遺伝子で決まる? 不眠・うつ・プラス思考の傾向

不眠やうつと遺伝に関連するニュースを集めました。

不安、うつ、不眠は遺伝的に関連しているようだ

双子の実験によって、不眠に関連する遺伝子はうつ病や不安にも関与しているということがわかった。

このニュースのサマリー(英語)はこちら

これによると、研究は8歳から16歳(平均11.9歳)の一卵性双生児749組、二卵性双生児687組を対象にして行われました。
その結果「一卵性双生児では、片方が不眠症だともう一人も不眠症であるという確率が、二卵性双生児の場合よりも高い」ということ、さらに「不眠症、うつ病、不安症の間で遺伝的メカニズムが重複して存在しているらしい」ということがわかりました。

少なくとも若者では、不眠、不安、うつのどれか一つでもあれば、他の症状に関しても遺伝的なものを検証する必要があるようです。


すでにショウジョウバエでは不眠の遺伝子がわかっています。
睡眠を促す遺伝子・sleeplessが同定された

研究の結果、「SLEEPLESS」と呼ばれる特定のタンパク質が欠乏すると睡眠が大幅に低下することがわかりました。
また「SLEEPLESS」タンパク質がある程度低下すると、たとえば徹夜した後にたくさん寝てしまういわゆる「リバウンド睡眠」が大幅に減りました。
このことから、「SLEEPLESS」タンパク質は正常な環境での睡眠や、断眠後の睡眠をコントロールする遺伝子であることがわかりました。
ショウジョウバエではこのほかにも睡眠と覚醒のリズムを安定させる遺伝子、基礎的な睡眠量を調節する遺伝子などがわかっています。
人間への応用が期待できそうです。


また、うつと遺伝に関してはこんなニュースもあります。

うつ病家族歴を有する人の右側脳皮質は薄い

うつ病の家族歴を有する人の右側脳皮質はそうでない人に比べて28%薄かった。

このニュースの元(英語)はこちら

これによると、131人の脳をスキャンした結果、うつ病の家族歴を有する人の右側脳皮質はうつ病の家族歴がない人に比べて28%薄いという結果になりました。

では、右側脳皮質が薄いとどうなるか。実験の被験者に記憶力と注意力のテストを行った結果、右側脳皮質が少ない人ほど、テストの結果が悪かったとのこと。
これにより右側脳皮質が薄いと他の人からの感情的・社会的合図を理解する能力が低下して、うつ病リスクが高まる可能性があるとのことです。


最後に「プラス思考」に関連する遺伝子のニュースです。

プラス思考は「幸せの遺伝子」から、英研究

すでに「5-HTTLPR」と呼ばれる遺伝子がセロトニンの働きに大きな役割を果たしていることが知られていました。
この「5-HTTLPR」遺伝子には3種類あり、そのうちの2つは「短い遺伝子」と呼ばれて抑うつや自殺に関連があるとされ、また第3の「長い遺伝子」と呼ばれる遺伝子とは異なって「短い遺伝子」を持つ人はストレスの高い状況で神経化学反応が過剰になることもわかっていました。

今回、イギリスの大学の研究チームは、これらの異なるタイプの遺伝子を持つ人が、苦痛を感じる状況と楽しい状況とのどちらにひきつけられるあるいは嫌悪感を抱くかを画像によって調べました。
その結果「長い遺伝子」を持つ人は、恐怖感を与える画像やストレスを与える画像を避け、楽しい画像をよく見ました。一方、「短い遺伝子」のグループはほぼ正反対の反応を示しました。
研究結果は「人生のプラスの面を見ようという遺伝子の傾向が、人生のさまざまな苦痛から立ち直るための重要なシステムとなっている」と結論づけているとのことです。


いずれにしても「遺伝だからしょうがない」とヤケにならずに、自分の傾向として冷静にとらえて対策を考えるほうがよさそうです。

 

うつ病ドリル管理人のうつ病実体験から選びに選んだ、
世界最高品質レベルのサプリメントは ■サプリコーナー

うつ病のみなさんと共に選んだ、 ここでしか買えないお役立ち商品! ■商品一覧

うつ病、うつの症状・治療 うつ病、うつの診断・チェック うつ病、うつの回復マニュアル

うつ病の症状と
似ている病気

統計・データを使ったうつ病講座。

うつ病診断 x4

医者も使っている国際基準のチェックリストが3つ+1つあります。

回復マニュアル

すぐ使えて根本的なノウハウをまとめてあります。

( → この記事を引用・転載するには?

  | 2009年07月02日 14:16  | この記事のアドレス URL  |

似ている記事

■日本うつ病学会治療ガイドライン II.大うつ病性障害 が発表されました
■【告知】うつからの就職活動セミナー
■【告知】“うつ”復職支援フォーラム
■「うつ病の頭と体が気持ちよーく楽になるお茶会」
■1名無料ご招待「うつ病の頭と体が気持ちよーく楽になるお茶会(まだ仮称)」
■うつ病のリスクを減らす食生活はコレ!
■精神疾患と肥満、どちらが先?
■自殺予防週間、各県の取り組み
■続々と開発される血液検査でのうつ病診断
■ネットで認知行動療法
■職場にうつ病を打ち明けるか? アンケート結果
■告知「脳と栄養のシンポジウム」
■抗うつ薬、最近の動き
■血液検査でうつ病診断
■遺伝子で決まる? 不眠・うつ・プラス思考の傾向
■SSRIで攻撃性が増す?
■パパのメンタルヘルスは息子の将来を決める!?
■平成20年の自殺者統計発表

続きは → コーナー全記事リスト




■うつ病の深い情報はメルマガで
この記事は気に入って頂けましたか? もっと深ーいうつ病情報は、当サイトのメール会報(メールマガジン)に登録された方にだけお送りしております。
うつ病の本の新刊や、うつ病用ツールの新製品などのプレゼントも行っています。

日本で発行されているうつ病のメールマガジンでは読者数1位です。
読者登録は無料です → もっと詳しく&バックナンバー
メルマガ購読・解除 ID: 135145
うつ病ドリル 〜メキメキ治った!実践法〜
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ



トラックバック絶賛受付中!

このエントリーのトラックバックURL:
http://u-drill.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/2114


サイト名「オススメEBOOKS」
記事名「不眠、不眠症の方のためのセラピーCD「睡眠革命」
CDを購入してから7ヶ月が過ぎ、今でも毎晩聴いています。 聴き始めた頃は睡眠薬を... 2009年08月14日 15:12


サイト名「気になる電子ブック」
記事名「B:不眠、不眠症の方のためのセラピーCD「睡眠革命」
CDを購入してから7ヶ月が過ぎ、今でも毎晩聴いています。 聴き始めた頃は睡眠薬を... 2009年09月06日 07:08