1つ上(フレーム)を表示する

上級編

 ここではより早く治りたい人のためのオプションを提供する。なぜ基本メニューに組み込まなかったかと言えば、能動的な努力が必要だったり副作用の心配があったりして、うつ病の真っ最中の人には無条件には勧められないからである。

 確実な成果のためには多少の障害はいとわないという人に、以下の手段を提供する。



脳を鍛える大人のドリル

 文字通りドリル形式の問題集(書籍)。1日2ページずつで60日分ある。
上の画像は amazon.co.jp の注文ページにリンクしているので、そのまま購入できる。



もともとは中年〜老人の脳の機能低下を防ぐためのものだが、脳の中の特に前頭葉の血流を改善させるものであることから、我々のようなうつ病患者が前頭葉の機能を改善し、扁桃体の興奮を抑制することにも転用できる。

脳の血流速度を画像化したデータを同書籍から転載する:

TVを見ているとき。

視覚である後頭葉(図の内側)、および聴覚の側頭葉が動いている。
複雑な計算問題を解いているとき。意外にも左脳のごく一部しか動いていない。
簡単な計算問題をできるだけ早く解いているとき。多くの部分が動いている。
そして、これが我々にとって最も重要な結果である、音読している時の状態。

前頭葉が活発に動いている。しかも、この活動は音読スピードを速くすればするほど活発になるという。

 このように、音読することで前頭葉の働きを活発にさせることが出来る。



左は上記のようなトレーニングをアルツハイマー型痴呆患者に行った結果、どれだけ前頭葉機能(行動の制御や抑制、言葉の生成能力)が改善したかを示すデータ。
3ヶ月で1割以上回復しているのが分かる。逆に、トレーニングしていない人たちは成績が下がっている。


測定条件:
音読と漢字書き取り、計算問題を1日10分、週に2〜5日実施。


 ドリルを日常に取り入れるには多少の努力が必要だが、一度始めてしまえばあとは単純作業なので苦にならない。いかに習慣化してしまうかだけが問題となるだろう。


1つ上(フレーム)を表示する