ネットで認知行動療法

認知行動療法はインターネットを介したものでも有効、というニュースです。

ネット経由の認知行動療法の効果が無作為化試験で確認された

イギリスでうつ病患者297人が参加した試験の結果、インターネットを利用した認知行動療法はうつ病の改善に有効であることがわかった。

このニュースの元となる論文のサマリーはこちら
なお、認知行動療法について説明した読売新聞のサイトはこちらです。

この試験では、297人のうつ病患者(ベックのうつ病尺度=BDIスコアで14以上)を

  1. 一般的な治療に加え、インターネット上で心理療法士とリアルタイムでのメッセージのやりとりによって認知行動療法を行うグループ
  2. 一般的な治療のみを行うグループ

の2つのグループに分け、4か月後と8か月後にそれぞれ回復の度合いを調べました。
その結果、改善した人(BDIスコアが10未満になった人)の割合は

  1. 4か月後……1のグループ38%、2のグループ24%
  2. 8か月後……1のグループ42%、2のグループ26%

と、ネット上で認知行動療法を行ったグループの方が、8か月にわたって回復率が高かったとのことです。

この試験結果に関して、「インターネットを介したこの方法によって、認知行動療法へのアクセスがより広がるだろう」としています。

以前取り上げたニュースに「SSRIで成人の自殺リスクは低下、思春期若者の自殺リスクは上昇」というものがありましたが、アメリカではそのような傾向に対してFDA(米国食品医薬品局)が再三にわたって強力な警告を発したがために、うつ病の診断や治療が減っているというニュース(英語)がありました。

心的外傷を受けた若者には認知行動療法がベストという報告もあり、効果的であるとわかっているにもかかわらず、あまり広まっていない認知行動療法。
自殺リスクや副作用を恐れて治療そのものをやめてしまうのではなく、こういった別の治療法もちゃんと選択肢として選ぶことができるようになるには、ネットを介した認知行動療法は有効かもしれません。


本郷玖美



 

うつ病ドリル管理人のうつ病実体験から選びに選んだ、
世界最高品質レベルのサプリメントは ■サプリコーナー

うつ病のみなさんと共に選んだ、 ここでしか買えないお役立ち商品! ■商品一覧

うつ病、うつの症状・治療 うつ病、うつの診断・チェック うつ病、うつの回復マニュアル

うつ病の症状と
似ている病気

統計・データを使ったうつ病講座。

うつ病診断 x4

医者も使っている国際基準のチェックリストが3つ+1つあります。

回復マニュアル

すぐ使えて根本的なノウハウをまとめてあります。

( → この記事を引用・転載するには?

  | 2009年09月15日 15:12  | この記事のアドレス URL  |

似ている記事

■日本うつ病学会治療ガイドライン II.大うつ病性障害 が発表されました
■【告知】うつからの就職活動セミナー
■【告知】“うつ”復職支援フォーラム
■「うつ病の頭と体が気持ちよーく楽になるお茶会」
■1名無料ご招待「うつ病の頭と体が気持ちよーく楽になるお茶会(まだ仮称)」
■うつ病のリスクを減らす食生活はコレ!
■精神疾患と肥満、どちらが先?
■自殺予防週間、各県の取り組み
■続々と開発される血液検査でのうつ病診断
■ネットで認知行動療法
■職場にうつ病を打ち明けるか? アンケート結果
■告知「脳と栄養のシンポジウム」
■抗うつ薬、最近の動き
■血液検査でうつ病診断
■遺伝子で決まる? 不眠・うつ・プラス思考の傾向
■SSRIで攻撃性が増す?
■パパのメンタルヘルスは息子の将来を決める!?
■平成20年の自殺者統計発表

続きは → コーナー全記事リスト




■うつ病の深い情報はメルマガで
この記事は気に入って頂けましたか? もっと深ーいうつ病情報は、当サイトのメール会報(メールマガジン)に登録された方にだけお送りしております。
うつ病の本の新刊や、うつ病用ツールの新製品などのプレゼントも行っています。

日本で発行されているうつ病のメールマガジンでは読者数1位です。
読者登録は無料です → もっと詳しく&バックナンバー
メルマガ購読・解除 ID: 135145
うつ病ドリル 〜メキメキ治った!実践法〜
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ



トラックバック絶賛受付中!

このエントリーのトラックバックURL:
http://u-drill.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/2131