■平成20年の自殺者統計発表

続きは → コーナー全記事リスト




■うつ病の深い情報はメルマガで
この記事は気に入って頂けましたか? もっと深ーいうつ病情報は、当サイトのメール会報(メールマガジン)に登録された方にだけお送りしております。
うつ病の本の新刊や、うつ病用ツールの新製品などのプレゼントも行っています。

日本で発行されているうつ病のメールマガジンでは読者数1位です。
読者登録は無料です → もっと詳しく&バックナンバー
メルマガ購読・解除 ID: 135145
うつ病ドリル 〜メキメキ治った!実践法〜
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ



トラックバック絶賛受付中!

このエントリーのトラックバックURL:
http://u-drill.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/2017