1つ上(フレーム)を表示する

気力が戻ったら

 気力が戻ったら、認知療法に進もう。ここから先はこのサイト以外に扱っている本やサイトがたくさんあるので、そちらを参考にして欲しい。

 うつ病を作ったのは、あなたの今までの生活だ。そして、それはあなたのストレス許容量を超えるストレスだったとも言える。認知療法は、あなたのストレス許容量を増やす手伝いをしてくれる。

 あなたのもののとらえ方によって、あなたが感じるストレスは大幅に減らせる。つまり再発率を下げることが出来る。



 たとえうつ病が改善したとしても、再発防止をせずに従来の生活に戻ってはいけない。もしそうしてしまうと、うつ病が発生したプロセスをもう一度たどることになるからだ。

再発防止は以下の組み合わせだ。

  • 認知療法で考え方のクセを修正し、物事の受け取り方を変えて精神的なストレス耐性を上げる。
  • 食生活を変え、運動習慣を持ち、肉体的なストレス耐性を上げる。
  • 仕事量や仕事内容、仕事時間を調整し、より負荷の低いものにする。仲間と協力したり仕事を分担してもらって、仕事を抱え込まないようにする。こうして入ってくるストレスの量を減らす。
  • 話し相手や相談相手を多く持ち、同じ問題に長時間悩まないようにする。こうしてたまったストレスを放出する手段を持つ。
  • 仕事中の小刻みなリラックス習慣と、休日を利用した本格的なリラックスの習慣を持つ。

くれぐれもうつ病発症前と同じ生活パターンを繰り返さないこと。同じ考え方、同じ生活をたどれば、そこから来るストレスもまた以前と同じになり、再発リスクも当然高い。


1つ上(フレーム)を表示する