「心のトラブルと低血糖症の関係 〜砂糖は脳にとって必要か〜」講演DVD

うつ病ドリル管理人のうつ病実体験から選びに選んだ、
世界最高品質レベルのサプリメントは ■サプリコーナー

うつ病のみなさんと共に選んだ、 ここでしか買えないお役立ち商品! ■商品一覧
うつ病、うつ 心のトラブルと低血糖症の関係〜砂糖は脳にとって必要か〜 講演DVD「心のトラブルと低血糖症の関係 〜砂糖は脳にとって必要か〜」
講演DVD
¥5,000-
(税・送料込み)
購入

ご購入方法:
商品写真か「購入」の文字をクリックし、その後表示されるリンク先のページで、一番下にある「カートに入れる」をクリックして下さい。


気分が落ち込んでいるあなた、さっきお菓子食べませんでしたか?


突然ですが、問題です。
あなたはどこまで知っていますか?

  1. 人間の脳のエネルギーは、血液中の糖分だ
  2. 血糖値が下がりすぎると、頭がぼんやりしたり意識を失う
  3. 糖尿病の人がしばらく食事を抜くと、血糖値が下がりすぎて危険だ
  4. 健康な人でも急激に血糖値を上げると、その後急激に血糖値が下がることがある
  5. 健康な人でも毎日砂糖を摂っていると、食後に急激に血糖値が下がり、気分が落ち込むようになることがある


3番目まででしたら、人によっては分かるかも。
でもそれ以降の問題に答えられる人はなかなかいないと思います。
そう、これは最近分かってきた「どうもヤバそうな」問題なのです。

砂糖が気分をダメにする
砂糖が貴重品でなくなり、たいていの食べ物に入っているという現在のような状況を、人間はまだ数世代しか経験していません。「血糖値を急激に上げると、精神が不安定になる」などということが分かってきたのは、つい最近なのです。


精神的にどうも不安定で体調も優れないという人を検査したら、刻一刻と乱高下する血糖値と、それに対応するかのように落ち込みや疲労感が次々と現れたという例も見つかっています。


(DVD 中の映像より抜粋)

部屋を片付けられずにただゴロゴロしていた若者に栄養指導をし、ジュースやスナック菓子、カップラーメンを取り上げたところ、急激に体調がよくなって薬も必要がなくなった…という例もあります。


この DVD は、こういった「血糖値が安定しないために気分が落ち込む、やる気が出ない=低血糖症」について豊富な例を挙げ、またその対処法を解説しています。

満席の講演、殺到のプレゼント応募
2007年の講演が満席で、2008年は規模を拡大したのにやっぱり満席。
この DVD のプレゼントには、競争率12倍の応募が寄せられました。

知るチャンスさえ限られている、この「低血糖症」。

・お腹が空いた時についついお菓子を食べてしまうあなた
・何かの合間に缶コーヒーやジュースをついつい飲んでしまうあなた
・パンや白米など血糖値が急に上がる「白い食べ物」が大好きなあなた

もしあなたが「どうも気分が優れない」「やる気が出ない」と感じていたら、改善のヒントがこの DVD から見つかるかも知れませんよ。

この DVD について

内容:
2008年5月17日(土)に星陵會舘(東京・永田町)にて開催された講演会「心のトラブルと低血糖症の関係 〜砂糖は脳にとって必要か〜」の模様です。

第一部:岩手大学名誉教授 大沢博「砂糖は脳にとって必要か」

第二部:新宿溝口クリニック院長 溝口徹「心と脳の健康と栄養の関係」

収録時間:約120分

※この DVD では、講演中に使用されたスライドや紙資料も下の図のように映像として収録されていますので、講演内容を正確に把握することができます。

(実際に DVD 内に収録されている映像)

講演のレビューはこちらです:
http://u-drill.jp/archives/2008_06/02_174735.php

見られた方の感想
鹿児島県のリボトリール(42歳)さんからご感想を頂きました。

DVDを御送りいただきありがとうございました。
早速、溝口先生のHPも拝見して、血液検査等の資料も取り寄せました。
DVDを拝見して、脳内の重要な物質と食物との関連性がよく分かり、うつ病ドリルのHPで新田様が力説されている、栄養サプリメントの重要性についても理解が深まったように思います。

私は、SAD(社会性不安症候群)とうつ病を併発し、まるまる2年間ほど家で寝込んでおりましたが、たまたま専門の精神科クリニック(赤坂クリニック)を知り、投薬でなんとか社会復帰できました。
今は最小限の投薬量で過ごしています。

状態がひどい時は、うつ病ドリルで推奨されているプロテインやミンデル博士のビタミン剤など幾種類かのサプリメントも試しましたが、経済的な都合で長期間は飲み続けられませんでした。

現在は、週4日ほど、非常勤職員として、事務の仕事をしております。


今の悩みは、睡眠リズムが安定しないことと疲れ易い(=無理がきかない)ことです。

睡眠リズムについては、24時間毎の睡眠時間表を作成し、睡眠時間をできるだけ客観的に観察して安定させることと、朝はできるだけ明るい光を見るように努めて、夜自然に眠くなるようにしています。
これは、うつ病ドリルで紹介されている光療法の真似です。

しかし、疲れ易いために休日は必ず午前中一杯まで寝てしまいますし、平日でも帰宅してすぐ寝てしまい、深夜に目が覚めてしまうなど、なかなかリズムが安定しません。

また、疲れると精神的な我慢が効かなくなって、イライラしたり、怒らなくてもいいようなところで怒ったりするので(これは同僚や家族からはっきり指摘されるほどなので、
自分でも少し問題だと思っています)、困っています。


溝口先生のお話ですと、血糖値の変化が人によってかなり違っており、低血糖の人は疲れ易かったりするようですね。
私がそれに当てはまるかどうかわかりませんが、将来、是非機会を作って、本格的な血液検査や、血糖値の検査を受けてみたいと思っております。

うつ病ドリルのHPは、今でも参考にさせて頂いております。これからも、うつ病や、もっと広く精神疾患でお悩みの方に役立つHP作りを続けていただきたいと願っております。
この度は、ありがとうございました。

発送について
・発送は、基本的にご注文日の当日〜翌日に行います(発送日が土曜・日曜・祝日の場合は翌営業日に発送します)。

・発送方法は、クロネコヤマトのメール便、又は郵送です。

・発送から到着までの日数は、関東へは3日、それ以外の地域へは4日が目安です。

・お支払い方法(後払いの場合の振込先など)は、発送時のメールでお知らせします。

・個人名で中身が分からないようにして発送します。

ご購入方法:
商品写真か「購入」の文字をクリックし、その後表示されるリンク先のページで、一番下にある「カートに入れる」をクリックして下さい。

うつ病、うつ 心のトラブルと低血糖症の関係〜砂糖は脳にとって必要か〜 講演DVD「心のトラブルと低血糖症の関係 〜砂糖は脳にとって必要か〜」
講演DVD
¥5,000-
(税・送料込み)
購入

 

■カウンセラーが書いた「カウンセラーなしでうつ気分を解消する方法」
そんなバカな!
体をほぐすと心がほぐれる?


  | 2008年11月20日 14:22  | トラックバック歓迎 (0)  |

このサイトのメインのコーナーです

うつ病、うつの症状・治療 うつ病、うつの診断・チェック うつ病、うつの回復マニュアル

うつ病の症状と
似ている病気

統計・データを使ったうつ病講座。

うつ病診断 x4

医者も使っている国際基準のチェックリストが3つ+1つあります。

回復マニュアル

すぐ使えて根本的なノウハウをまとめてあります。



似ている記事

■どうにもならない不安と緊張に… New オマモリズム
■ゆううつを自分で脱したい…セロトニン増産ツール
■リラックスめがね
■回復チェッカー
■体を目覚めさせる・ブライトライトME
■一人でできる! うつ気分を解消し、毎日元気に過ごすための心と体のテクニック集(PDF版)





■うつ病の深い情報はメルマガで
この記事は気に入って頂けましたか? もっと深ーいうつ病情報は、当サイトのメール会報(メールマガジン)に登録された方にだけお送りしております。
うつ病の本の新刊や、うつ病用ツールの新製品などのプレゼントも行っています。

日本で発行されているうつ病のメールマガジンでは読者数1位です。
読者登録は無料です → もっと詳しく&バックナンバー
メルマガ購読・解除 ID: 135145
うつ病ドリル 〜メキメキ治った!実践法〜
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ



トラックバック絶賛受付中!

このエントリーのトラックバックURL:
http://u-drill.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/2068