幸せって何だっけ〜生きる意義

∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∵∵∵
□■□  うつ病ドリル会報(メールマガジン)   2008年8月8日号
■う■                      発行部数:3,863
□■□  発行者:うつ病ドリル http://u-drill.jp/
∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∵∵∵

●冒頭のお知らせ(プレゼント付き)

今回は冒頭からお知らせでーす。

「カウンセラーを紹介して!」というご相談をたびたび頂くので
カウンセラー紹介コーナーを作ってみました。
まだテスト中なので掲載しているカウンセラーさんは1名だけですが、
このカウンセラーさんの紹介データは本物です。
http://u-drill.jp/counselors.php
あとこのお姉さんは飲みに行くとソファで正座するよ!


で、このメルマガを読んでいただいている素晴らしい読者の方に
このコーナーの感想を伺いたいのです。
(このコーナーはまだサイトのメニューに入れていないので、
メルマガ読者以外の方はこのコーナーの存在を知りません)

お聞きしたい内容は、アンケート形式でフォームにまとめました。
お答えいただいた方から抽選で2名の方に QUO カード\500分を
差し上げます。
締切は 8/12(火)まで!
ご感想はこちらのフォームからどうぞ!
https://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P59424309

では今号もスタート!

治りたいあなたを決して離さない、うつ病ドリルの会報です。
うつ病の会報では読者数 No.1!(まぐまぐ、melma など主要発行サービスで確認)

━━━ 今週のもくじ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●冒頭のお知らせ(プレゼント付き) …この上↑
●今週の写真
●今週の回復報告
●今週の相談        「なぜ薬を服用しなければならないのか」
●うつ病ドリル shop から  「光療法で抗うつ剤もパワーアップ」
●今回の更新
●編集後記         「幸せって何だっけ〜生きる意義」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●今週の写真
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
どもです。うつ病ドリル管理人の新田でございます。
今週の写真は RIE さんからの投稿です:
http://u-drill.jp/img/ml/080808.jpg

---------------
投稿者の方からのコメント:

道は見えなくなっても、
峠を越えた先まで続いているんですね。

---------------

管理人より:

あー旅に出たくなりますねー
って明日から行くんですけどね。こんな感じの風景を抜けていく経路で
運転係をやります。

最近では自動車はエコじゃない悪者!って風潮ですし
若い人は車を買わなくなってきてますが、
緩やかに変化する景色って脳のためにも良いので
「目的なくドライブする」ってアリなんじゃないか…と
最近思ってます。

あと高速道路のサービスエリアのフランクフルトって
何であんなにうまいの? 何か入ってんの?

このコーナーでは、みなさんの闘病生活のオアシスとなる写真の投稿を
お待ちしております。
テーマは「最近面白かったモノ・風景」。
このコーナーを見てお分かりの通り、うつ病には全然関係なくて良いです。

採用された方には 500円分の QUO カードを進呈。コンビニなんかで
使えるカードです。
ご投稿はフォーム形式でカンタンです!
PC https://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P57373793
携帯 https://www.formzu.net/mfgen.ex?ID=P57373793


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●今週の回復報告
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今回は kazuhito さんから回復報告を頂きました。

10数年前に、自律神経失調症でしばらく鬱状態が続
きました。
通院歴はありません。
自分なりにいろんな方法(漢方薬やサプリメントや波
動水など)を試して症状はかなり良くなったのです
が、不定期で鬱状態になり完治はしていませんでし
た。
一ヶ月程前からこちらで紹介されているサプリメントを
試しているんですが、症状が全く出なくなりました。
今まで試したどの方法よりも良いと思います。

もちろんこれで完治したかどうかはまだわかりませんが、
以前より調子が良くなったのは確かです。
今後もサプリメントを継続し、完治を目指したいと思
います。


管理人のコメント:

お便りありがとうございます。

「飽食の今で栄養失調はあり得ない」というのが
当たり前とされていますが、今の食品は「カロリーは
あっても栄養はない」ので注意が必要ですね。
実際、国民栄養調査では鉄分が全然足りてないですし、
献血では血液の比重不足で断られる人が増えています。

ストレスは栄養を湯水のように消費するので、肉体労働時代に
決められた栄養所要量では現在には合ってないと思います。
そもそも、栄養が足りていれば「ビタミンB摂ったら口内炎が
治まった」なんて体験談は出てこないはずなわけで。

それと、何でもかんでも栄養だけで治るわけではないです。
ある程度まで回復したら、最後のツメはやっぱり心理的なもの。
つまり徐々に社会復帰して成功体験を積んで…という過程が
欠かせません。
「これさえ飲めば」と片寄らず、時期が来たら考え方トレーニング
(認知行動療法)もご検討下さい。

ご回復をお祈りしております。


あなたの回復体験を 3,800人の読者が待っています!
採用された方には 500円分の QUO カードを進呈。
ご投稿はフォーム形式でカンタンです!
PC https://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P57373793
携帯 https://www.formzu.net/mfgen.ex?ID=P57373793


セロトニン等の材料=アミノ酸を補給して、
セロトニンとノルアドレナリンが増えるのを助けます。
http://u-drill.jp/archives/2005_03/28_213625.php

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●今週の相談   「なぜ薬を服用しなければならないのか」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
このコーナーは、みなさんから頂いたご相談と、そのお返事をご紹介します。


今回は こぎつねコン さんからの相談です。

うつ病と診断されジェイゾロフトを3ヶ月服用しています。
最近、なぜ薬を服用しなければならないのか、考えてしまいます。

薬を飲んだところで、自責の念や家族に対する気持ちが
どうにかなるものではないし、自分自身が割り切ってやっていくしか
ないと思うし。それに薬を飲むこと、病院に行くこと自体が辛い
記憶を思い出させてしまいます。

薬をのむと余計夜も眠れないような気がして、今先生に内緒で薬を
減らしています。今のところ離脱症状はでていませんが、
私の判断は間違っているでしょうか?


管理人のお答え:

実のところ、一度うつ病であると分かった後は
絶対薬を飲まなくてはいけない、という強制はできません。
薬は絶対イヤだ、というのは、それはそれで認めるべき主張で
あると思うからです。

医師の中には、薬以外の治療手段を提供してくれる人も
少ないですがいます。
また、同じ薬でも漢方の中で何とか、という処方をする医師もいます。


>結局薬を飲んだところで、自責の念や、家族に対する気持ちが
>どうにかなるものではないし

薬は、それで悪化を防いでいる間に生活習慣を立て直して
病気を本格的に治すためのものです。
慢性的な病気の場合、その根元は生活そのものにあります。
例えば肥満、高血圧、腰痛… それにうつ病も。
これを直接薬が治すことは不可能です。

薬を飲んで気分を楽にして思考力が戻っている間に
手を打つんです。
逆にそれが出来ずに「薬で楽になったからもっと頑張ろう」
とやっていくと、薬が前提になっている生活になります。
これが依存症です。


ただし、気になるのは

>薬をのむと余計夜も眠れないような気がして

本当に眠れないのか、イメージだけなのか?
普段から記録を取って、薬を飲むと明確に
睡眠が悪くなるという関連が見つからないなら、
安心して飲めば良いと思います。
それだけで薬や病院に対する恐怖感が
おさまるかも知れませんよ。


ご相談の窓口はこちら:
PC https://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P83989434
携帯 https://www.formzu.net/mfgen.ex?ID=P83989434

----------

粒がダメなら粉がある!
カプセルや錠剤が苦手なあなたには特濃粉末ビタミンがあります。
手軽な上に他のビタミン剤を圧倒する成分表をご確認下さい。
http://www.vita9.com/index.php?main_page=product_info&cPath=4&products_id=5


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●うつ病ドリル shop から  「光療法で抗うつ剤もパワーアップ」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

発売元さんから

『うつ病に光療法がどう貢献するかについて、
「うつ病の時間生物学的治療」
(越前屋 勝 , 睡眠医療 vol2-No.1 , p.51-56 , 2007)
という文献が参考になるよ』

というメールを頂きました。
その文献がメールに添付されていたので見てみたら…

・抗うつ薬よりも光療法の方が変化が起きるのが早い
・抗うつ薬(ゾロフト)と併用する場合、明るいライト(1万ルクス)の
 光を見ることは明らかに有効。
・うつ病治療の最初の1週間、朝にやるのが良い
・光療法による不具合はほとんどなく、あっても使用を止めればすぐ解決する

(いずれも p.54 より)

とばっちり書いてありました。
薬より良い(強い)とは言えませんが、併用して損はないという
ことのようです。

もうちょっと光療法を知りたいという方はこちら
http://portal.lighttherapy.jp/patient/post_111.html

分かった!買う!という方はこちら
http://brightlight-store.ovtp.net/price/post_15.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●今回の更新
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
前回のメルマガ以降にうつ病ドリルに掲載された記事です。

職場のストレス、9割が感じても対策は不十分
http://u-drill.jp/archives/2008_08/08_192606.php

一番強いストレスは、今どうかというよりも「将来どうなるんだろう」
という不安なんだそうです。一時期は職場のストレスと言えば人間関係だった
のですが、少し風向きが変わってきたみたいです。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●編集後記   「幸せって何だっけ〜生きる意義」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
またまた新田@うつ病ドリル管理人です。

今回は、前回のメルマガに引き続いて自尊心を作る4つの要素の3つ目、
「生きる意義」です。

よく Q&A サイトで「何のために勉強するの?」というのがありますが、
あの質問の拡大版だと思って下さい。「何のために毎日仕事するの?」
「何のために結婚するの?」をさらに突き詰めて
「何のために生きてんの?」まで行った時の答えが、今回の
「生きる意義」ってやつです。

で、これが実にやっかいな質問で、いわゆる正しい答えというのが
存在しないのですね。
「何のために勉強するの?」「何のために毎日仕事するの?」という質問も
相当にやっかいで、こういう質問が相談サイトに掲載されたときの答えは
回答者によって千差万別、時には回答者どうして口論になってるところを
見たことがある人もいるかも知れません。それくらい答えがいろいろある
質問なんです。

なぜ答えがまとまらないかというと、「正解は環境が決めるから」なんです。
新入社員と社長で「仕事をする理由」が違うのは、仕事で出すべき結果が
違うからです。新入社員は割り当てられたパートをこなす必要がありますが、
社長の仕事はその新入社員に仕事を割り当てることです。こんな風に、置かれた
環境(立場)によって「何のために仕事をするの?」はいろいろ変わって
くるわけですね。

そう考えると、「生きる意義」というのは人の立場ごとにそれこそ無数に
あるのはだいたい想像がつくと思います。会社員もいれば主婦もいる、
独身もいれば既婚者もいる、男性もいれば女性も… その数だけ正解が
あるわけです。

とはいっても、「壮大な夢を語らなくちゃいけない」というわけでも
ないんです。「日々幸せに暮らす」ということこそ生きる意義だ、
というのもまた正解です。どんな答えでも不正解というのはなくて、
本人が「そのためだったら自分は生きていける」と納得できれば
いいんですね。

最近はこういう話を「自分探し」としてバカにする風潮もありますが、
私は大切なことだと思います。心理学者が調査しても、やっぱり
生きる意義ついて答えを持っている人は幸福感が高いということになって
ますしね。

まぁある意味うつ病というのはそれを再考するチャンスをくれる
病気とも言えます。

今回は書きようがないのでちょっとあっさり目でした。
次回は幸福感の基礎となる自尊心の4つ目、コントロール感
(やればやっただけの成果が手に入るという自信)について
お話します。

メッセージ募集のお知らせ…

「私はこれで救われました」「これが転機になりました」などなど、
うつ病のまっただ中にいる人へのメッセージ、小技(tips)を募集します!
採用された方には 500円分の QUO カードを差し上げます。
ご投稿はフォーム形式でカンタンです!
PC https://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P57373793
携帯 https://www.formzu.net/mfgen.ex?ID=P57373793


メルマガの感想なんかもらえちゃうととても喜びます!
採用された方には 500円分の QUO カードを差し上げます。
ご投稿はフォーム形式でカンタンです!
PC https://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P57373793
携帯 https://www.formzu.net/mfgen.ex?ID=P57373793


ではまた次回!

----------------------------------------

●このメルマガへのご応募&お問い合わせ先一覧:

回復報告
写真のご投稿
ひとこと文章のご投稿「私はこれで回復のきっかけをつかみました」など
このメールマガジンへの感想
以上まとめて
PC https://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P57373793
携帯 https://www.formzu.net/mfgen.ex?ID=P57373793
(掲載された方には謝礼を進呈します)

闘病のご相談・ご質問は
PC https://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P83989434
携帯 https://www.formzu.net/mfgen.ex?ID=P83989434

運営のお問い合わせは
PC https://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P66200296
携帯 https://www.formzu.net/mfgen.ex?ID=P66200296


発行者:うつ病ドリル
http://u-drill.jp/


●このメルマガの購読解除は:

まぐまぐ
http://www.mag2.com/m/0000135145.html

Yahoo! メルマガ
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/15198/p/1/

BIGLOBE(カプライト)
http://cgi.kapu.biglobe.ne.jp/m/13879.html

ミニまぐ(携帯の方)
http://mini.mag2.com/e/m/M0081997.html



 

うつ病ドリル管理人のうつ病実体験から選びに選んだ、
世界最高品質レベルのサプリメントは ■サプリコーナー

うつ病のみなさんと共に選んだ、 ここでしか買えないお役立ち商品! ■商品一覧

うつ病、うつの症状・治療 うつ病、うつの診断・チェック うつ病、うつの回復マニュアル

うつ病の症状と
似ている病気

統計・データを使ったうつ病講座。

うつ病診断 x4

医者も使っている国際基準のチェックリストが3つ+1つあります。

回復マニュアル

すぐ使えて根本的なノウハウをまとめてあります。

( → この記事を引用・転載するには?

  | 2008年08月08日 21:20  | この記事のアドレス URL  |

似ている記事

■新商品「テニスボール健康法」発売!
■突然ですが、商品モニター募集です
■お茶会一般募集開始&新商品「気分が落ち着くペンダント型リラックスグッズ」
■突然ですが、お茶会プレゼントです
■うつ病対策が身につく会(仮称)を開催します
■今回も長くて盛り沢山
■うつ病の方へ、年末年始のメッセージ
■やっぱり今回も盛りだくさん
■(号外)今日くらいは
■当選者発表 その1
■早速ですが、プレゼントです
■講演プレゼント当選者発表
■当選者発表&今回も新プレゼント
■みんなのお便り&プレゼント当選者 その2(全3回)
■みんなのお便り&プレゼント当選者 その1(全3回)
■TVのうつ病番組とか本プレゼントとか色々
■SSRI で攻撃性が上がる話
■NHK より取材協力のお願い

続きは → コーナー全記事リスト




■うつ病の深い情報はメルマガで
この記事は気に入って頂けましたか? もっと深ーいうつ病情報は、当サイトのメール会報(メールマガジン)に登録された方にだけお送りしております。
うつ病の本の新刊や、うつ病用ツールの新製品などのプレゼントも行っています。

日本で発行されているうつ病のメールマガジンでは読者数1位です。
読者登録は無料です → もっと詳しく&バックナンバー
メルマガ購読・解除 ID: 135145
うつ病ドリル 〜メキメキ治った!実践法〜
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ



トラックバック絶賛受付中!

このエントリーのトラックバックURL:
http://u-drill.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/2043