どうしても気力が出ないまま闘病が長引いている

銀猫 さんからのご相談です。


こんにちは。いつもうつ病ドリルやメルマガを参考にさせて頂いております。

うつ病になったのは正確な時期は覚えていないのですが、当初は自律神経失調症と言われ(昼夜逆転の生活を繰り返していたので)内科にかかっていました。その頃はパキシルやデパスを出されていたように思います

その後、症状が改善せず、内科では限界と言われメンタルクリニックを紹介されて06年の9月頃からそちらへ通うようになりました。出されていたのはパキシル10mgを2錠、他ソラナックス、デパス、マイスリー、ジブレキサなどで(ジプレキサは症状
は良くなったのですが体重増加が酷かったので2ヶ月程度でやめました)最後に診察を受けた07年10月にはパキシル10mgを1錠、ルーラン、ドグマチール50mgを1錠、ソラナックス0,4mgを飲んでいました。

この先生にかかっていた約1年の間は全体的にはあまり改善が見られず、いい時もあるけれど悪い時の方が多く、仕事を休み休み何とか辛うじて通っていた状態で、間で1ヶ月、6月頃に母との口論がきっかけになって自殺未遂(ODで救急車で運ばれました)をした折に休職しています。
この1年は気力がない、といった症状と併せて不眠や中途覚醒が酷く、マイスリーを飲んでいたときもあったのですが、記憶障害(夜中に覚えていないのに何かを食べたりしている)が酷く、階段から落ちたりするのが心配で飲むのをやめました。

07年の11月末、かかっていたメンタルクリニックの先生に、あなたの病気は治るとは言ってあげられない、と言われたのがショックで、どうしても医師の事を信用しきれず、それらもきっかけになってか体調が悪化し、起きているのさえ辛くなってしまい、仕事にいけなくなったので、転院して別の心療クリニックへかかるようになりました。

以前の病院での診断は「うつ状態」だったのですが、新しい先生の診断は「うつ病」でした。

07年11月末より今までで一番状況が悪く、仕事も11月末〜1月まで休職する事になり、出来ることがあれば何でもしようとこちらのサイトさんのサプリメントも試すようになりました。

予算的なものもあって、飲んでいたのはメガVM・亜麻仁油・ホスファチジルセリン・リローラです。プロテインはピュア・ソイを買ったのですが、寒い時期だったのもあって冷たい飲料を飲み続ける事が出来ず、プロテイン無しで3月まで続けていました。

08年2月より勤務時間を短くして貰って復職しましたが、それから今までは何とか通えていたものの、最近どうしても午前中に仕事に行く用意をするのが億劫で辛くて、家から出れない日が増えてきてしまいましたました。

暖かい時期になってきたので、もう1度がんばってみようと重い、今はプロテインはピュア・ソイを野菜ジュースを水で薄めたもの(野菜ジュースそのままだと濃くて飲みにくかったので)に15gくらいから慣らしていって今20g強飲むようにしています。
(仕事のある日は昼はメガVM・プロテインは抜きです←メガVMは1日2〜4個と書いてあるので昼抜きでも足りるかなと思い…プロテインを飲んでいるときは飲んでます)
メガVM・亜麻仁油・ホスファチジルセリン・リローラに加えてライフエクステンション社のギンコも1ヶ月ほど前から飲み始めました(最初は予算面から外していたのですがなりふり構っていられなくなってきたので>アレルギー体質なので安いものを飲むのは心配で…)

薬は、現在

アモキサン25mg*2錠
ソラナックス0,4mg1錠
ルジオミール25mg1錠
ジェイゾロフト25mg1錠


アモキサン25mg*2錠
ソラナックス0,4mg1錠
ルジオミール25mg1錠


アモキサン25mg*2錠
ソラナックス0,4mg1錠
ルジオミール25mg1錠
ジェイゾロフト25mg1錠

就寝前
レスリン25mg*3錠
ジェイゾロフト25mg*2錠
リスミー2mg1錠

を飲んでいます。
睡眠障害は無くなり、今の薬で眠れるようにはなりました。
11月末の時点よりは朝辛くてなかなか起きれなかったのに、寝起きも随分良くなりました。

ただ、どうしても何かをしよう、したいという意欲が戻らず、調子のいい日は夜中近くになって少しはパソコンを触ったり出来るのですが、休日も、仕事を休んでしまった日も、1日中、ご飯を食べる以外の時間は起きているのが億劫で横になってしまいます。起きてる時間の方が寝てる時間より短い位です。
(今日は少し具合がいいのでこの時間でもメールをしようと思えるようになりましたが)病気をしてから動けなくなって、3年ほどの期間で10kg体重が増えました。

医師からは現在薬はほぼ限界量を出しているのでこれ以上薬を上乗せは無理、と言われています。

仕事は、正規職員ではありませんが、念願叶って勤めている職場で、人間関係も良好、仕事にはやりがいもあり、一生勤めたいと思っている仕事で、7年目になります。
それにも関わらず、以前のような熱意が持てず、午前中仕事へ行く用意をするのが億劫でなりません。どうして行く気になれないのか判らない状態です。
(午後からならいける日もあったのですが、先週はいけなくなって休んでいます)

医師にも周囲にも、病気を治すのは自分自身で、薬ではない、と言われます。
此方のサプリを試すのも病気を治すのは自分自身、と言われて、出来る事はないかと思い、始めた事です。

こちらの療法でも、中程度の症状なら散歩を、と勧められているのですが、元々外出が苦手で、どうしても散歩が出来ません。散歩に行こうと思って行けない事がストレスになります。
具合がいい日は、家の中を5〜10分程度歩いたり、階段を上り下りしたりする程度です。

サプリメントは、食事の前に取るようにしています(食事の後だとお腹一杯になって主にプロテインが飲めない可能性があるので)

プロテインを飲むのを再開してからまだ1ヶ月程度では結論を出すのは早いかもしれませんが、11月末の時点から今まで、復職はしたものの、良くなったという実感があまり持てません。医師にも言ったのですが、例えるなら心の中がからっぽで何もない、というような状態です。以前楽しかった事も何も手につきませんし楽しめません。どうして生きているのか…こんな状態で生きていても意味がない、と何度も死にたくなり、一ヶ月ほど前にリストカットをしてます。

どうしたら今以上の所へ回復出きるでしょうか。やる気と行動力が戻ってくれるでしょうか。仕事に苦無くいけるようになるでしょうか。本当に、病気は良くなるのでしょうか。病気を治すのは自分自身なら、自分に足りていないのは何でしょうか。
(確かに11月末の一番酷かった時期より気分の落ち込みは無くなったようには思いますが)
散歩が出来なくても、サプリの効果は出るでしょうか。
サプリを飲むタイミングは食前で問題ないでしょうか。
プロテインの量は20g強では少ないでしょうか。

正規職員ではないので、お給料が元々少ない上に、去年療休で休んだ期間が欠勤扱いになるので今年度有休がなく、現在勤務時間が短い影響で収入が何時もの半分程度しかありません。サプリを長い間続けるのは辛いと思います。

どうか、より効果的な飲み方や、何か良くなる為に出来る事などがあれば教えて頂ければと思います。
長文、お付き合いいただき有難うございました。

管理人のお答え:

うつ病ではやる気が最後まで回復しないというのはどの本にも書いてありますが、どうやったら回復するかはどの本にも書いてありませんよね。
そこで、動機付け理論や栄養、睡眠などを組み合わせた「やる気の仕組み」についてお話したいと思います。

まず、やる気と行動力が生まれる仕組みが満たされているかどうかを簡単にチェックしてみましょう。

・生活習慣(基本)
  ・食事(栄養バランスと血糖値の安定)
  ・睡眠(寝る前に心配事を忘れているか?)
  ・運動(筋肉を動かすとホルモンバランスが変わる)

・仕事の条件(エネルギーを正しく使う)
  ・意義(やる価値のある仕事か?)
  ・達成(やり遂げたか?)
  ・承認(褒められたか?)

・リラックス(エネルギーを正しく補充する)
  ・考え方(入ってくるストレスを小さくする考え方か?)
  ・解消(溜まったストレスを解消する手段があるか?)
  ・心配事(完全に安心してリラックスする時間が毎日あるか?)

これらが揃ったときにやる気が保たれます。
例えやりがいのある仕事でも、生活習慣が乱れたりリラックス習慣がなければ使ったやる気が補充されず、やる気が尽きてしまいます。

頂いたご相談全体から感じることは、リラックス習慣がなく常に「こんなはずではない、これではダメだ」という考えが尽きないのではないか?ということです。こういった自分を責める考えはやる気を確実に奪い、また回復もさせません。

また、運動についても気になります。

>元々外出が苦手で、どうしても散歩が出来ません

散歩以外でもストレッチ、軽いヨガという選択肢もあり得ますし、症状が重くなければ本当は軽い筋力トレーニングも良いのです。
筋肉を鍛える(負荷を与える)とその後 48時間くらいは代謝が良くなって身体の回復も早くなりますし、ノルアドレナリン(やる気ホルモン)も出やすくなります。
ただし筋力トレーニングをしても良いのはあくまで症状が重くない場合に限ります。

最後に。
生まれつきポジティブでストレス知らずの人がいます。
どうやったら私たちもそうなれるでしょうか?
答えは

「気持ち良いなぁ」

と先に言って(考えて)しまうことです。
そうすれば、それにつじつまが合うようなことを脳が勝手にこじつけてくれます。

例えば、散歩に出た時に水たまりにバシャッと足を入れてしまった時、たいていの人は「やっちゃったよ。全くもう…」と感じます。
そこで「気持良いなぁ。子供のころは長靴で水たまりでバシャバシャやるのは面白かったよなぁ」と考えて、なるべく子供の頃の快感を思い出すようにします。
人間は2つのことを同時に考えることは出来ないので、快感で先に脳を満たしてしまえばネガティブな考えは自動的になくなります。

こういった「別の面に集中する」というのは認知行動療法の基本ですが、これこそがポジティブな人が私たちのような普通の(よくネガティブになる)人と違う点の最も根本の部分です。
彼らは常に頭のなかでこれをやっています。逆に言えば、それだけです。

これはただのクセ、つまり習慣なので、身につけるために秘訣とか適性というものは何もなくて、ただ繰り返せば良いだけです(呼吸をするのに向いていない人がいないのと同じ)。
ポジティブな人たちも育つ過程でこれを身につけるには何年もかかっているはずですが、真似しようと思えば私たちも数ヶ月でそこそこ身につけることができます。



 

うつ病ドリル管理人のうつ病実体験から選びに選んだ、
世界最高品質レベルのサプリメントは ■サプリコーナー

うつ病のみなさんと共に選んだ、 ここでしか買えないお役立ち商品! ■商品一覧

うつ病、うつの症状・治療 うつ病、うつの診断・チェック うつ病、うつの回復マニュアル

うつ病の症状と
似ている病気

統計・データを使ったうつ病講座。

うつ病診断 x4

医者も使っている国際基準のチェックリストが3つ+1つあります。

回復マニュアル

すぐ使えて根本的なノウハウをまとめてあります。

( → この記事を引用・転載するには?

  | 2008年05月08日 14:54  | この記事のアドレス URL  |

似ている記事

■外出や趣味に踏み出せない
■家族はうつ病の治療に不可欠?
■勉強と対人関係のストレスだけで高校生がうつ病になり得る?
■いつまで通院?こだわりが治るまで?
■大豆以外のプロテインはどれが良い?
■セカンドオピニオンを受けたい(薬が多すぎる)
■アメリカで受診したい(英語ができない)
■イライラに良いサプリは?
■カウンセリングは絶対必要?
■衝動的に薬を飲み過ぎる(オーバードーズする)心理とは?
■旅はうつ病に悪いか?
■プロテインによる腸のガスを消す方法
■どうしても気力が出ないまま闘病が長引いている
■抗うつ剤(SSRI)は依存せず止められるのか?
■国民年金は障害者手帳があれば免除されるのか?
■本人が医者に行きたがらない
■薬を飲まずに再発した母の次の再発を防ぐには
■全身の筋肉がピクピクする

続きは → コーナー全記事リスト




■うつ病の深い情報はメルマガで
この記事は気に入って頂けましたか? もっと深ーいうつ病情報は、当サイトのメール会報(メールマガジン)に登録された方にだけお送りしております。
うつ病の本の新刊や、うつ病用ツールの新製品などのプレゼントも行っています。

日本で発行されているうつ病のメールマガジンでは読者数1位です。
読者登録は無料です → もっと詳しく&バックナンバー
メルマガ購読・解除 ID: 135145
うつ病ドリル 〜メキメキ治った!実践法〜
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ



トラックバック絶賛受付中!

このエントリーのトラックバックURL:
http://u-drill.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/2022