ケータイやマンガでうつ病かどうかわかる?

うつ病の判断・診断が少し手軽になるかも? というニュースです。

ケータイで「うつ度診断」が可能に、慶大・大野教授監修

携帯電話でうつ度診断ができるサービスがスタートした。監修の大野裕教授(医学博士・慶応大保健管理センター教授)によるとこのようなサービスは世界初だという。

この記事によると、このサービスは携帯電話から誰でも利用可能。睡眠や食生活、体重の変化、情緒の安定などに関する質問に答えると、現在のうつ度が診断されるとのことです。
また、うつ症状診断のほかにも、否定的な考え方を変える方法、気持ちを軽くする対処法などが記載されているとのこと。

ただし、「本サービスは治療を目的としたものではないため、軽度以上のうつと診断された場合は、医師の診察を受けることをおすすめします」といった注意はあるようです。


また、もっと手軽にうつ症状かどうかがわかる? というこんなニュースも。

漫画で「うつ」の症状を判定−上野のメンタルクリニックがサイトで公開

上野駅近くのクリニックがWebサイトで公開しているWebコミック「マンガでわかる心療内科」で、クイズ形式で「うつ」の症状を判定するというストーリーの新作が公開された。
クリニックは今年の開院以来、精神科・心療内科が扱う症状を、インターネット上の漫画で説明している。

うつ症状のマンガはこちら

マンガのタイトルは「あなたが『うつ』か、分かっちゃうクイズ」というものですが、実際にマンガを見てみると「うつ度診断」というようなものではなく、あくまで「うつになりやすい考え方をする人はこういう答えをする」というものです。
マンガ内にも「ちょっとだけ注意した方がいいかもしれません」とあり、具体的な対処法が書かれているわけではありません。

クリニックの院長はこのマンガのテーマについて「『誰でもうつになるの?』『私は大丈夫?』といった問い合わせや、心配している人が多いため」とりあげた話しているということです。

個人で使えるわけではなく企業・団体向けのサービスですが、うつや無気力状態などをウェブサイト上で診断するシステムがリリースされたというニュースもありました。
これはパソコンから専用サイトにアクセスし、IDとパスワードを入力した上で100の質問に答え、心の状態や考え方の傾向をはかるというものです。


うつ病は早期発見・早期治療で治りやすくなる病気です。
日本医師会も「かかりつけ医うつ病対応力向上研修会」を開催して、かかりつけの内科医などにうつ病の知識や理解、精神科医との連携などに関する理解を深めるよう促すなど、に診断もより身近になってこようとしています。

「自分はうつ病かもしれない」と思っても、精神科の門をくぐる勇気が出ずに「まだ大丈夫」と勝手な判断をして、その結果、発見や治療が遅れてしまう。
そういう事態を防ぐためには、ちょっと背中を押してくれるこのようなツールは便利なのかもしれません。

ただし、これらはあくまでも「診断の補助」。過信は禁物ということを肝に銘じておく必要もありそうです。


本郷玖美



 

うつ病ドリル管理人のうつ病実体験から選びに選んだ、
世界最高品質レベルのサプリメントは ■サプリコーナー

うつ病のみなさんと共に選んだ、 ここでしか買えないお役立ち商品! ■商品一覧

うつ病、うつの症状・治療 うつ病、うつの診断・チェック うつ病、うつの回復マニュアル

うつ病の症状と
似ている病気

統計・データを使ったうつ病講座。

うつ病診断 x4

医者も使っている国際基準のチェックリストが3つ+1つあります。

回復マニュアル

すぐ使えて根本的なノウハウをまとめてあります。

( → この記事を引用・転載するには?

  | 2008年12月23日 17:36  | この記事のアドレス URL  |

似ている記事

■日本うつ病学会治療ガイドライン II.大うつ病性障害 が発表されました
■【告知】うつからの就職活動セミナー
■【告知】“うつ”復職支援フォーラム
■「うつ病の頭と体が気持ちよーく楽になるお茶会」
■1名無料ご招待「うつ病の頭と体が気持ちよーく楽になるお茶会(まだ仮称)」
■うつ病のリスクを減らす食生活はコレ!
■精神疾患と肥満、どちらが先?
■自殺予防週間、各県の取り組み
■続々と開発される血液検査でのうつ病診断
■ネットで認知行動療法
■職場にうつ病を打ち明けるか? アンケート結果
■告知「脳と栄養のシンポジウム」
■抗うつ薬、最近の動き
■血液検査でうつ病診断
■遺伝子で決まる? 不眠・うつ・プラス思考の傾向
■SSRIで攻撃性が増す?
■パパのメンタルヘルスは息子の将来を決める!?
■平成20年の自殺者統計発表

続きは → コーナー全記事リスト




■うつ病の深い情報はメルマガで
この記事は気に入って頂けましたか? もっと深ーいうつ病情報は、当サイトのメール会報(メールマガジン)に登録された方にだけお送りしております。
うつ病の本の新刊や、うつ病用ツールの新製品などのプレゼントも行っています。

日本で発行されているうつ病のメールマガジンでは読者数1位です。
読者登録は無料です → もっと詳しく&バックナンバー
メルマガ購読・解除 ID: 135145
うつ病ドリル 〜メキメキ治った!実践法〜
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ



トラックバック絶賛受付中!

このエントリーのトラックバックURL:
http://u-drill.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/2077