心と体の健康は密接に関連する

肥満といわゆる生活習慣病との関連があるのは周知の通りですが、うつ病を含むその他の病気にも関わってくるようです。

「デブは病気がち」の真偽を検証する

肥満の人は糖尿病、高血圧、高脂血症、高コレステロール血症の「生活習慣病4疾患」だけでなく、うつ病など他の疾患にかかっている割合も高いことがわかった。

ちょっと挑戦的なタイトルですが、無料会員登録をしないと全文は見られませんので、概要をまとめます。

1.40歳から59歳の男女、3万1552人を対象とした調査の結果、肥満(BMI値=体重[kg]÷身長[m]÷身長[m]が25以上)の人は男性の約30%、女性の15〜20%にのぼった。
2.肥満の人は医療費、医療機関にかかった日数の数値が肥満ではない人に比べて高かった。
3.生活習慣病4疾患以外にも、さまざまな疾患で肥満の人のほうが医療機関にかかる割合が高かった。

気になるのは3.ですが、肥満の人はそうでない人に比べてどのくらいうつ病が多いのでしょうか。
以下、40代男性で、肥満者のほうが多い疾患のランクです(15位まで)。
カッコ内は非肥満者に比べた肥満者の倍率を示します。

1位 脂肪肝(3.96)
2位 糖尿病(3.33)
3位 高血圧症(3.08)
4位 狭心症(2.67)
5位 高尿酸血症(2.65)
6位 痛風(2.29)
7位 脂質異常症(2.29)
8位 高コレステロール血症(2.18)
9位 末梢神経障害(1.76)
10位 急性扁桃炎(1.69)
11位 便秘症(1.49)
12位 肝機能障害(1.48)
13位 うつ病(1.42)
14位 不眠症(1.34)
15位 脚白癬(1.30)

以下、脱水症、急性胃腸炎……と続き、肥満者のほうが多いという疾患は34にのぼりました。

これを見ると、肥満者のほうが非肥満者より1.42倍うつ病が多いこと、その数値は肝機能障害(脂肪肝のぞく)についで高いということがわかります。


また、こんなニュースもあります。
うつ病の高齢者は腹部脂肪を蓄積しやすい

高齢者の調査結果で、うつ症状と腹部脂肪の増加とに関連があることがわかった。

元のニュース(英語)はこちら

これによると、70歳〜79歳の高齢者2088人を対象にした調査で、調査開始時と5年後とのうつ症状、BMI、体脂肪率、ウエストサイズ、内臓脂肪とを比較したところ、腹部の脂肪が増えていることとうつ症状が現れていることとに関連がある、という結果になったそうです。

このメカニズムについては「慢性的なストレスやうつ状態が脳の特定部位を活性化して、内臓脂肪の蓄積を促進するホルモンであるコルチゾールを増やすのかもしれない、また貧しい食生活など不健康なライフスタイルと他の生理学的要因との相互作用もあるかもしれない」としています。

また上のニュースでは「(この研究は)うつ病になった後、しばしば糖尿病や心血管疾患が見られる理由の説明に役立つかもしれない」と述べられています。
妊産婦の話ではありますが糖尿病のある妊産婦のうつ病リスクは2倍弱(全文を見るには無料会員登録が必要)というニュースもあり、「うつ病」と「糖尿病」にはどちらが先とはわかっていないものの、高い関連があることがわかっています。

うつ病の症状の一つに睡眠障害がありますが、睡眠時間が短い人や睡眠の質が悪い人は風邪をひきやすいという話もあります。(元となる英語のニュースはこちら
心の健康と体の健康とは、やはり切り離せないもののようです。


本郷玖美



 

うつ病ドリル管理人のうつ病実体験から選びに選んだ、
世界最高品質レベルのサプリメントは ■サプリコーナー

うつ病のみなさんと共に選んだ、 ここでしか買えないお役立ち商品! ■商品一覧

うつ病、うつの症状・治療 うつ病、うつの診断・チェック うつ病、うつの回復マニュアル

うつ病の症状と
似ている病気

統計・データを使ったうつ病講座。

うつ病診断 x4

医者も使っている国際基準のチェックリストが3つ+1つあります。

回復マニュアル

すぐ使えて根本的なノウハウをまとめてあります。

( → この記事を引用・転載するには?

  | 2009年04月30日 20:56  | この記事のアドレス URL  |

似ている記事

■日本うつ病学会治療ガイドライン II.大うつ病性障害 が発表されました
■【告知】うつからの就職活動セミナー
■【告知】“うつ”復職支援フォーラム
■「うつ病の頭と体が気持ちよーく楽になるお茶会」
■1名無料ご招待「うつ病の頭と体が気持ちよーく楽になるお茶会(まだ仮称)」
■うつ病のリスクを減らす食生活はコレ!
■精神疾患と肥満、どちらが先?
■自殺予防週間、各県の取り組み
■続々と開発される血液検査でのうつ病診断
■ネットで認知行動療法
■職場にうつ病を打ち明けるか? アンケート結果
■告知「脳と栄養のシンポジウム」
■抗うつ薬、最近の動き
■血液検査でうつ病診断
■遺伝子で決まる? 不眠・うつ・プラス思考の傾向
■SSRIで攻撃性が増す?
■パパのメンタルヘルスは息子の将来を決める!?
■平成20年の自殺者統計発表

続きは → コーナー全記事リスト




■うつ病の深い情報はメルマガで
この記事は気に入って頂けましたか? もっと深ーいうつ病情報は、当サイトのメール会報(メールマガジン)に登録された方にだけお送りしております。
うつ病の本の新刊や、うつ病用ツールの新製品などのプレゼントも行っています。

日本で発行されているうつ病のメールマガジンでは読者数1位です。
読者登録は無料です → もっと詳しく&バックナンバー
メルマガ購読・解除 ID: 135145
うつ病ドリル 〜メキメキ治った!実践法〜
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ



トラックバック絶賛受付中!

このエントリーのトラックバックURL:
http://u-drill.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/2105