最新うつ病ニュース 全記事リスト

うつ病ドリル管理人のうつ病実体験から選びに選んだ、
世界最高品質レベルのサプリメントは ■サプリコーナー

うつ病のみなさんと共に選んだ、 ここでしか買えないお役立ち商品! ■商品一覧
全ての記事を表示 |  1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13  |  14  |  15  |  16  |  17  |  18 


■日本うつ病学会治療ガイドライン II.大うつ病性障害 が発表されました
■【告知】うつからの就職活動セミナー
■【告知】“うつ”復職支援フォーラム
■「うつ病の頭と体が気持ちよーく楽になるお茶会」
■1名無料ご招待「うつ病の頭と体が気持ちよーく楽になるお茶会(まだ仮称)」

■うつ病のリスクを減らす食生活はコレ!
■精神疾患と肥満、どちらが先?
■自殺予防週間、各県の取り組み
■続々と開発される血液検査でのうつ病診断
■ネットで認知行動療法



■職場にうつ病を打ち明けるか? アンケート結果
■告知「脳と栄養のシンポジウム」
■抗うつ薬、最近の動き
■血液検査でうつ病診断
■遺伝子で決まる? 不眠・うつ・プラス思考の傾向

■SSRIで攻撃性が増す?
■パパのメンタルヘルスは息子の将来を決める!?
■平成20年の自殺者統計発表
■心と体の健康は密接に関連する
■7〜8割の精度でうつ病を確定診断、光トポグラフィー



■自殺未遂者の情報を各機関が共有して自殺を防ぐ
■世界経済と自殺率はどういう関係か?
■抗うつ剤SSRIと自殺の傾向、20万人の分析結果
■抗うつ剤の「ランキング」発表
■カウンセリング1回無料!

■メンタルヘルス事情、あの国は?
■冬季うつ病をメラトニンと温かいもので乗り切る?
■ケータイやマンガでうつ病かどうかわかる?
■うつと肥満とウォーキング
■ストレスと抗うつ剤、子どもへの影響が大きいのは?



■脳と栄養のDVD、販売開始です。
■新コーナー「カウンセラー集」のお知らせ
■若い世代ほどうつ病に不安
■セントジョーンズワートはプラセボの 1.28倍以上効く、ただしどんな商品でもというわけではない
■万病の元、ストレスに関する知識と対処法

■躁うつ病双極性障害)はわからないことだらけ
■うつ病診断・治療法の新たな流れ
■セロトニンが少ないとがめつくなる
■職場のストレス、9割が感じても対策は不十分
■食べるか食べないか……うつと食欲



■うつ病が原因のトップ・10年連続3万人超……自殺の実態
■うつに効く? 週20分の運動・ゲーム・魚油
■精神疾患での労災が過去最多更新
■企業の6割、従業員200人に1人、メンタル不調休職
■メンタルヘルス、地方の取り組み

■無料で栄養療法の講演にご招待&プレゼント付き
■8人に1人……うつ病と受診の現状
■告知:講演会「心のトラブルと低血糖症の関係」〜砂糖は脳にとって必要か?〜
■効く? 効かない? 処方減っても自殺は増えないSSRI
■今日の「治るヒント」08.03.31(月):優秀な人ほどうつに▽辛い時は目線を少し先へ▽うつの家族の会・ハートビート▽ネット依存は精神疾患▽混合診療、試験的にスタート ほか



■今日の「治るヒント」08.03.26(水):抗うつ剤が効かなかった人への一手▽オフィスでのストレス解消法▽休日に仕事を忘れる法
■今日の「治るヒント」08.03.24(月):うつ病専門病棟▽うつ病の復職支援▽ジムキャリーとハリポタ作者の体験談▽うつ休業者続出企業を見分けるポイント ほか
■血は水よりも濃い―親子とメンタルヘルス
■今日のうつ病ニュース 08.03.13(木):新型抗うつ剤 SA4503▽抗うつ剤の効き目を血液検査で確認▽脳だけなら老人と若者は同格▽ほか
■今日のうつ病ニュース 08.03.11(火):うつ病に抗うつ剤は要らない?▽夜のコンビニで不眠▽うつ病1000人の体験談▽ほか

■SSRIばかりが治療ではない
■今日のうつ病ニュース 08.02.26(火):青い部屋が気分を鎮静▽みかんは白い筋ごと食べよう▽光る枕で目覚めばっちり
■今日のうつ病ニュース 08.02.25(月):セロトニンストレッチ▽35歳までのストレス対策習慣10▽自殺対策関連いろいろ
■今日のうつ病ニュース 08.02.22(金):うつにならない休み方▽8時間寝たい、でも現実は6時間▽脳みそ強化サプリメント
■今日のうつ病ニュース 08.02.21(木):イギリスは抗うつ剤の国▽怒りを操れれば怪我もよく治る▽好きな音楽で脳が回復 ほか



■今日のうつ病ニュース 08.02.19(火):過労で脳細胞死滅▽44歳がうつピーク▽難治性疼痛にパキシル
■やっぱり「百害」、タバコと心
■今日のうつ病ニュース 08.02.08(金):上機嫌の作り方▽病院のアロマセラピー▽眠る理由
■日本の自殺対策、今後の方針(後編)
■今日のうつ病ニュース 08.02.06(水):ストレス点数表▽カレーで脳トレ▽メンタル系の診療科ごとの実態

■今日のうつ病ニュース 08.01.30(水):うつ病と肥満はニワトリと卵▽うつ病で電車に飛び込む心理▽ケータイで社会不適応に▽びっくり外来ランキング
■今日のうつ病ニュース 08.01.29(火):社員へのメンタルヘルス対策の実情▽合わない上司の対処術
■今日のうつ病ニュース 08/01.28(月):小中学生のうつ▽馬セラピー▽記憶テク14個
■今日のうつ病ニュース 08.01.25(金):抗うつ剤では再発を防げない▽妻のうつは実家を味方に▽我慢する夫婦は早死にする ほか
■日本の自殺対策、今後の方針(前編)



■今日のうつ病ニュース 08.01.23(水):回想法で脳トレ▽笑ってキレ防止▽ストレスいっぱいな時の問題解決法
■今日のうつ病ニュース 01.08.22(火):ジェネリック薬の信頼性向上策▽携帯で不眠
■今日のうつ病ニュース 08.01.21(月):バレニクリンでうつ?▽精神障害者と就職▽青色ライトでリラックス防犯▽子供と大人の記憶術
■今日のうつ病ニュース 08.01.18(金):精神病5つのサイン▽季節を取り入れマンネリ防止▽子供の喘息は母親から▽新薬不足は誰のせい?
■今日のうつ病ニュース 08.01.17(木):抗うつ薬の試験結果は…▽ニセ薬も使いよう▽消しゴム脳トレ▽ラジオで脳トレ ほか

■今日のうつ病ニュース 08.01.16(水):激安睡眠薬▽再診料変わります▽政府のうつ病政策 in 新健康フロンティア戦略▽ワインの味は金次第 ほか
■今日のうつ病ニュース 08.01.15(火):新薬リフレックス▽子どもの心ケアを全国ネットで▽心の相談5倍増
■今日のうつ病ニュース 08.01.11(金):日記でうつ脱出▽こんな時は睡眠不足▽社員のメンタルケアサービス
■今日のうつ病ニュース 08.01.10(木):香水とうつ▽泣ける曲▽プチプチで快感▽14年長生きする方法
■今日のうつ病ニュース 08.01.09(水):痛みの原因はうつ病?▽過去不問セラピー▽専門家集団のメール相談▽脳を鍛える生活習慣



■今日のうつ病ニュース 08.01.08(日):10代で精神科▽Wiiじゃ痩せない▽もらった薬の調べ方▽ミントで禁煙▽ジェネリック薬拡大中
■今日のうつ病ニュース 08.01.07(月):お坊さんに相談▽森でストレス低減▽世界最高の癒しロボ▽管理職のメンタルヘルス教育
■今日のうつ病ニュース 08.01.04(金):メールで不眠▽教員のうつ増加
■うつにちょっといいこと3つ
■うつには魚が良い!?

■うつ病になりやすい仕事・年齢・職場
■リタリンのうつ病適応除外に関する一連の動き
■うつ病はメタボより怖い!?
■SSRIの処方が減って、自殺は増えた
■カビが多いとうつ病になる!?



■講演:産後うつの現状とこれからについて考える〜ママブルー自助グループ活動をつうじて
■厚生労働省、夢遊症状などで睡眠薬使用に注意呼びかけ
■自殺予防週間で、各県は何をしたか? まとめ
■うつ病患者へのアンケート結果(その2)〜薬が怖い
■うつ病患者へのアンケート結果(その1)〜財政と偏見がつらい

■抗うつ剤の赤ちゃんへの影響は?
■自殺者は減ったのに、過労による自殺は増えた
■パキシルの自殺は、服薬1ヶ月を過ぎればそれほど怖くはない
■うつ病と循環器疾患は、お互いに悪化させあう
■パキシルの自殺率、副作用発生率ほか まとめ



■うつ病を起こす遺伝子の一つと、有効な薬・無効な薬が見つかった
■政府の自殺対策、これでOK?
■新しいタイプのうつが増えている
■秋田で「自殺予防学」確立へ〜地域と世界の取り組み
■告知:講演会『精神疾患への新しい考え方』〜栄養アプローチの理論と実際〜

■マイスリーで夢遊病?FDAが13種類の薬で注意を喚起
■うつ病へのジェネリック処方は35%―多い? 少ない?
■うつ病と脳のTV番組(3/6-3/12)
■うつ病と脳のTV番組(2/27-3/5)
■うつ病と脳の小ネタ 070223



■うつ病と脳のTV番組(2/21-2/26)
■うつ病と脳のTV番組(2/13-2/19)
■うつ病と脳の小ネタ 070208
■抗うつ剤で自殺未遂が増えても自殺者は減る
■うつ病と脳のTV番組(2/7-2/13)

■うつ病と脳のTV番組(1/31-2/7)
■日本の新薬事情(後編)
■うつ病と脳の小ネタ 070126
■うつ病と脳のTV番組(1/24-1/29)
■日本の新薬事情(中編)



■「青いめがねをかけるとリラックスできる」 9割の方が回答
■うつ病と脳のTV番組(1/17-1/23)
■日本の新薬事情(前編)
■うつ病と脳の小ネタ 070115
■うつ病と脳のTV番組(1/10-1/15)

■うつ病と脳のTV番組(1/6-1/10)
■ハルシオンはヤバイのか? ファイザー自主回収
■うつ病と脳のTV番組(12/27-1/1)
■先生はストレスいっぱい? 精神疾患の休職が最多の4178人
■うつ病と脳のTV番組(12/19-12/25)



■うつ病と脳の小ネタ 061215
■うつ病と脳のTV番組(12/13-12/18)
■うつ病と脳のTV番組(12/6 - 12/11)
■薬が効かないうつ病のDBS(脳深部刺激)による治療例@60ミニッツ
■グラクソ・スミスクライン、「職場のメンタルヘルスケア サポートキット」を無償提供

■うつ病と脳の小ネタ061130
■不安・うつ病治療剤「 AC-5216 」の国内開発計画を見直し
■うつ病と脳の小ネタ061120
■(募集)リラックス用「青色ダイエットめがね」無料モニター
■産後のうつ状態の小冊子「ママ、ブルーになっても大丈夫!」



■(募集)光療法の無料モニター
■ジェイゾロフトの臨床試験は、本当に「OK」だったのか?(後編)
■ジェイゾロフトの臨床試験は、本当に「OK」だったのか?(中編)
■ジェイゾロフトの臨床試験は、本当に「OK」だったのか?(前編)
■ジェイゾロフトの有効率55.7%、値段は1234円〜

■うつ病は冬に少なく梅雨に多い?
■(募集)市民公開講座「うつ病の治療法を考える−当事者、家族が求めるもの」
■パキシル副作用で自殺増加、未成年だけでなく30歳くらいまで
■2005年度過労死は199人、ただし自殺は減少
■ジェイゾロフトもうすぐ発売



■うつ病のTV番組、脳のTV番組(4/20 - 4/27)
■うつ病のTV番組、脳のTV番組(4/4 - 4/14)
■うつ病と脳の小ニュース(3/31)
■うつ病のTV番組、脳のTV番組(3/30 - 4/6)
■満腹が続くと25%バカになる

■うつ病のTV番組、脳のTV番組(3/19 -3/22)
■募集:シンポジウム「心のケアの専門家は、どう必要か」
■うつ病の磁気治療、効果は50%くらい(スイス)
■うつ病のTV番組、脳のTV番組(3/8 - 3/16)
■パッチ型抗うつ剤「エムサム」認可(アメリカ)



■気になる小ネタ 060303
■「うつ病は弱さの表れだと思う」日本人の50%以上
■うつ病のTV番組、脳のTV番組(3/5 - 3/7)
■ストレス減少森林10カ所を認定
■ゆううつ感最大の日は2月の第一月曜日

■抗うつ剤「自殺の危険性あり」 使用上の注意を改訂
■唾液のHHVで疲労度が分かる?
■ジェイゾロフト日本発売間近
■EQトレーナーは認知療法みたい
■気になる小ネタ 060121



■SSRI の実験結果と広告が違うじゃないか
■ジェネリック普及策、ザル化の兆し
■光療法カフェ(外国です)
■気になる小ネタ 060111
■ジェネリック薬の普及策3つ

■イワシ6匹でうつ予防
■うつ病ドラマ「スマイルズ・アゲイン」
■自殺者を10年で7,000人減らそう
■カウンセリングはいくらかかる?
■ルボックスに新効能「社会不安障害」



■薬の効果と副作用を血液1滴の遺伝子から予測
■「精神科」→「メンタルヘルス科」、改称で受診者増
■不眠と自律神経失調の3割にうつ病の可能性
■告知:公開講座「うつを語る 患者と家族のための基礎知識」
■ライバルに差をつける脳の鍛え方

■海馬を増やすには難問に挑め?
■うつ病のTV番組、脳のTV番組(9/6〜9/8)
■気になる小ネタ 050816
■気になる小ネタ 050815
■健康診断の2/3はムダ?



■脳の細胞は増えることが、海馬に続いて黒質でも確認された
■うつ病のTV番組、脳のTV番組(8/13〜8/27)
■自殺防止対策会議、群馬県でスタート
■うつ病のTV番組・脳のTV番組(8/5〜8/8)
■「快眠プログラム」付き電気毛布

■こんな症状が心療内科でよくなった
■うつ病に関連するタンパク質 par-4 を発見
■秋田県、自殺者減少がストップ? 原因は「お金より病気」
■子どものうつ病には親の離婚、母の妊娠は無関係
■不眠症治療薬「ROZEREM(ロゼレム)」アメリカで販売許可



■「職場の心の病が増えた」…68.7%
■睡眠サポート食品「グリナ」
■「こころの健康展」香川県で明日まで
■脳の前頭葉が大きいと精神がタフ?
■TV電話でカウンセリング

■睡眠フィットネスセンター開設
■自殺対策で省庁が連携へ 内閣府に連絡会議を設置
■平均サプリ代¥5,525、一番人気はビタミン剤
■初診での症状説明は2分で足りる(スイス)
■脈拍から作った音でリラックス-「マイサウンド」



■メンタルヘルス検定試験、来年2月〜
■メンタルサポート犬がうつを支えるアメリカ
■「医療心理師」と「臨床心理士」、さらに分かりにくく
■サバ缶のDHAで頭が良くなる
■脳に金属が溜まる→キレる?

■抗うつ剤で自殺衝動?監視強化へ
■タンパク質「OCT3」を抑えると抗うつ効果あり
■躁うつ病+うつ病治療=悪化
■先生の先生も、2割はうつ状態
■薬を勝手にやめる人、64%



■過労死110番に相談278件
■精神障害の労災認定、過去最多
■中国のうつ病患者は2,600万人
■「精神病院」の呼び名廃止、「精神科病院」へ
■医者の治療が正しい…とは限らない

■募集:都民講座「うつ病ってどんな病気?」
■厚労省が自殺防止会議、施策を概算要求盛り込みへ
■募集: 「うつサポ恋人会」(うつ病の恋人を支える人達の為の自助会)第一回勉強会
■募集:日本うつ病学会 無料市民公開講座
■瞑想でストレス軽減すれば長生きできる



■薬が安くなるジェネリック(後発)医薬品、国が推進
■引っ越しストレスは人を10倍ぜんそくにさせやすい
■うつ病のTV番組、脳のTV番組(6/9〜6/16)
■オバさま方が自殺しなくなったのはヨン様にハマったから
■咳(せき)が続くとうつ病になる

■テアニン飲んでストレス対策
■労働トラブル110番
■自殺防止マニュアル、人事院が作成
■うつ病のTV番組、脳のTV番組(6/2〜6/7)
■脳機能を回復させたアラキドン酸



■ストレスチェック+カウンセリングサービス
■自殺者、2004年は-5.86%
■うつ病を遺伝子テストで診断する&薬の効果・副作用と遺伝子の関係
■笑う時間が1/3になったイギリス人
■記憶力を改善する薬

■光に当たるとうつ病が良くなる
■ネットで10分、ストレス診断
■うつ病のTV番組、脳のTV番組(5/24〜6/2)
■「高い買い物」でアドレナリン分泌
■うつ病のTV番組、脳のTV番組(5/18〜21)



■「ケータイ家庭の医学」 スタート
■よく摂る健康食品、1位は「何も摂っていない」
■うつ病の診断書、「表現弱める」医師9割-復職に配慮
■医師が書いた「ぐんぐん良くなるうつ病快復ノート」
■頭の回転30%アップ…週3回の外出・運動

■5月病を放置してうつ病にしないために
■日本人の栄養失調度(2003)
■水を飲むとやる気アップ、ジュースはダウン
■睡眠改善にシャンプーの香り
■水銀がセロトニンに影響する



■ストレスが脳細胞の新生を止める
■うつ病のTV番組、脳のTV番組(5/2〜5/13)
■セロトニンとメラトニン、早寝早起きの関係
■睡眠時間は遺伝子で決まっている?
■リラックスせずに眠ると眠りが浅くなる

■メラトニンはやっぱり若返りの秘薬?!
■良い眠りのためのノウハウ
■酒と抗うつ薬を飲んで自殺-ポール牧さん
■うつ病のTV番組、脳のTV番組
■働く若い女性の睡眠トラブルの主因は「仕事」



■健康食品比較サイト 「買い方.com」
■大阪、全国初の慢性疲労外来
■心理カウンセラー資格、併設の動き
■亜鉛は10代の子供の脳をシャープにする
■うつ病など心の病、3年で倍増(民間企業)

■心の病 5年で3倍 徳島県教職員
■うつ病患者の人材紹介を事業化
■北海道も自殺過去最多、予防パンフ配布へ
■禁煙カウンセリングを保険でカバーする−アメリカ
■駅で診療受け付け…福井県会津中央病院



■アメリカ人の28%、寝不足で仕事ミスの経験あり
■うつ病にはエクササイズ!―体を動かすことで精神が安定
■「心の悩みは自分で解決するしかない」 経営者の 54.6%
■コレステロールが高いとうつ病になりにくい
■難聴は耳ではなく脳のせい

■笑うと血糖値も下がる
■脳関連のTV番組
■生活習慣病の 33〜46% が不眠
■うつ病のTV番組
■ストレスが脳の再生を止める



■ビデオで笑って血流22%アップ
■薬の売り上げ鈍化
■運動する人はパーキンソン病になる確率が 1/2
■健康になる(かも知れない)サングラス
■リタリンは悪か?

■健康食品の効果、情報不足 - 薬剤師の9割
■歯を治すと耳が治る
■モノアミンを音楽運動療法でたくさん作る
■国民の35%「自殺を考えた」 - 韓国
■「心身症などの社員が欠勤」7割 - 愛知県



■栄養療法、最大の壁は「医師の認識不足」
■「年度末の疲れ」 対策マニュアル
■サプリメント吸収率アップのために食物繊維
■治療方針、医師「患者に選ばせた」 患者「医師に任せた」
■運動不足解消進まず、厚生労働省が指針改善へ

■キレやすいのは遅寝と朝食抜きだから?
■メールとコンビニが睡眠の敵?
■うつ病の仲間にどう接するべき?
■秋田県はなぜ自殺が多い?
■セント・ジョーンズワート、中〜重度のうつ病に対してパキシル以上の効果



■精神疾患、アメリカ都市部貧困層の10%
■働きすぎた後の休憩で突然死の危険性
■「医療心理士」創設見通し
■医療心理師 創設に合意
■「自分は健康」7割、でも「気になる症状がある」9割

■うつ病のTV番組
■健康食品の啓蒙組織「NR会」(仮称)
■運動が前頭葉を発達させる
■大分いのちの電話、相談員募集
■うつ病ペースメーカー、アメリカで暫定承認



■激増する子どもの軽症うつ病
■銭湯にリラックス効果
■うつ病のTV番組
■アルコールとたばこは健康に同じくらい悪い
■脳の健康には抗酸化食&運動

■精神科うらおもて
■自殺予防対策法案、国会に提出
■うつ病急増のため「医療心理師」新設へ
■脳は他者の怒りや恐怖を無視できない
■看護師に笑いのスキル 吉本興業が伝授



■肥満の原因はエネルギーの摂りすぎ&ビタミン・ミネラルの不足
■2003年の自殺者、過去最高の32,109人
■愛知県でこころの健康連続講座
■目覚めと寝付きのために、朝食でトリプトファンを
■自殺者は週末に失望し、月曜に自殺する?

■イギリス、火葬場から出る水銀を制限
■ダイキン工業が“深睡眠量”増やすエアコン
■うつ病のTV番組
■生活リズム形成は朝が大事 体内時計のDNAが鍵
■精神障害者の保障共済、千葉で開始



■木の実ナナ、うつ病イベントでトークショー
■初めての抗うつ薬は、出血しやすい人をさらに出血させやすくする
■体の不調で原因が分からなかったら精神科へ
■ストレスの大きい仕事の特徴
■電磁波過敏症

■横河電機が脳神経計測装置を強化
■うつ病のTV番組
■喫煙者の自殺率、40本以上で1.7倍
■朝の水風呂でストレス耐性を
■産後3ケ月間はうつ病の危険期



■お金より時間が大切 - アメリカで働く人たち
■天才たけし 人生は後ろ向き?!
■睡眠障害の外来、筑波大病院が開設
■うつ病のTV番組のご紹介
■自殺予防薬「クロザリル」 韓国で保険適用の対象に

■温泉の癒し効果、血液検査で実証
■熟眠するための6つの方法
■歌と演奏でうつ病予防
■テレビ番組のご紹介
■慢性疲労症候群の外来を開設



■リラックス時のイメージ作りに役立つ isereny
■睡眠不足は食欲を過剰にする
■うつ状態になった医者のコラム
■集中して仕事をすると心臓発作リスクが6倍に
■イラク派遣兵の6人に1人がうつ病

■CRF受容体拮抗薬 TS-041 の臨床検査開始
■法定雇用率、うつ病の従業員も適用対象に
■医師のインターネット利用状況
■持田製薬、うつ病サイト開設
■丹田呼吸でセロトニン神経のトレーニング



■ケンコーコム、医薬品ネット販売の規制緩和求め協議会を設立
■テレビ番組のご紹介
■混合医療で未承認薬の金銭負担を軽く
■病気を我慢して働くストレスは、心臓病を2倍に増やす
■健康の理想と現実

■全国一斉「いのちの電話」 12/1 〜 12/8
■ビタミンB1不足はアルコールの害を加速させる
■うつ病関連のテレビ番組のお知らせ
■ブラジル黒人のストレス死は白人の2倍
■極度の目の疲れは治療の対象



■診断結果がランキング表示される健康診断サイト
■子供が自殺系サイトを訪問したらメールで親に通知〜KidsGoGoGo
■厚生省、心疾患で休業した人の復帰を作成
■肉を食べてセロトニン増産
■歯の詰め物でうつ状態に

■子供のうつ病、原因と発見法
■疲れると唾液中にウィルスが増える
■唾液で活性酸素除去&解毒
■厚生労働省、企業向けメンタルヘルス指針を見直し
■岩手県の自殺防止の取り組み



■うつ病理解のために紙芝居作成 - 岩手県
■強い眼鏡・コンタクトレンズが頭痛や肩こりの原因?
■寝不足は肥満のもと
■20日、過労死110番開設
■脳の疲れに皮ごとリンゴ?

■「過労によるうつ病を理由とした解雇は無効」と提訴
■芸術療法などでうつ病を治療
■1日400IU(267mg)以上のビタミンEは有害
■週末だけの運動でも効果あり
■セミナー「今、抗うつ剤で何が起きているのか?」



■栃木いのちの電話
■日経ITプロフェッショナルサイト、心の病の実態を調査
■子供のうつ病、軽く見るな
■理想の活動パターンは「午前勉強、午後運動」
■ブレイン・イメージングでうつ病の非薬物治療に道

■セカンドオピニオン「知っている」74%
■民主党員と共和党員の脳の違いをスキャン技術で探る
■中高年のうつ病は更年期かも?
■小中生1割強に抑うつ傾向、自殺願望も2割
■京都府立医科大、学園祭でうつ病チェック



■先日の「あるある大辞典」のテーマは「うつ病」
■4人に1人は週50時間以上働く
■日本人の食事摂取基準、第7次改訂
■「天候が体調に影響」7割
■残業110番に見る長時間労働の現実

■自殺率1位の秋田県、一部の町で自殺者27%減
■景気が回復しても自殺が減らない理由
■残業110番開設 - 日本労働弁護団
■精神障害の労災申請、過去最多
■EPA&DHA でセロトニン増産



■自殺者の体はニコチン濃度が高い
■分かっているけど運動不足
■不眠解消には睡眠薬より認知療法を
■NHK教育(3ch)にて脳の疲れの番組
■腕時計型「睡眠計」、東芝が開発

■低炭水化物ダイエットでナルコレプシー改善
■座る時間の多い子供、慢性疲労になりやすい
■厚生労働省、うつ病を5年間研究の予定
■目覚めにはチキン - オックスフォード大、目的別サンドイッチ5種を考案
■「睡眠時間は8時間」根拠なし



■Neurogen社、CRFをベースにした薬剤のAventis社との共同開発提携が解消
■抑うつ状態の人は怒りは心疾患になりやすい?
■スティーブン・セガール氏の健康食品
■健康食品の89%に法令違反の疑い
■くすりのミニフォーラム

■健康情報の情報源1位は「インターネット」
■FDA「子ども向け抗うつ剤に「自殺の恐れあり」の警告を
■生活習慣病予防を40歳未満にも拡大
■熊本県教職員 精神性疾患での休職者急増
■オーダーメード医療に即した臨床試験の方針確立へ



■脳の活性化には周期運動より離散運動
■武田薬品、不眠症治療の新薬をアメリカで販売申請
■夜間の照明がメラトニン生成を抑制>ガンの増加に?
■「心の病」公開講座 9/23
■アメリカで「メール診察」増加中

■脳・神経の疾患の根本的治療薬の開発センターを建設
■あなたは出社拒否症?
■医薬品のネット販売を法の処分対象に
■自殺を防止せよ−WHO
■大衆薬メーカー、トクホ商品開発を強化



■グリシンが眠りの質改善に有効
■うつ自殺労災認定の基準緩和
■塩野義製薬、新型抗うつ剤によるテスト治療の希望者を募集
■厚生労働省の来年度予算
■中止相次ぐ政府系医療ITプロジェクト

■心の病をもつ人が地域で安心して暮らせるようにする会「小さな秋のこころまつり」
■グローバルヘルスケア、富裕層向け医療支援サービス
■「第三の訪問者」続報
■「アル中」と「うつ病」の両方に関連する遺伝子発見
■<9・11>NY消防士 カウンセリング件数5倍以上に急増



■公的病院の過剰病床削減へ統合規制緩和
■「混合診療年内解禁に向け議論を」
■米国でOTC鎮痛薬を半数が誤用
■「うつ病にくじけず生きてほしい」思い込めCD制作
■“有害診療”1割超す

■自殺率、日本が世界10位
■カレーでアルツハイマー予防
■書籍「お医者さんも戸惑う健康情報を見抜く」が日経BP書店売り上げトップ
■薬品副作用被害者の救済拡大を検討
■うつ病テーマの連続ドラマをネット配信



■心の病の交流会「シルバーリボン」
■オメガ3脂肪酸がアルツハイマーを防ぐ?
■医薬品ネット販売、監視指導の徹底を
■30代のあなた、「心の病」にとらわれていませんか
■過重労働・メンタルヘルス対策の在り方に係る検討会 報告書

■全国に精神科救急センター・年中無休で24時間受け入れ
■健康診断でもストレスチェック
■精神病患者の社会復帰を促進、病床 20% 削減へ
■脳に影響する化学物質特定 ラット使った新手法開発
■グラクソ社が全治験情報をサイトに掲載



■厚労省、15品目のトクホを新たに許可
■米国人の健康状態が悪化の傾向(9/3)
■メンタルヘルス 気軽に相談、治療を受けよう
■米イーライリリーCEO「日本の売上高、3年後倍増」
■過労で自宅療養の江頭2:50が仕事復帰

■20人に1人は強迫性障害の疑い
■献血不合格者が増加
■若手男性サラリーマン、3人に1人が「朝食は会社」
■京都市職員の休職者、過半数が精神疾患を訴え
■主婦は食品の値段より安全性を重視



■うつ病早期発見・治療へ、医師ら対象に自殺予防研修会
■心の病、6割の企業で増加
■ドン・キホーテ、全店舗で医薬品24時間販売へ
■月100時間以上の残業者、医師の面接義務付けへ法改正
■厚生労働省、100時間以上の残業者に診断を受けさせる試み

■精神障害の労災補償請求、過去最多のペースで推移
■サントリー、健康食品強化――「植物性乳酸菌」投入
■妊娠中に飲める薬の情報提供開始を検討
■「冷え」による夏バテに注意
■ドリンク剤、市場新商品で活性化



■国立健康・栄養研究所、約100種類の健康食品のデータを公開
■2003年度の医療費、2.1%増の30兆8000億円
■食事が体内時計を整える
■「脳を活性する」中高年にドリル帳ブーム
■厚労省、医薬品の重い副作用で対応マニュアル作成へ

■「配慮怠たりうつ病に」妻らが会社に損賠請求
■若手社員の半数「今の働き方だと病気に」
■抗うつ薬治療開始直後での自殺リスク高い
■アフガニスタン、成人の多くがうつに
■新型抗うつ剤「NaSSA」販売で、明治製菓と日本オルガノンが契約



■うつ病患者の試し(リハビリ)出社制度は4社に1社
■米国の成人女性は月平均3日間は抑うつを感じる
■ルボックス、デプロメール(SSRI)とエフピー(モノアミン酸化酵素阻害剤(選択的B型も含む))の併用禁止
■テルネリン(筋緊張緩和剤)とルボックス、デプロメール(SSRI)の併用禁止
■「自分も?」うつ病パンフに反響続々 相談100件超す

■特定の食品や成分を摂取することで重篤疾病が自己治癒できるかのような情報は科学的根拠に乏しい
■今日からコンビニで医薬品の販売開始
■SNRI「トレドミン」(成分名:塩酸ミルナシプラン)の使用上の注意
■ピロリ菌は感染者の血液型によって姿形を変える
■医薬大手10社の今年度開発費、過去最高



■アメリカのメンタルヘルスケア受診事情
■体内時計乱れると肥満に?―帝京大と産総研が解明
■睡眠障害治療剤「ガボクサドール」、万有製薬が製品化
■ルボックス、デプロメールに併用禁忌の成分(商品名)追加
■リストラ、うつ、過労…1日100人が死を選択

■後発医薬品の名称を統一化へ
■DNAチップで体内時刻の乱れ測定
■痛がりの人は血中マグネシウム濃度が低い
■気温・気圧が交感神経に影響する
■医薬品15種371品目、コンビニ販売へ



■サラリーマンの医療費減少続く
■イライラすると醜くなる
■地球人の脳力調査「 PANELS 」
■カルニチンでダイエット
■後発医薬品(ジェネリック品)各社、増産相次ぐ

■医療従事者向けサイト「MR君」
■山形県、中高年男性の自殺を防ぐ取り組み



全ての記事を表示 |  1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13  |  14  |  15  |  16  |  17  |  18