うつ病ドリル掲示板 〜 うつ病対策チーム 〜

このスレッドを全部読む
このスレッド内を
番以降の発言を

全スレッド一覧
掲示板トップへ

職場への復帰

セロトニン等の材料=アミノ酸を補給して、セロトニンとノルアドレナリンが増えるのを助けます。
■セロトニンとノルアドレナリンの飲み物

私もあなたと同じく、どんよりした気分でした。歩き方をほんの少し変えるまで…
■Q1. ゆううつを自分で脱したい? Yes・No
  1. のり 2009/03/05 (Thu) 20:26:32

    昨年の11月にうつ病と診断され、3ヶ月休職しました。この2月から半日ずつではありますが仕事に復帰しました。
    ところがここ最近になってなぜかわからないのですが、意味も無くイライラする事が多くなりました。(身体に軽い痺れも感じます)
    自宅に帰っても家族に声をかけられることが面倒であり、食事時にも家族内で色んな会話があると、ただやかましいだけでイライラが増える一方です。
    そんな状態なので仕事に行っても、話しかけられる事にかなりのストレスを感じるようになってしまいました。自宅に帰ってきても寝るまでの間は家族にも話しかけられないように別室で時間をつぶしています。
    これはうつ病の原因となった職場に戻った事でストレスからまた不安定な心理状態になったのでしょうか?
    薬もルジオミールを服用中です。

    近々定期検診なので先生に相談しようかとも思いますが、また休職を促されるかもしれないと思うと、言わないほうがいいのかとも考えてしまいます。多少の無理もしてみるべきかとも思ってはいますが・・

    皆さんの体験談や意見などをお聞かせいただければ幸いです

  2. momo 2009/03/08 (Sun) 14:03:35

    主人の職場復帰がかなり大変でしたので、一人で乗り越えるのは難しいと思います。

    うつ病になった場所に戻るストレスに加えて、「休職したことによる人間関係の気づかい」「この先を考えての不安感」

    全てが重なって、イライラはつのるばかりでしょう。

    そういう思いを受け止めてくれる人がいると思います。毎日の思いを吐き出す事をしなければ・・・又、同じ様になるのでは?という不安が押し寄せてくるでしょう。

    のりさん、家族ですらうっとうしいのは気分も落ち込むと思うので・・・せめてここにでも話してみては・・・どうでしょう。

    主人も二人三脚でようやく1年が経とうとしています。

  3. のり 2009/03/08 (Sun) 22:58:46

    momoさん。書き込みありがとうございました。

    >うつ病になった場所に戻るストレスに加えて、「休職したことによる人間関係の気づかい」

    そうなんですよね。これが一番の原因かとも思うのですが。

    >そういう思いを受け止めてくれる人がいると思います。

    思いを受け止めてくれる人はいるのかもしれませんが、その人に自分の毎日の思いを伝える事が良い事なのか・・とも考えてしまって。

    全てにおいて考え方がネガティブになっていて。
    話す事自体も億劫なので。

    折角書き込んでいただいたのにこんな返事しか出来ないですみません。
    だらだらと意味も無い書き込みになってしまいましたが、またお返事いただけるとありがたいです。

  4. momo 2009/03/09 (Mon) 13:22:50

    そのとおりですね。

    職場で過ごす時間は、神経を仕事に集中させることすら出来ずに・・。

    疲れる気持ちを理解して欲しい反面、気を遣われ過ぎると「皆に迷惑かけてまでここに居てもいいのか?」なんて考え・・・とにかく疲れまくる。

    主人は単身赴任だった為、毎日電話したり逢いに行ったりしましたが・
    ・・。

    「おまえに分かるんか?」「うん」「いや、分からんくせにいい加減なこと言うな。」・・・「やっぱり本当の気持ちは分からんかもしれん」
    「どうせ、わしの事なんてどうでもいいと思ってるんだろ。」

    こんなやりとりがあったり・・・頭の中は錯乱状態になったりしました。

    ただ・・・時間をおいて冷静さを取り戻すと謝ってくる繰り返しでした

    のりさん、それでもね・・・。心の中を浄化していくからこそ良くなっていったんだと思えるんだ・・・。

  5. のり 2009/03/10 (Tue) 22:33:02

    今日は医者の日だったので仕事は休みました。
    先生に言うべきか迷いましたけど、日々イライラがあることを伝えました。

    先生は「自分のペースで・・」「逃げ場を作りながら仕事をしていくように」
    など、色々と指導してくれましたけど、先生と会話する事自体に、もう疲れてきてて・・

    とにかく考える事自体が面倒で、気力もわかずに・・

    最後はどのような話だったかもあんまり覚えてはいませんけど、薬がもう1種類増えました。
    調べた所、イライラを抑える薬みたいです。

    明日はまた仕事と思うと・・

    今の自分には次から次へと仕事を処理していく能力はなくて、1つの仕事をこなす事に精一杯です。
    周りはそんな事関係ないですもんね。

    仕事への復帰は早かったのかと後悔しています。復帰前にリハビリにかかった方が良かったかもしれません。

  6. momo 2009/03/11 (Wed) 11:46:30

    のりさん、結果論は何とでも言えるので後悔するのはまだ早いですよ。

    自宅に居て療養している時間は、ストレスが少なくて良いのですが・・
    ・・そこで納得のいく「もう復帰できる状態まできた」と判断できるふうには成り得ないですよ。

    職場に居ながら治していくのが、復帰の早道だと思います。

    あっ・・・今から用事があるので又あとで・・。

  7. momo 2009/03/11 (Wed) 14:51:07

    追記・・・のりさんが、どうしてこの病気になったのか?分かりませんが、

    言える事は、「今まで(病気になる前)と同じ様にを求めないという事」「今までと同じ働き方をしてはいけないという事」

    主人が口癖のように言っていたのは、「前はこんな事難でもなく出来たのに・・・」「まだ完璧じゃないなあ・・」

    いつも、以前の自分と比べて落ち込んだり・・・戻れると錯覚したりしていました。

    その都度私は「もう前のように戻らなくてもいいよ」「今から新しい自分を創るんだから」「今までの様に無理した働き方はしなくていいよ」

    こんな事を言った記憶があります。

    のりさん、せっかくこの病気になったのだから・・・今まで出来なかった生き方が出来る転機と考えても良いのでは?

    復帰できたと言っても、今は帰ったら”よく寝ること”考えるより寝てください。

  8. のり 2009/03/12 (Thu) 21:38:56

    話を聞いてくれる人がいる事はありがたい事です。

    >追記・・・のりさんが、どうしてこの病気になったのか?分かりませんが、

    人事異動で新部署へ転勤となり、携わった事の無い仕事の担当となり、役職者となった事からだと自分では思っています。
    ほぼ毎月80時間弱の残業が発生していました。

    >言える事は、「今まで(病気になる前)と同じ様にを求めないという事」「今までと同じ働き方をしてはいけないという事」

    「今までと同じ働き方をしてはいけないという事」これには納得させられました。自分としては発病前の状況に戻す事が大事だと思っていましたので。

    >のりさん、せっかくこの病気になったのだから・・・今まで出来なかった生き方が出来る転機と考えても良いのでは?

    このような考え方は自分の中には全くありませんでした。今まで生きてきた形が自分だと思っていたので、転機と考えること自体私の中にはありませんでした。それは私の性格によるところだと思っています。自分はポジティブな考え方は全てにおいてほぼ無いに等しかったです。

    >復帰できたと言っても、今は帰ったら”よく寝ること”考えるより寝てください。

    最近はなんとなく寝る事の重要さを理解しつつあります。

    今までmomoさんのような事を言ってくれる人は居なかったかもしれません。居たかも知れませんが自分から距離を置いていたかも知れません。自分の考え方を否定されるのが嫌だったのだと思います。このような掲示板から得られる事がこの病気を治していける一つの糧となればと思えるようになりました。

  9. momo 2009/03/13 (Fri) 11:35:53

    のりさん、本題とは少し外れたことを話ますが・・・。

    先日、花粉症等アレルギーの専門の病院に行ってきた時に聞いた話ですが、私は23時に寝て6時に起床と問診表に記入した所・・・「遅いからもっと早く寝なさい!」と怒られてしまいました。一番良いのは20時に寝て4時に起きる生活だそうです。

    「せめて21時には寝なさい!そしたら健康な身体になる。」・・・と何もかも放っておいて、まず寝る。用事は朝しなさい!

    治療を受けながら看護士さんが説明して下さって、「昔を想像して下さい。夜明けと共に目覚め日暮れを迎え休む・・・。

    いつのまにか電気の元に暮らし、便利さに翻弄され・・・いつのまにか夜10時は”まだ10時”になり、朝5時でも”まだ5時”になり・・

    聞いた直後は、私も息子も心の中で”そんな生活ありえん”と全否定の気持ちで一杯でした。

    実際、サラリーマンなら残業当たり前・・学生でも勉強・塾・・それにいつでもTVが慢性化・・・。それを排除する生活は、まるで健康の為だけに生きているようなものだと感じていました。

    ところが、この私・・・何日か実践してみました。理に叶った言い分だと感心してしまいました。「いかに自分達は、現代社会の中で身体を酷使してきたのだろうか?・・自分の身体より仕事の方が大事なんだろうか?TVを見ることが大切なんだろうか?たまには良い・・・楽しんでも」

    昔、うつで悩む人がこれだけ居ただろうか?・・・もう少し昔の暮らし方を見直してもいいんじゃないかと思いました。

    のりさんの思っている原因

    >人事異動で新部署へ転勤となり、携わった事の無い仕事の担当となり、役職者となった事
    ・・この事自体は、時間は少し必要ですが出来た事だと思いますよ。


    むしろ・・・
    >ほぼ毎月80時間弱の残業が発生・・・こちらの方が問題だったのではないでしょうか?

    帰宅してもすぐに寝ないでしょう?身体を守る為に”うつ”を発病させたのですよ。のりさんの身体は「賢かった」んですよ。

    あのまま続けていたら、間違いなく脳の病気とかで倒れているでしょう。

    有難いと思えば、今までの分取り戻すように「寝て寝て寝まくって下さい。」必ず回復しますよ。

    あなたのエネルギーのタンクは、現在赤信号です。赤ちゃんの時から貯め続けたタンクですから、一杯にするには相当寝ないと・・。

    薬は睡眠を促してくれるものですからきっちり飲んでね。

    仕事がこなせないのは心配することないです。エネルギーに比例して出来るようになってきますから。

  10. kimkim 2009/03/15 (Sun) 11:39:56

    ご無沙汰しておりました、kimkimです。

    この一週間、珍しく休みを取らずにフル出勤出来ました。もう、何か月、いえ何年ぶりのことでしょう。

    その代り、土曜日は泥のように、一日中眠っていました。知らず知らずに、日々の疲れが溜まっていたようです。

    のりさん、はじめまして。私は、二度のうつの発病を経験し、今は職場復帰して約二年半が経ちました。まだ、投薬による治療を続けている者です。

    momoさんの言われるように、眠ること、これはとても大事だと、経験的にわかります。うつの強い時には、眠ることさえままならず、何種類もの睡眠導入剤、短時間・中時間・長時間型の薬の力を借りて床に就いていました。

    それが、最近は短時間型の薬、具体的には、マイスリー、ハルシオン、レンドルミンで、朝までぐっすり眠れるまでになりました。

    うつの症状が出ている時には、どうしてもいろいろと考えてしまうものですよね。特に、仕事のことは。そして、どうにもならない袋小路に入ってしまいながら、もがき続けることになりがちです。

    私は、二度目の発症の際、三か月の休職をして、自宅で療養していました。その間、仕事のことを忘れることは、正直、出来ませんでした。

    復職して、前とは別のセクションに異動し、今度は閑職に置かれ、あまりの暇に悩むことになりました。リハビリだ、と割り切れれば良かったのですが、「前はこんなじゃなかった」という思いが、どうしてもついて回りました。

    それから二年余りが過ぎ、「暇な自分」をだんだん肯定出来るようになってきました。momoさんの言われるように、今の自分は「前の自分」ではない、もし同じことをすれば、また病と闘うことになる、ってことを、理解出来るようになりました。

    明日、新年度の人事の内示があります。人事担当からは、「症状の悪化は避けたいので、君に何の仕事をしてもらえばいいのか、悩んでいる」と事前に言われました。私としては何とも答えようが無かったですが。

    ただ、どんな内示があっても、昔のような、病む前のような働き方は、しないつもりでいます。「頑張らないように頑張る」とでも言えばいいでしょうか、主治医が言うように「仕事は六割主義!」ということを、自分に言い聞かせながら歩いて行くつもりです。

    それで、たとえ昇進が遅れたり、給料が上がらなかったりしても、また辛い病の中には戻りたくありませんから。

    のりさん、どうか一人で悩まないで下さい、私もここへ来て、仲間にたくさん救われました。あなたも、吐き出したいことはここで出してしまって、心の中に澱みを作らないようにしてみてはいかがでしょうか。

  11. のり 2009/03/15 (Sun) 20:19:48

    kimkimさん
    書き込みありがとうございます。

    kimkimさんmomoさんの言うこと、よくわかります。
    確かに寝る事の重要さは最近感じています。

    早く寝たいとは思いますが、中々そうもいかない理由もあって。

    勤め人ではありますが、家は宿泊業でもあるので(個人事業主としては父親名義ですが、父親が寝たきりの為ある種の責任的なことは私が行っています。)

    なので大体寝るのは24時くらいです。
    仕事から残業無しで帰ってきても、このような感じです。休日ともなれば客室の掃除などありますし。

    今日も自分が良かれと思ってした事に母親から意見された事にイライラしていました。

    現在毎日こんな感じなので、寝てもなんとなく疲れが残っているような感じで仕事に行っています。
    結局楽しいと思えることなどなく、毎日なんとなくもやもやしながらといったところです。

    すいません。何いっているかわかんなくなっちゃいました。
    頭も回ってないみたいです。

  12. kimkim 2009/03/16 (Mon) 11:53:04

    こんにちは、のりさん、読みました。

    >現在毎日こんな感じなので、寝てもなんとなく疲れが残っているような感じで仕事に行っています。
    結局楽しいと思えることなどなく、毎日なんとなくもやもやしながらといったところです。

    このこと、とてもよくわかります。私も、かなり長い期間、こういう状態が続きました。起きていても辛いだけだから眠ろうとするのですが、かなり強い睡眠導入剤を飲んでも中途覚醒、早朝覚醒が必ずやってきて、十分な眠りを得た、という実感が無いのです。

    楽しいことも、自分からは何も思いつかないし、家族がテレビを見て笑いこけている姿を見ても、何が楽しくて笑っているんだ、くらいにしか思えなかったです。

    何より、自分が病んだ原因を、繰り返し繰り返し考える日々が続き、病そのものから遠ざかるということが出来ませんでした。

    この病は、何よりも「病んだ原因」から遠ざかることが大切だ、ということが、今になって実感出来るようになりました。

    のりさんは、今は「病んだ原因」から遠ざかることが出来ない事情がおありのようですね。ただ、それが出来ないと、いわば「負のスパイラル」に落ち込み、自分がどんな状態なのかがわからなくなってしまいます、私の経験としては。

    医師や薬、家族、上司や同僚、その他いろいろな助けを借りながら、本当に少しずつでも、「病んだ原因」から遠ざかることが大事だと思います。

    私もいまだに、症状の揺り戻しがあります。かつては、その中にどっぷりと浸かって、動きがとれませんでしたが、最近は「あ、今、調子が落ちかけているな」と自覚出来るようになりました。

    イライラや焦り、不安はどうしてもつきまといますが、この病は一足飛びには良くならない、と割り切って、一生懸命病と向き合っている自分を、認めてあげて下さい。

  13. momo 2009/03/16 (Mon) 14:14:06

    のりさん、その様な事情を抱えていたんですね。

    自分ではお気づきじゃないかも知れませんけど・・・この病気を引き起こした原因はそこにもあるんじゃないか?と・・ちょっと思いました。

    だって、今の生活・・・あなたはいつ休むの?

    何が楽しくて働いているの?

    いつからお父さんが寝たきりになられたのか分かりませんが・・・その時に家族で充分に話し合いが出来ていなかった様に感じるんです。

    本当は一番お互いの事を理解しあったり、助け合ったりするはずの家族なのに・・・。

    其々の立場で、みんなが大変なのでは?

    余裕がなくて、きっとあなたの事も理解しようとしていないのでは?

    私が口出すことではないのですが、宿泊業なら雇いの人を増やすとか
    あなたも二足のわらじは大変でしょう?

    あなたの身体はロボットではないんですよ。もっと自分の身体を大事にして下さい。

  14. のり 2009/03/18 (Wed) 22:20:58

    父親は寝たきりになって4年目になります。
    その間にも何回か入退院を繰り返していますし、最近では声もあまり出なくなってきて、意思の疎通もしにくい状態です。

    その辺の事も今回の事に関係あるかもしれません。

    意思の疎通が出来なくなると互いにストレスが溜まりますし。

    家については現在の経済状況下の中で雇い人をとることもなかなか出来ないです。
    なので家族だけでなんとかやっています。

    確かに「いつ休むの?」と言われれば、その通りで、休前日なんかはゆっくり休んだ記憶も無いです。

    かといって家族だけに任せるわけにもいかず・・

    でも自分がやらなきゃ・・って考える必要も無いのかもしれません。

    たしかに自分はロボットではないので、燃料を入れれば働けるってものでもないですし。

    わかってはいるつもりなのですが。性格でしょうか。なかなか割り切れません。

    このままつぶれたとしても、それだけの人間だったのかなって。
    そんな事ばっかり考えてます。
    自虐的でしょうか。

  15. momo 2009/03/19 (Thu) 21:54:40

    のりさん、あなたの考えもよく分かります。

    お父さんの事は、かなり心配と先々の不安に繋がっていてストレスになっていると思いますよ。

    だけどね・・・「このままつぶれたとしても、それだけの人間だったのかなって。」・・・などと思っている事を家族が聞いたら、悲しむと思うよ。

    私も現在、義母を介護中です。今月の初め位から酷くなり、ほんの僅か行けていたバイトにもとうとう行けなくなりました。

    歩くこと立つことが出来ないので介助を必要とします。現在二人暮らしなので・・・。

    うつになった主人が病む前は、のりさんの状態によく似ています。

    単身赴任先から片道5時間もかけて運転し帰省、待っているのは畑仕事でした。年老いた父がいつもあてにして、一日半の仕事をさせるのです。疲れきって帰って行きました。・・・休みの方が疲れる。とは言っても毎晩残業で帰宅は22時。

    それは約12年間続きました。主人は、ゴールデンウィークも盆も暮れも全て奪われる生活でした。

    「どうせ言っても喧嘩になるだけだし・・・わしは会社で遊んどる位にしか親父は思ってない。」・・・と言ってやさしさか服従かしらないけど、やった結果が・・・。

    父との死別で残った・・・うつ病でした。

    のりさん、その生き方・・・ある意味家族に対して残酷だよ。自分は家族の為になっていると勘違いしている部分もあるんでは???

    確かに経済的なことを言われると・・・何も言えないですが。

    やっぱり・・・これって言える解決策って中々見えてこないですよね。

    男の人ってやさしいよねー。私なんか図太いから、介護も適当でしたいようにして・・・手抜き・・・。

    ごめんなさい。いい加減なこと言いました。

  16. kimkim 2009/03/22 (Sun) 01:48:30

    のりさん、momoさん、こんばんは。ずいぶん遅くのお便りになってしまいました。

    >でも自分がやらなきゃ・・って考える必要も無いのかもしれません。
    たしかに自分はロボットではないので、燃料を入れれば働けるってものでもないですし。

    ・・・そう、のりさんは、すでに病から遠ざかるきっかけに気づいているんだと思います。しなけりゃいけない仕事、それはわかっているけど、何故か手に付かない。ロボットなら、命令と燃料があれば済みますが、人間はそうは行きません。

    >わかってはいるつもりなのですが。性格でしょうか。なかなか割り切れません。
    ・・・おそらくこれは、家業のことを思われての発言だと思います。割り切りの良い人なら、「この際、稼業をたたむ」、あるいは「勤めを辞めて稼業を継ぐ」という選択肢もあるはずですし。何にせよ、このままの状態が長引くことが、いちばん病に悪い結果を及ぼすと思います。

    >このままつぶれたとしても、それだけの人間だったのかなって。
    そんな事ばっかり考えてます。
    自虐的でしょうか。
    ・・・このままつぶれてしまうこと、それには、まだまだいろんなステップ、選択肢があります。もし仮に、のりさんの人原性から発した障害であるなら、それを緩和する医療行為も受けられます。のりさんが、はからずも自虐的、と言われたのには、何か背景がおありなんでしょうか。今回のことは、その自虐性と正面から向き合い、乗り越えて行く必要があるように感じました。

    私が病から遠ざかるきっかけは、病の原因を考えることをあえて止めることでした。はじめは難しかったです、アルコールの力も借りました。そんなことをしばらく続けているうちに、更に深い部分の自分の性向を知りました。「他人の力を借りなければ、何も出来ないこと。」

    回復は、それがきっかけになったような気がします。

    今は、フルタイムで働いていますが、無理なペースは作りません。昔の俺じゃないから、このくらいがやっとだよ、と、自分に言い聞かせて働いています。休みも、しょっちゅう取ります。仕事は6割主義、これで行こうと思っています。

    のりさん、どうか、無理をされないで下さい、そして、無理をして辛い時には、ここへ吐き出して下さい。ここが、のりさんの、ささやかな安息の場所になるように、祈っています。

  17. momo 2009/03/22 (Sun) 20:01:49

    こんばんは、のりさん。

    私の友人も宿泊業を営んでいます。彼女がよく言っているのですが、「この日は休もう!」と決めたら、お客さんをその日は入れないと
    言っていました。

    「そうじゃないと・・・中々休めないしどこにも行けない」・・と

    家族が共倒れしない為には、一つの方法として考えても良いのでは?

    それに合わせてのりさんも休暇をとったりして、何もしない日を作っても・・・生活を苦しめる程のマイナスにはならないでしょう?

    それでは・・・。

  18. のり 2009/03/29 (Sun) 21:55:09

    しばらく考えていた事があって書き込みが遅れました。

    皆さんから色々と書き込みを頂き、いろんな提案など頂いて非常に嬉しく思います。

    ただ、最近
    色々言ってくださる事に素直に受け取れなくなって来ている自分がいます。

    また自分が嫌になりつつあります。
    自分の存在意義が疑問となっています。
    人と会話する事に面倒さも感じています。

    投薬治療だけでは現場復帰は早すぎたのでしょうか。

    普段の生活の中でイライラしはじめていること。
    また、元に戻ってしまうのでしょうか。

    全てが面倒になりつつあります。

  19. momo 2009/03/30 (Mon) 09:42:26

    のりさん、面倒くささやイライラは当然あって・・・解決出来ないもどかしさは残ると思います。

    本当に色々言われても・・・ですよね。

    大体が投薬治療は、そんな不安な気持ちを落ち着かせたりゆっくり睡眠がとれる様に促してくれるものでしょう。

    現場復帰が早過ぎたとは思いませんが、病気を発症するまでのあなたなら・・・今の状態でも忙しい忙しいと言いながらやり抜いているでしょう。

    「でも・・・もう戻れないんです。あの頃の自分には・・・」

    のりさん、諦めきれないんじゃないですか?

  20. のり 2009/03/30 (Mon) 21:40:46

    前に戻る事は無理でしょうか?

    うつ病となった自分を理解してはいるつもりです
    理解しているつもりなので余計に昔のように出来ない自分に腹立たしいです。

    一歩さがって物事に取り組まないと駄目でしょうか

  21. momo 2009/03/31 (Tue) 11:12:22

    のりさん、やはり以前の様に戻りたいのですね。

    ネットに例えるなら・・・以前は光ファイバーで何事も高速で処理出来ていたものが、無理な使い方をして壊れてしまった。そして・・・その場所から離れたの・・・今はADSLしか繋がらない所に住んでいるのにデーターは残っている。

    そこであなたは、一生懸命とりあえずADSLをインストールして処理しようと試みるのですが・・・上手く機能しません。どうしたら・・・光は?とりあえずADSLでも・・・。

    もう、サポートセンターを頼るしかない。

    まずは、復元ポイントで戻して光をアンインストールしましょう。新たにADSLをインストールすれば、高速は諦めてもネットに繋がり機能は果たせますよ。

    のりさん、今後は前の様に戻れなくても違った生き方を選べると思ったらどうでしょうね。

  22. momo 2009/04/05 (Sun) 11:51:50

    のりさん、お変わりありませんか?

    主人が職場復帰して1年が過ぎました。体調はやはり最低限の無理をしているので、疲れやすいと言っていますが・・・。

    生き方の軌道修正はしているのがよく分かります。「又、再発したらどうしようという怖さがあるから」だそうです。

    病む前は、「自分の出世欲」が殆どを占めていたのですが・・・現在は
    「三男が大学を卒業するまではなんとか頑張ろう」そして、「余暇を自分の趣味に使おう」・・・違う生き方・違う世界に踏み込んでいっている様です。

    私は、見守るだけです。

    のりさんも辛いのを自分の内に押し込めないで下さいね。

  23. のり 2009/04/06 (Mon) 22:01:49

    momoさん。書き込みありがとうございます。

    この前momoさんに書き込みいただいてから、少しずつではありますが考え方を変えてみようと思いつつ、仕事をしています。

    何となくですが不思議なもので、「今日はこのくらいにしよう」とかこれだけしか出来なくてもいいんだ。今の自分はこれ以上は出来ないから・・

    って考えて仕事をするようになったら、なんとなくですが楽になっているような気がします。

    寝ても眠りが浅いと感じることも無くなってきているようです。

    このまましばらくやっていければと考えられるようになってきています。
    ただ、まだ疑心暗鬼ではありますが。

  24. momo 2009/04/07 (Tue) 11:45:45

    のりさん、お返事ありがとうございます。

    よく分かりました。この山を乗り越えていくのは自分自身しか居ないのですが・・・一人で考えたりしていると、どうしても揺り戻しがきてしまいます。

    そんな時は、又書き込んで下さいね。


コメント書き込みフォーム
※自殺告知は見ている人を動揺させるのでやめましょう
※ここは利用者どうしの掲示板です。運営者への質問はこちら。
名前 


このスレッドを全部読む
このスレッド内を
番以降の発言を

全スレッド一覧
掲示板トップへ