自殺予防週間、各県の取り組み

9月10日〜16日の自殺予防週間に関するニュースです。


まずは秋田県でのイベントのニュースです。
自殺対策 顔の見える連携を

自殺対策を官民学で考える「いのちを守り、いのちを支える全国フォーラム」が9月26日、秋田市で始まった。
NPO法人自殺対策支援センターライフリンクの清水康之代表は「一つの自殺の背景には複数の要因がある。個々の支援策はあるが、連動しておらず不十分」と指摘した上で「一つの相談窓口を入り口にして、必要な支援を受けられる各機関の連携体制が必要」と主張した。


次に静岡県でのイベント。
自殺予防「不眠治療を」 富士でシンポ

「自殺対策シンポジウムinしずおか」(内閣府と静岡県が主催)が自殺予防週間に合わせた9月23日、富士市内で開かれた。
睡眠研究の第一人者、久留米大の内村教授が「不眠治療がうつ病の早期治療となり自殺予防にもなる」と講演。
またうつ病闘病者の体験談やパネルディスカッションなども盛り込まれた。

その他の都道府県・政令指定都市での、自殺予防週間のイベント一覧はこちら


「平成20年版 自殺対策白書」によれば、「住所地」(自殺者の住所)「発見地」(自殺遺体が発見された場所)のそれぞれにおける自殺率ワースト1は秋田県、山梨県となっています。
以下、住所地・発見地別に平成19年(2007年)における自殺率の多い県・少ない県をそれぞれ5位まで挙げます。


住所地発見地
順位多い県少ない県多い県少ない県
秋田県奈良県山梨県神奈川県
2宮崎県愛知県秋田県奈良県
3青森県三重県青森県愛知県
4岩手県徳島県岩手県埼玉県
5島根県神奈川県島根県三重県

こちらでは、発見地のワースト1が山梨県である理由を「自殺の名所とされる富士山麓・青木ケ原樹海を抱えるため」としています。
実際、2008年の山梨県の自殺者数は358人のうち、3分の1以上の133人が県外居住者だったとのことです。

秋田県は住所地でワースト1、発見地としてもワースト2となっており、自殺率上位の「常連県」でもあります。
この汚名を返上するため、以前にとりあげた自殺予防学の確立など、さまざまな取り組みを行っています。

上のニュースでとりあげた「いのちを守り、いのちを支える全国フォーラム」では、秋田大学の本橋医学部長が、「近所の人への信頼関係が低いほど自殺率が高い」というデータを示し「形式的なネットワークではなく、顔の見える連携、地域のつながりが重要」と述べたとのこと。
パネルディスカッションでも、県がモデル市町村を設定して住民交流の促進など自殺予防に力を入れた結果、その市町村での自殺率が下がったという報告がありました。

例年通りならば、10〜11月には平成21年版の「自殺対策白書」が発表となる予定です。
自殺予防週間を機に、自殺の現状を正しくとらえ、必要な対策がとられることを期待したいです。


本郷玖美


この記事は、以下の記事にトラックバックを送信しました。

■千葉発-幕張経由-社労士事務所のblog: フランス・テレコム、リストラで ...
■豊中市議会議員 こじま政俊活動レポート : 急がれるうつ病対策 <上 ...
■第2597号 第21回社会福祉士国家試験 回答とコメント(問題8) - 坂之上 ...
■村野瀬玲奈の秘書課広報室 | 自殺問題 データ・資料集 (Yahoo ...
■平成20年版 自殺対策白書
■「自衛隊は自殺が多い」は本当か? 自衛隊の自殺とメンタルヘルス1 ...
■自殺対策白書 - 切明義孝の健康日記
■自衛隊と自殺率 - 児童小銃
■日本の自殺者数の統計 - しんたろサンの日記
■気になる健康の常識 ・・・・・ムライヤの独り言・・・・・ 自殺対策白書
■歯医者の雑学 | 自殺対策白書(内閣府)
■平成20年版「自殺対策白書」(平成20年10月31日閣議決定)を公表
■平成20年版 自殺対策白書
■「平成20年版自殺対策白書」が内閣府より発表されています。
■『小泉・竹中構造改革』による自殺者の増加は、ホント?ウソ?
■歯科医療未来へのアーカイブス? : 「団塊世代」リタイアの影は自殺に ...
■自殺の原因と対策 飯大蔵の言いたい事/ウェブリブログ
■zara's voice recorder: 自殺者9年連続3万人超
■国家公務員の給与据え置き、人事院勧告を完全実施: 年金・継続雇用 ...
■自殺大国日本、 昨年は3万3千人:ブログはくだらないし俺もそうだ ...
■一般質問 自殺防止・うつ病対策について - 大塚勝利ブログ
■不定期速報 "「自殺大国」日本" 昨年は33093人(男性2万3千人 ...
■マイノリティの独白 「自殺白書」報告整理
■持続可能な社会に想うこと 幸福度を優先する政治が求められる
■『団塊の自殺増加、月曜日に最多』の記事を拝読し・・。 - 年金青年の ...
■坂之上の夜明け : P 1591 「政治の季節」第1幕の終了
■東京都議選の意義 - 椋箚記
■超然! 不思議ブログ 人生の目標
■天使の兵隊:「自殺大国」、日本の元凶。 - livedoor Blog(ブログ)
■新現役さん!四国へ還ろう、四国へいこう、キャンペーン中: 自殺大国日本
■おひとり様の成年後見: 成年後見事始め?「おひとり様の成年後見 ...
■硫化水素自殺連鎖の責任はインターネットだけでなくマスコミにもある
■新着雑誌です - エル・ライブラリー 大阪産業労働資料館
■ZAWA talk: 池袋の飛び降り自殺 巻き添え男性死亡
■自殺原因63%は「健康問題」
■今日もどこかで誰かが自殺してるんだろうな 54
■初めて「自殺対策白書」を決定!9年連続3万人超えてるそうです
■弟を亡くして: Webページ『子供の命を守ろう〜子供の自殺予防に向けて〜』


 

うつ病ドリル管理人のうつ病実体験から選びに選んだ、
世界最高品質レベルのサプリメントは ■サプリコーナー

うつ病のみなさんと共に選んだ、 ここでしか買えないお役立ち商品! ■商品一覧

うつ病、うつの症状・治療 うつ病、うつの診断・チェック うつ病、うつの回復マニュアル

うつ病の症状と
似ている病気

統計・データを使ったうつ病講座。

うつ病診断 x4

医者も使っている国際基準のチェックリストが3つ+1つあります。

回復マニュアル

すぐ使えて根本的なノウハウをまとめてあります。

( → この記事を引用・転載するには?

  | 2009年10月13日 15:21  | この記事のアドレス URL  |

似ている記事

■日本うつ病学会治療ガイドライン II.大うつ病性障害 が発表されました
■【告知】うつからの就職活動セミナー
■【告知】“うつ”復職支援フォーラム
■「うつ病の頭と体が気持ちよーく楽になるお茶会」
■1名無料ご招待「うつ病の頭と体が気持ちよーく楽になるお茶会(まだ仮称)」
■うつ病のリスクを減らす食生活はコレ!
■精神疾患と肥満、どちらが先?
■自殺予防週間、各県の取り組み
■続々と開発される血液検査でのうつ病診断
■ネットで認知行動療法
■職場にうつ病を打ち明けるか? アンケート結果
■告知「脳と栄養のシンポジウム」
■抗うつ薬、最近の動き
■血液検査でうつ病診断
■遺伝子で決まる? 不眠・うつ・プラス思考の傾向
■SSRIで攻撃性が増す?
■パパのメンタルヘルスは息子の将来を決める!?
■平成20年の自殺者統計発表

続きは → コーナー全記事リスト




■うつ病の深い情報はメルマガで
この記事は気に入って頂けましたか? もっと深ーいうつ病情報は、当サイトのメール会報(メールマガジン)に登録された方にだけお送りしております。
うつ病の本の新刊や、うつ病用ツールの新製品などのプレゼントも行っています。

日本で発行されているうつ病のメールマガジンでは読者数1位です。
読者登録は無料です → もっと詳しく&バックナンバー
メルマガ購読・解除 ID: 135145
うつ病ドリル 〜メキメキ治った!実践法〜
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ



トラックバック絶賛受付中!

このエントリーのトラックバックURL:
http://u-drill.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/2136


サイト名「zara's voice recorder」
記事名「自殺者9年連続3万人超
初の「自殺対策白書」 9年連続3万人超 政府は9日の閣議で、自殺の現状や政府の自殺対策の実施状況をまとめた平成19年版「自殺対策白書」を決定した。昨年1... 2009年10月13日 16:23