1つ上(フレーム)を表示する

はじめに

〜 あなたもすぐに元気になれる! 〜


このサイトは、私が中程度のうつ病からたった45日間で回復し、毎朝ランニングが出来るようになるまでに採った方法である。
全てのうつ病患者とその予備軍に対して、一刻も早く立ち直ってもらうのが目的だ。
抗うつ剤が効かない人、認知療法をする気力がない人に対して、より簡単に立ち直ってもらうのが目的だ。



結果から言おう。「抗うつ剤を飲んで安静にする」というのは対症療法であり、悪化を止める以上の効果はない。もっと積極的な治療法があることを知って、試して、本当の意味での治療をして欲しい。



 医者に行くことは必ずあなたの役に立つ。それはあなたにとって最初の選択肢だ。しかし、医者の治療はあくまで最初のバックアップに過ぎない。特に重症の場合は、医者に行く気力さえ残っていない。

 医者のバックアップを利用してより早く治れるかどうかは、あなたが何をするかにかかっている。 まずは医者にかかる気になること、二番目に実際に医者に診てもらうこと。そして第三の選択が、私が教える回復法だ。




私も、ありきたりなうつ病の対症療法に身をゆだねてきた1人だった。45日前まで、私は中程度のうつ病だった。ひどい無気力で、10日間ものあいだ家から一歩も出られなかったこともあった。
そんな私が、今は毎朝4時前に起きてランニングしている。昼も効率的に動ける。夜は筋トレも出来るようになった。

「うつ病を治したかったら、早起きして散歩しなさい」なんて無理は言わない。うつ病だから早起きできないし、うつ病だから出歩く気力もないのだ。これでは「うつ病を治したかったら、まずうつ病を治せ」と言われているようなものだ。私たちに必要なのは、早起きや運動ができるようになるまでの方法なのだ。




私の場合、うつ病になってから8年以上、自分がうつ病とさえ気付いていなかった。その後の8ヶ月間、医者から出される抗うつ剤を次々に試し、どれも期待したほど効かなかった。テレビを見る気力もなかった。「好きな食べ物は何?」と聞かれても、何も思い浮かばなかった。 「全然良くなっていないぞ?」。そう思った私は、より早く治る方法を模索しはじめた。





うつ病が回復するのに45日間だったと書いたが、その45日間はひどい日々だった。自分が経営していた会社を倒産させてしまった直後で、自分も4000万円の借金とともに自己破産。自宅は売却させられた。一文無しで住む家がなくなった。貯金も収入も就職先もなかった。65歳の母を養わなければならなかった。うつ病にとって最悪の敵、「ストレス」の洪水におぼれていたのだ。




そんなストレスと闘いながら、試行錯誤を続けながら、それでも45日で回復できた。ランニングできるまで回復しなくて良いなら、もっと短期間だった。そして、あなたは試行錯誤せずに最初から最短距離をたどることが出来る。全て私が教える。

この方法では何も特殊なことを要求しない。無名なサプリメントをいくつか買う必要があるが、破産者にさえ買うことが出来た金額だ。



早起きができ、昼は全力で働け、夜は余ったエネルギーでボディビルも出来る。そんな生活が出来るまでに回復できるフォーミュラ(公式)を、ここに全て公開する。
私は「自動的」が好きで、「最短距離」が好きだ。そんな私が考えた治療法は、「自動的」で「最短距離」だ。



さあ、治ろう。


1つ上(フレーム)を表示する